本文へ移動
メニューへ移動
平成30年春の火災予防運動

1 目的

  この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的とする。

 

2 実施期間

  平成30年3月1日(木)~3月7日(水)まで

 

3 重点目標

 (1)住宅火災対策の推進

 (2)乾燥時及び強風時火災発生防止対策の推進

 (3)放火火災防止対策の推進

 (4)特定防火対象物等における防火安全対策の徹底

 (5)製品火災の発生防止に向けた取組の推進

 (6)多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底

 (7)車両火災対策の推進

 (8)林野火災予防対策の推進

 

4 実施内容(消防本部)

 (1) 高齢者世帯等防火診断の実施

   ア ホームヘルパー、電気会社、ガス会社による防火訪問(17世帯)

     期間2月20日(火)、21日(水)、22日(木)

   イ 女性防火クラブ、児童民生委員による高齢者世帯への訪問

    (ア)富士見校区

      a 日時 平成30年2月11日(日)午前9時

      b 場所 富士見校区内

    (イ)植田校区

      a 日時 平成30年2月24日(土)午後1時

      b  場所 植田校区地内

    (ウ)栄校区

      a 日時 平成30年3月18日(日)午前9時

      b 場所 栄校区内

 

 (2) 防火ふれあいキャンペーン

     2月18日(日)向山緑地内梅林園(うめまつり会場)において、防火ふれあいキャンペーンを開催。

     ・消防音楽隊、ホワイトシーガルズによる演奏演技(午前10時10分~50分)

     ・住宅用火災警報器等展示、アンケート調査を実施

     ・ぜんざいの無料配布

     

 (3) 多数の人が集まる施設で火災予防広報

   (ア)日時 平成30年2月23日(金)午前9時30分~午前11時15分

   (イ)場所 MEGAドン・キホーテ豊橋店

   (ウ)内容 柱保育園園児による火災予防広報を実施

         消防車の展示、新型起震車による乗車体験

         事業所職員による消防訓練を実施

 

 (4) 防火対象物の自主点検と報告

 

 (5) 老朽化した消火器の回収

   (ア)場所 消防本部予防課及び各消防署所

   (イ)期間 平成30年2月23日(金)~3月9日(金) 但し、土日祝日については消防本部予防課を除く

   (ウ)対象 持ち運び可能な粉末消火器(10型以下のもの)で費用は1本1,000円(専門業者の処理費用)

         但し、リサイクルシールが貼られたものは1本500円

 (6) 広報

   (ア)ポスター、チラシの配布、立看板の掲示

   (イ)報道機関への広報

   (ウ)広報車(消防車、消防団)による巡回広報及び店内放送による広報

   (エ)サイレン吹鳴1分間及び同報系無線による広報文の放送

     <3月1日(木)~7日(水)まで午後8時に実施>

   (オ)市内路面電車車両内防火ポスター掲示

     <3月1日(木)~7日(水)まで>

   (カ)火災予防用懸垂幕の設置

     <3月1日(木)~9日(金)まで>

   (キ)火災予防横断幕の設置(ペデストリアンデッキ)

     <2月23日(金)~3月9日(金)まで>

   (ク)FMとよはしによるラジオ放送

     <2月13日、19日、26日放送>

   (ケ)広報とよはし2月号で掲載

   (コ)庁内の公用車にマグネットシールを貼付

 

5 実施内容(各事業所)

 (1)消防用設備等の自主点検・定期点検の実施及び点検結果の報告

 (2)防火教育、消防訓練

 (3)ポスター掲示

 (4)社内放送等による火災予防広報