本文へ移動
メニューへ移動
2014年8月

「飯村校区地域懇談会」を開催しました

「飯村校区地域懇談会」のようす8月29日(金)、「飯村校区地域懇談会」が東部地区市民館飯村分館で行われました。
今回の懇談会では前もって出された「緊急情報通報システムについて」「東三河環状線について」「通学路の安全(「みどりのおばさん」の配置)について」「公園、旧東海道(松並木)、岩屋グリーンスポーツ周辺の整備について」「火打ち坂砂防ダム周辺の整備について」の5つの議題について活発な質疑応答が行われました。地域の問題について、行政と地域が今後も話し合いを続けていきながら対応していくことを確認する懇談会となりました。

鈴鹿8耐優勝チーム「MuSASHi RT HARC-PRO」のみなさんが、市役所にお越しになりました

表敬訪問のようす7月に鈴鹿サーキットで行われた「2014“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第37回大会」で優勝し、見事連覇を成し遂げた「MuSASHi RT HARC-PRO」のみなさんが、8月29日(金)、市役所にお越しになり、佐原市長を表敬訪問しました。
表敬訪問したのは、本田重樹監督、優勝ライダーの高橋巧選手、チーフメカニックの堀尾勇治さん、モータースポーツ部顧問の岡野繁太郎さん、同部部長の前田大さんの5人。

本田監督は「3連覇を目指せる唯一のチームとして、来年もこのメンバーで優勝できるようがんばります。」と述べられ、佐原市長からは「さらなる活躍でチームの名が広まることを期待し、心から応援しています。」と激励の言葉がおくられました。

「市長さんと語ろう会」を開催しました

市長さんと語ろう会に参加したみなさん8月26日(火)、市役所で「市長さんと語ろう会」が行われました。市内の中学2年生の代表7人と佐原光一市長が「10年後の豊橋について」をテーマに語り合う取り組みで、今年で21回目の開催です。
生徒のみなさんは、交通事故対策や、市内スポーツ施設の充実、環境問題や、災害対策など、各地域の視点から自分の考えや要望を述べ、将来の豊橋を担うみなさんの意見を、直接聞くことができる貴重な機会となりました。

「富士見校区地域懇談会」を開催しました

「富士見校区地域懇談会」のようす8月19日(火)、「富士見校区地域懇談会」が富士見校区市民館で行われました。今回の懇談会では前もって出された「市民協働と自治会のあるべき姿について」「公共交通に対する考え方について」「高齢化社会に向けた取り組みについて」の3つの議題について多くの出席者から質問、意見の発言があり、充実した懇談会となりました。

のんほいパーク サマーイベント「ナイトガーデン」が開催されました

ナイトガーデンのようす8月11日(月)~17日(日)、豊橋総合動植物公園「のんほいパーク」で毎年恒例の人気イべント「ナイトガーデン」が開催されました。
遊園地の大観覧車などの遊具乗り放題、カバの食事風景などが見られる企画やライトアップされた大花壇や温室など、普段では味わえない夜の「のんほいパーク」を楽しめるということもあり、多くの家族連れやカップルなどで賑わいました。

高校生一日看護体験が行われました

高校生一日看護体験のようす

8月12日(火)、看護職を目指す高校生を対象とした一日看護体験が豊橋市民病院で行われました。豊橋市内の高校に通う高校生29人が参加し、白衣姿に着替えて車いすの乗車や、血圧測定などを体験しました。参加した生徒たちは目を輝かせながら、「仕事にすると大変だろうが、やりがいの持てる仕事だと思う。患者さんを笑顔にしたい」と話し、一つ一つの仕事の大変さや楽しさを身をもって感じているようでした。

「ふるさと再発見ツアー」を開催しました

ふるさと再発見ツアーのようす8月6日(水)・7日(木)、「考古な街“トヨハシ”を知る」をテーマに、ふるさと再発見ツアーを開催しました。今回は、美術博物館で「嵩山の蛇穴と縄文のはじまり展」を見学した後、牟呂町の若宮遺跡で発掘現場・出土品整理作業を見学し、多米町の民俗資料収蔵室で勾玉(まがたま)づくりを体験しました。夏休み期間中ということもあり、たくさんの子どもたちも参加してくれました。

「市長と女性の懇談会」を開催しました

市長と女性の懇談会8月5日(火)、市役所で「市長と女性の懇談会」を開催しました。
女性から見た考えや意見をもとに市政について市長と語り合い、その結果を市政に反映させるとともに、市政への理解をいただくことを目的として平成6年度から開催しています。
今回は、豊橋女性団体連絡会から5人、公募の方が2人参加し、計7人の女性と「若者が暮らしやすく、魅力ある豊橋のまちづくりについて」をテーマに意見交換を行いました。

松山校区地域懇談会を行いました

松山校区地域懇談会8月4日(月)、松山校区市民館で「松山校区地域懇談会」を行いました。今回の懇談会では、前もって出された「街中の街路樹対策について」「狭間児童広場・名豊ビル・開発ビル等、再開発に対する期待」「水上ビルについて」「柳生川流域河川整備計画について」の4つの議題について活発な質疑応答が行われました。まちづくりに対する意見が多く出され、松山校区の地域の活性化、市民協働への意識の高さがうかがえる懇談会となりました。

佐原市長博士が登場!視聴覚教育センターで大実験を行いました

市長博士のようす

8月3日(日)、視聴覚教育センターの開館40周年企画「実験ショー・パラダイス2014」に、佐原市長が博士として登場しました。
市長博士は、豊橋エコサイエンスクラブのみなさんと一緒に、空気砲や大きなボールを使って実験を行い、音と空気の不思議について楽しく紹介しました。 参加した子どもたちからは「目に見えない空気の流れについて興味がわいた」との感想もあり、夏休みの自由研究につながる良いきっかけとなったようでした。

企画展「実験ショー・パラダイス2014」は、8月31日(日)まで開催中です。

8月1日 市制施行日記念式典を行ないました

市制施行日記念式典のようす

8月1日(金)、市公会堂で「市制施行日記念式典」を行いました。この式典は、明治39年8月1日に全国で62番目の市として「豊橋市」が誕生したことを記念して毎年行っているものです。オープニングの磯辺小学校児童による合唱に引き続き、表彰の部では、市表彰式(市勢功労者)と教育・体育・文化表彰式を行いました。続いて祝賀の部では、豊橋長唄協会の皆さんによる演奏が行われました。 佐原市長は式辞で、「様々な連携を図り、都市間連携の先進モデルとして全国にその取り組みを発信していきたい」と今後の抱負を述べました。

(写真前列の方々は豊橋市表彰受賞者の皆さんです)