本文へ移動
メニューへ移動
2015年3月

「ええじゃないか豊橋CMアワード」受賞作品決定!!

受賞者と佐原市長、菅原監督ら「ええじゃないか豊橋CMアワード」と題して一般の方から豊橋をPRするCMを募集したところ、30秒部門15作品、フリー部門6作品の計21作品の応募がありました。審査の結果、市長賞1作品、監督賞1作品、審査員特別賞3作品が選ばれ、3月28日(土曜日)にこども未来館ここにこで開催された表彰式でお披露目しました。

応募してくださった全ての方々の、豊橋への思いや愛が伝わってきまして関係者一同、とてもうれしく感じております。

入賞作品につきましては、今後のシティプロモーションにおける豊橋市の魅力を発信するCM素材として活用させていただきます。

惜しくも入賞とならなかった方々も、心のこもった作品に感謝申し上げます。

 

●審査結果

入賞作品(21作品中5作品)

市長賞:「豊橋で暮らそう。」(30秒)MOVEさん(豊橋市)

監督賞:「Scenary of Toyohashi」(4分30秒)加藤善夫さん(川崎市)

審査員特別賞:「おかえり」(30秒)KMさん(豊橋市)「とよはし夢めぐり」(30秒)ええじゃないか撮影隊(豊橋市)「市電は豊橋のマスコット」(30秒)都筑和雄さん(豊橋市)

穂の国・豊橋ハーフマラソンが開催されました

穂の国・豊橋ハーフマラソンのようす3月29日(日)、市内で「穂の国・豊橋ハーフマラソン」が開催され、過去最多となる4,154人のランナーが参加しました。

当日は雨が降る中、ランナーたちは沿道からの温かい声援を受け、力走を見せていました。また、ゴール地点では、ゲストランナーの増田明美さんなどが完走したランナーたちを温かく出迎えていました。

豊橋工業高校野球部が健闘!パブリックビューイングを開催しました

パブリックビューイングのようす3月26日(木)、第87回選抜高等学校野球大会に出場した豊橋工業高校を応援するパブリックビューイングを、こども未来館「ここにこ」で開催しました。くるみ保育園の園児など100人が、豊橋工業高校カラ―のオレンジ色の帽子やジャンパーを身につけ、メガホンを手に「頑張れ!」と熱い声援を送りました。試合は惜しくも3対0で東海大四高校(北海道)に敗れましたが、終了後には会場に拍手が起こりました。
豊橋工業高校野球部のみなさん、胸を張って帰ってきてください!本当にお疲れさまでした!

市立くすのき特別支援学校の竣工式が行われました

くすのき特別支援学校竣工式3月26日(木)、市立くすのき特別支援学校の竣工式が行われました。佐原市長、大村知事などが祝辞を述べ、豊橋少年少女合唱団が校歌を披露しました。この校歌は豊橋ふるさと大使の新藤悦子さんが補作詞、馬飼野俊一さんが作曲・編曲したものです。その後、入学予定の生徒を含めてのテープカットを行い、幕を閉じました。4月からは216人の子どもたちが通う予定です。

「広報とよはしの歴史展」を開催しています

広報とよはしの歴史展3月24日(火)~31日(火)の午前10時~午後6時に、ココラスタジオ(駅前大通一丁目)で「広報とよはしの歴史展」を開催しています(観覧無料)。会場では、昭和24年の初号発刊から現在に至るまで、節目となる広報紙を展示しており、一味違う角度から「広報とよはし」をご覧いただけます。この機会に、ぜひ「広報とよはし」の歴史をご覧ください。

豊橋素人歌舞伎保存会定期公演が開催されました

豊橋素人歌舞伎保存会定期公演のようす3月22日(日)、穂の国とよはし芸術劇場「プラット」で、第29回豊橋素人歌舞伎保存会定期公演が開催されました。山本保存会会長のあいさつ、佐原市長・藤原文化振興財団副理事長の口上につづき、「寿式三番叟」、「菅原伝授手習鑑 松王下屋敷の場」、「釣女」、「恋飛脚大和往来 新口村の場」の4演目が上演されました。小学3年生から70歳代までの19人の熱演に、御捻りが撒かれたり大向こうからの掛け声がかかったりなど、熱気に包まれた公演を大勢の観客のみなさんが楽しみました。

