本文へ移動
メニューへ移動
2015年8月

第5次豊橋市総合計画後期基本計画策定市民会議から、市長に提言書が提出されました

市長への提言書提出の様子8月27(木曜日)、「第5次豊橋市総合計画後期基本計画策定市民会議」から、市長に提言書が提出されました。この提言書は、平成28年から5年間を計画期間とした「第5次豊橋市総合計画後期基本計画」の策定に向けて、学識経験者や各種団体の構成員、公募で選ばれた市民、大学生からなる市民会議の意見をまとめたものです。

岩崎正弥会長は、「協働のまちづくりを基本に置き、市民会議で出された多様な意見・提案をまとめました。これらの提案が、後期基本計画の策定さらには今後の推進に活かしてほしい。」と提言され、市長は「いただいた提言をしっかり受止めて後期基本計画策定に活かしていきたい。」と答えました。

この提言書は、市役所じょうほうひろば(東館1階)などで閲覧できます。

豊橋商業高校珠算電卓部の皆さんが「全国高校珠算・電卓競技大会」電卓の部団体総合の優勝報告をされました

表敬訪問のようす8月27日(木曜日)、豊橋商業高校珠算電卓部の皆さんが加藤教育長を表敬訪問し、「全国高校珠算・電卓競技大会」電卓の部団体総合での初優勝を報告されました。
各都道府県の代表校47校で競った電卓の部団体総合で見事初優勝した生徒の皆さんは、「日頃の練習の成果が発揮でき優勝できてとてもうれしい、秋にも大会があるので引き続き練習します」と話され、加藤教育長は「商業高校らしい部活動での全国優勝はとても素晴らしいこと」とお祝いを述べられました。

豊橋うなぎ施設見学会を開催しました。

豊橋うなぎ加工場の様子8月27日(木曜日)、豊橋うなぎ施設見学会が行われました。これはすごく高品質でおいしい豊橋うなぎをみなさんに知ってもらうために開催されました。この見学会ではうなぎを育てている養鰻池や加工場、販売所の見学を行いました。豊橋うなぎは県内でも珍しく、国内でとれる稚魚を使っています。他の地域のうなぎと比べて油が多くのっており、肥えているので日本一おいしいと言われています。うなぎが大きい分、値が上がるかもしれませんが食べてみる価値はあるので、まだ食べたことのない方はぜひ食べてみてください。

「芦原校区地域懇談会」を行いました

懇談会のようす8月26日(水曜日)、「芦原校区地域懇談会」が芦原校区市民館で行われました。今回の懇談会では前もって出された「安全な通学路の確保」、「校区市民館の移転」、「高師駅南踏切の拡幅」、「都市計画道路の整備」、「ビンカンボックス廃止の撤回」の5つの議題について、活発な質疑応答が行われました。あらかじめ用意された議題の他、避難所や高師緑地公園の駐車場利用の問題など、校区の方から多くの質問、意見が出され、充実した懇談会となりました。

「災害時等における給食支援業務等の協力に関する協定書」等の調印式を行いました

締結式のようす8月26日(水曜日)、豊橋市で大規模災害が発生した場合に、炊き出しを行い、食糧を避難所などに搬送することを目的として、学校給食共同調理場の運営業務を受託する食品会社等と協定を締結しました。
市内4か所の調理場で各約4,000食のおにぎりや汁物を供給できる想定で、県内では田原市に次いで2例目の締結です。
協定式で佐原市長は、「いざというときに多大なるご協力をいただくことになり、大変感謝しています。日頃から連携を密に協力体制を築きたいです。」と述べ、愛知県東部貨物運送事業協同組合の石川昌義代表理事、栄屋食品(株)の清水栄達代表取締役、豊北学校給食(株)の松田正幸代表取締役、(株)ミツオの小出哲郎代表取締役と協定を交わしました。

ボーイスカウト穂の国地区協議会隊員のみなさんが「菊・隼スカウト章」の受章報告をされました

受章報告のようす

8月25日(火曜日)、日本ボーイスカウト愛知連盟穂の国地区の隊員のみなさん24人が、堀内副市長を表敬訪問し、「菊スカウト章」「隼スカウト章」の受章を報告しました。

「菊スカウト章」は、ボーイスカウト隊員(小学5年生9月~中学3年生8月)の中からスカウト精神とスカウト技術の両方が備わった隊員のみに与えられる最高の章で、県内取得率は40%程度です。

また、「隼スカウト章」はベンチャースカウト(高校生年代)に与えられる進歩・進級気章の一つで、いずれの章も日本ボーイスカウト愛知連盟から認定されます。

報告を受けた堀内副市長はお祝いを述べ、「ボーイスカウトで学んだことをいかし、今後も夢に向かって大きく成長してください。」と、さらなる活躍に期待しました。

交通児童館で児童館こどもまつりを開催しました

児童館こどもまつりのようす8月23日(日曜日)交通児童館で児童館こどもまつりを開催しました。「こどもの参画」をテーマに、こどもたちが企画し、運営をしました。手作りの金魚すくいや射的、ゲームなど子どもたちに人気の屋台に加え、紙コップやチラシなど、身近にあるものをつかった風鈴やうちわ作りなど、子どもたちが大好きなブースが満載でした。中でも、子ども目線で驚かす、お化け屋敷は大人気で、大人も子どもも悲鳴をあげていました。

