本文へ移動
メニューへ移動
2015年6月

「市民協働推進補助金事業報告会」を開催しました

報告会のようす平成26年度に「豊橋市市民協働推進補助金」の交付を受けた12団体の事業報告会を、6月30日(火曜日)に市役所市民ギャラリーで開催しました。
この補助金は、市民協働によるまちづくりを進めるため、市が事業費の一部を負担し、資金面から支援するもので、書類やプレゼンテーション審査で毎年度交付団体を決めています。
本日の報告会には11団体が出席し、在宅高齢者の健康増進やカタクリ山の保存などをテーマに活動する各団体が、それぞれ5分間の持ち時間で、事業内容や成果、今後の課題などについて発表しました。

「おりひめジャパン(ハンドボール女子)」の国際強化試合が行われました

試合のようすハンドボール女子の日本代表「おりひめジャパン」が6月23日(火曜日)、総合体育館でデンマークのチームを相手に国際強化試合を行いました。

「おりひめジャパン」が対戦したのは、世界最高峰といわれるデンマークリーグ所属クラブの「SKオーフス」で、リオデジャネイロオリンピックのアジア予選に向けた選手強化の一環として行われました。
試合は惜しくも18対19という僅差で日本チームが負けてしまいましたが、試合の後には日本代表選手が地元の中学・高校のハンドボール部員を相手に、世界レベルの技を伝授する講習会も開催されました。

「豊橋手筒花火特別放揚 in 吉田城鉄櫓前広場」を開催しました

手筒花火特別放揚 in 吉田城鉄櫓前広場のようす6月20日(土曜日)、豊橋公園内の吉田城鉄櫓前広場で、訪日外国人を対象とした手筒花火の放揚を行いました。手筒花火の観覧が組み込まれたタイのツアー客に加えて、市内にある3大学の留学生にも広く参加を呼びかけ、会場は300人程度の外国人で賑わいました。
観覧したみなさんは、初めて見る手筒花火の迫力と轟音に驚きつつも、持参したビデオやカメラで噴き上がる火柱を撮影し、その場で早速自身のブログやフェイスブックなどに掲載。衝撃音と共に手筒の底が破裂する「ハネ」を目の当たりにすると、「Great!」と歓声や拍手が沸き起こりました。
豊丘高校の和太鼓演奏や、豊橋名産のミニトマト試食によるおもてなしも好評で、豊橋発祥の手筒花火の魅力を世界に発信できた初の機会となりました。

太田国土交通大臣から佐原市長に「海フェスタ」開催決定通知書が交付されました

開催決定通知書交付平成28年の「海フェスタ」が豊橋市を中心とした東三河の5市2町1村で開催することが決定し、6月19日に太田国土交通大臣から佐原豊橋市長に開催決定通知書が交付されました。「海フェスタ」は海の恩恵に感謝し、海に親しみ、海の大切さについて理解を深めることを目的に開催されており、来年の海フェスタでは、東三河地域の連携のもと海・川・港についての魅力や重要性を次の世代へ繋げる機会とするとともに、豊かな地域資源の魅力を全国に発信します。

父の日を前に、市長・議長にコチョウランが贈呈されました

市長へコチョウランを贈呈するようす6月11日(木曜日)、父の日(6月21日)を前に、豊橋市花き園芸振興協議会の洋らん部会が佐原市長と古関議長を訪れ、市長には「ピンクレディー」、議長には「V3(ブイスリー)」という丹精込めて育て上げたコチョウランを贈られました。「豊橋の父親」を代表し、毎年市長と議長には、コチョウランが贈られています。佐原市長は「この花に負けないように精一杯頑張ります」と感謝の意を述べ、洋らん部会の寺部会長は、「ランが生活を豊かにする楽しみ方の一つとして、もっと広がっていってほしい」と話されました。

「花しょうぶまつり」を開催中です

雅姫・琴姫撮影会のようす

6月7日(日曜日)、賀茂しょうぶ園で「花しょうぶまつり」の催しとして二川宿本陣まつり 雅姫・琴姫の写真撮影会を行いました。花しょうぶまつりは、6月21日(日曜日)まで開催しており、江戸系、肥後系、伊勢系の約300種3万7千株の花しょうぶを見ることができます。 また、今年は新たに大道芸ショーを6月20日(土曜日)・21日(日曜日)に行うほか、日没~午後9時にはライトアップを行います。ぜひ、お出かけください。

「危険物施設火災防ぎょ訓練」を実施しました。

危険物施設火災防ぎょ訓練のようす6月5日(金曜日) 明海町のトピー工業株式会社豊橋製造所で危険物施設火災防ぎょ訓練を実施しました。震度5弱の地震発生により、屋外タンク上部で点検中の作業員1名が負傷、同時に隣接の屋外タンクから出火したとの想定で、トピー工業自衛消防隊と市消防隊の車両7台、隊員52名が相互に連携し負傷者の救出、消火活動を行いました。はしご車による救出活動、消火薬剤を用いた消火活動は大変見応えがありました。本訓練を通じ、事業所と消防本部との連携の重要性が再認識されるとともに、危険物の保安に対する意識の高揚が図られました。

ラジオ体操第一「豊橋弁版」を始めました

市役所内でのラジオ体操のようす

6月1日(月曜日)から、市役所本庁舎などで「豊橋弁版」のラジオ体操第一が始まりました。これは、市民の皆さんに一層親しみを持ってラジオ体操に取り組んでもらおうと豊橋弁で制作したもので、「曲げりん 伸ばしん」「の~ん ほい」などの掛け声とともに楽しく体操を行うことができます。今後も、市役所で午前8時25分頃と午後0時45分頃の一日2回放送するほか、各種イベントなどで活用していく予定です。