北欧のおもちゃを集めた「BRIOパーク」を開催しています

BRIOパークのようす

スウェーデンのおもちゃメーカーBRIO(ブリオ)が、こども未来館にやってきました。人気の木製レールウェイをはじめ、乳幼児から楽しめるプルトイや手押し車、大きな子が楽しめるビルダーシリーズなど木製おもちゃが勢ぞろいです。初日(3月19日)から子どもたちは、目を輝かせて熱中して遊んでいました。このほか、土・日曜日にはBRIOのおもちゃのアウトレット(箱破損)販売を行います(数に限りあり)。4月7日(火)まで開催しています。

美術博物館「新収蔵庫・展示室」増築工事の安全祈願祭を行いました

美術博物館増築工事安全祈願祭のようす3月19日、美術博物館「新収蔵庫・展示室」増築工事の安全祈願祭を行いました。佐原市長や関係者らが工事の安全を祈願し、佐原市長は「この増築工事により、収蔵庫や展覧会の一層の充実を図ることができ、良いコンディションのもとでみなさまに鑑賞していただける。工事の安全を願っている」と述べました。新収蔵庫・展示室は、来年秋オープン予定です。

豊橋工業高校硬式野球部に激励金を贈呈しました

贈呈のようす3月14日(土)「第87回選抜高等学校野球大会(甲子園)」に出場する豊橋工業高校野球部のみなさんを応援するため、豊橋市長から激励金を贈呈しました。

この激励金は、市役所職員・市立小中学校教職員(校長会・教頭会・教職員代表)による応援募金等です。

激励金を受け取った同校野球部キャプテンの中村亮太さんは「胸を張って精一杯頑張ってきます。地元のみなさんに喜んでもらえるような試合をしてきます。」と意気込みを話しました。

豊橋工業高校の初戦は、3月26日(木)午前9時から、対戦相手は東海大四(北海道代表)です。

【のんほいパークに電動車いす「WHILL」とセグウェイが寄贈されました】

WHILLとセグウェイの贈呈式のようす 3月7日(土)、のんほいパークで豊橋信用金庫寄附贈呈式が行われました。今回寄附していただいたのは、電動車いす「WHILL(ウィル)」1台とセグウェイ3台。豊橋信用金庫からの寄付は平成23年度の「電気自動車」、平成24・25年度の「セグウェイ」に続き4回目となります。また当日は、WHILL株式会社(本社:シリコンバレー)の最高開発責任者であり、豊橋市出身の内藤淳平さんがWHILLの説明を行いました。今後は、WHILLは高齢者や足の不自由な方向けの園内用の移動乗り物として活用し、セグウェイはガイドツアーの定員拡大に利用します。

豊橋初上陸!浜松ジオラマファクトリーを開催中です

ゴジラのジオラマ3月17日(火)まで、こども未来館ここにこで「浜松ジオラマファクトリー」の作品展を開催しています。今回の作品展では、テレビの企画などで幾多の優勝経験を誇る山田卓司さん(浜松市)のジオラマ作品を約30点展示。昭和時代の情景や、ゴジラ、ガンダム、ウルトラマンなど人気シリーズの一場面まで、その一瞬を切り取ったかのようなリアルな作品ばかりです。さらに今回は露出展示のため、作品の細かい質感までわかります。観覧無料です。
今にも動き出しそうなジオラマの数々を、ぜひ一度ご覧になってください。

二川宿本陣まつり ひなまつりでひなあられがプレゼントされました

ひなあられプレゼントのようす

3月1日(日)、二川宿本陣資料館で「二川宿本陣まつり ひなまつり」の関連イベントとして、中学生以下を対象に大名行列の雅姫・琴姫からひなあられがプレゼントされました。当日は、あいにくの雨でしたが、和服姿の女の子たちや家族連れなどが来館し、つるし飾りなどをじっくりと眺めたり、写真に収めたりしていました。また、館内からは雛祭りの歌を歌う楽しい声も聞かれました。「二川宿本陣まつり ひなまつり」では、二川宿の旧家に残るひな人形を中心に御殿飾り、つるし飾りなどの展示や、さまざまなイベントを3月15日(日)まで行っています。