「ふるさと再発見ツアー」を開催しました

勾玉づくりのようす8月20日(木曜日)、「ふるさと再発見ツアー」を開催しました。このツアーは豊橋の魅力の再発見を目的に開催しており、今回のテーマは「考古な街トヨハシを知る」でした。雨天の影響で遺跡の発掘現場見学は中止となりましたが、文化財センターで出土品の洗浄などを体験した後、こども未来館での勾玉づくり体験では皆さん綺麗な勾玉を完成させ、古代の魅力にふれあいました。

トリード インターナショナル・ユース・アカデミー2015へ派遣された高校生が市長へ帰国報告をしました

市長への帰国報告のようす豊橋市国際交流協会の派遣で、7月18日から8月3日までの日程で豊橋市の姉妹都市、アメリカオハイオ州トリード市で開催された「トリード インターナショナル・ユース・アカデミー2015」に参加した高校生が市長に帰国報告をしました。
高校生は、英語の講義を受けたり、日本の文化などを発表して交流しました。印象に残ったことは、「日本人は受け身だが、アメリカの学生は積極的な姿勢で講義を受けている。アメリカ人の考え方、文化を学べた。」と報告しました。
市長は、「日本の文化や歴史を知っていると、海外で友人を作りやすい。」と自らの海外経験をもとに高校生たちにアドバイスをしました。

東三河MERRY EXPOでDOEEがパフォーマンス披露&笑皿作りワークショップを行いました。

DOEE笑皿作りワークショップのようす8月16日(日曜日)ほの国百貨店で開催中の東三河MERRY EXPO にDOEEが出演し、パフォーマンスを披露しました。また、子ども達と一緒に笑皿(紙皿を使って笑顔を作る工作)作りワークショップを行いました。DOEEが作った笑皿は、市内の保育園、幼稚園児たちの作品とともに明日18日(火曜日)まで展示しています。

岡本太郎と中村正義「東京展」が美術博物館で開催中です

岡本太郎と中村正義「東京展」のようす太陽の塔でおなじみの岡本太郎と豊橋出身の日本画家中村正義。両者の接点である東京展(1975年開催)を再現し、2人の生涯の作品を対比しながら楽しむことがきます。今回の企画展は1階と2階のフロアを使い、絵画はもちろん立体造形など数多く展示しています。また当時、東京展に参加した作家の作品も展示するなど、充実した企画展です。座談会やナイトミュージアム、ワークショップなどのイベントも豊富です。詳細は美術博物館のホームページをご覧ください。

2015世界少年野球大会が開催中です

2015世界少年野球大会のようす8月8日(土曜日)から11日(火曜日)の4日間「2015世界少年野球大会」が開催され、各国の選ばれし中学球児たちが豊橋市民球場を含む愛知県の球場に集まっています。どのチームも日々の努力の成果を存分に見せてくれる、素晴らしい試合になることは間違いありません。ぜひ豊橋市民球場へ足をお運びください。大会についての詳細は、日本少年野球連盟のホームページをご覧ください。

「下水道いろいろコンクール」の国土交通大臣賞受賞者が市長に報告されました

受賞報告のようす第54回「下水道いろいろコンクール」の絵画・ポスター部門 中学生の部で応募点数2,538点の中から見事、国土交通大臣賞を受賞した手嶋舞さん(応募当時 羽田中3年)が8月6日(木曜日)、佐原市長を訪問し受賞の報告をされました。手嶋さんは夏休み中、ボランティアで訪れた被災地 東北で感じたことを表現したといい、「豊橋の自然も大切にしたいという思いを込めて描いた」と話されました。佐原市長は「なかなかいただける賞ではない。これを励みに今後も活躍してほしい」と激励しました。

「花田校区地域懇談会」を行いました

地域懇談会のようす8月5日(水曜日)、「花田校区地域懇談会」が花田校区市民館で行われました。今回の懇談会では前もって出された「西駅の再開発について」、「牟呂用水周辺の再開発の今後」、「学校選択制の今後と問題点」の3つの議題について、活発な質疑応答が行われました。あらかじめ用意された議題の他、校区の人口減少の問題についても校区の方から多くの質問、意見が出され、充実した懇談会となりました。

ドイツ、ヴォルフスブルグ市訪問団が来豊しました

豊橋市長とヴォルフスブルグ市長8月4日(火曜日)ドイツのヴォルフスブルグ市のクラウス・モアース市長ら訪問団12人が豊橋市役所を訪れ、市長や豊橋日独協会会長などと懇談をしました。 クラウス市長と佐原市長は、産業や文化など、さまざまな交流を続け、今後もよりよい関係を築いていくことを確認しました。

「市長と女性の懇談会」を開催しました

懇談会の様子8月4日(火曜日)、市役所で「市長と女性の懇談会」を開催しました。女性から見た考えや意見をもとに市政について市長と語り合い、その結果を市政に反映させるとともに、市政への理解をいただくことを目的として平成6年度から開催しています。今回は、豊橋女性団体連絡会から6人、公募の方が3人参加し、計9人の女性と「豊橋市の未来を担うこども達の健全育成について」をテーマに意見交換を行いました。

8月1日 市制施行日記念式典を行ないました

豊橋市表彰受賞者の皆さん

市制施行109周年を迎えた8月1日(土曜日)、市公会堂で「市制施行日記念式典」を行いました。 オープニングの豊橋東高等学校の弦楽部による演奏に引き続き、表彰の部では、市表彰式(自治・市勢功労者)と教育・体育・文化表彰式を行いました。さらに、祝賀の部では豊丘高等学校和太鼓部による和太鼓の演奏が行われました。 佐原市長は式辞で、「市民の皆さんとともに、まちづくりに取り組む」と今後の抱負を述べました。 (写真前列の方々は豊橋市表彰受賞者の皆さんです)