本文へ移動
メニューへ移動
家庭用エネルギー設備等導入補助金

【令和3年度】家庭用のエネルギー設備等の設置費を補助します

 太陽光発電システムや、燃料電池、リチウムイオン蓄電池など家庭用のエネルギー設備等の設置費を補助します。

 ※令和3年度から提出方法を拡大しました。

 ・予約申込 持参、郵送、メール

 ・交付申請 持参、郵送 、メール

 

 【注意事項】

 ・予約時は工事の着手に余裕をもって申請してください。

 ・添付書類等、申請書類は不備のないようご提出ください。

 (ご捺印や公的機関の証明書など、申請書類が揃っていない際はご返却する場合もありますので予めご了承ください。)

 ・工事完了後の手続きにつきましても、提出期限に余裕をもって申請してください。

 ・受付日は申請書類が整った時点の日付となります。

 
補助対象設備と金額等については以下のとおりです。
ただし、設備ごとに補助の要件があるため、必ず交付要綱を確認して下さい。

 

                    令和3年4月1日現在

対象設備

補助率

金額

予算

件数

一体的導入(太陽光・HEMS・蓄電池)               

一律

一件12万円

90件
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス 

一律

一件16万円

70件

太陽光発電システム

(既築住宅のみ)

1/20

1kWあたり
1万2千円(上限4万8千円)

55件
燃料電池

一律

一件4万円

170件
リチウムイオン蓄電池 

1/20

1kWhあたり
1万円
(上限7万円)
200件
ペレットストーブ 

1/4

上限3万円

2件
太陽熱利用設備
 自然循環型
 強制循環型

一律

 一件2万円
一件3万円

20件

5

地中熱利用設備                          

1/10

  上限10万円

   5

   件

        (備考)

         ・予算の範囲内で予約申込を先着順に受け付けます。なお、補助金交付の決定は、

         交付申請書をご提出いただいた後になります。

         ・年度末は申請取下げで残件数が増減しますので、直接お問い合わせください。

 

  • 注意事項
    ・令和3年度の様式で申請してください。(令和2年度以前の様式では申請できません。)
  •  ・必要書類が整っていない場合は、受付ができません。
       ・工事着手予定日の14日以上前に「予約申込書」(様式第1)を提出してください。
      
    ・工事完了後の申請書の提出期限は工事完了後2か月以内または令和4年3月31日のいずれか早いほうとなります。
  • 補助金の交付は、工事完了後の「補助金交付申請書」をご提出いただき、本市が交付決定した時点で確定します。
  • 「豊橋市税を滞納してないこと」が補助要件となっております。市内在住の方は予約申し込みで、市外在住の方は完了後の申請で「滞納のない証明(2か月以内のもの)」を提出して下さい。
    ※滞納のない証明でなければ受付ができません。納税証明書ではありませんのでご注意下さい。
    滞納のない証明の申請書や発行受付についてはこちらをご覧ください。(税証明のページ)
  • 太陽光発電システムを既築住宅に設置する場合、連系先の住宅が存在することを示す、公的機関が発行する証明書を提出して下さい。
  •  例:評価証明書(2か月以内のもの)、登記事項証明か月以内のもの)など
       
    評価証明の申請書や発行受付についてはこちらをご覧ください。(固定資産の証明のページ)
       登記事項証明書は法務局にて発行しています。

申請手続きの方法

補助対象

次に掲げる条件をすべて満たす者(個人)とします。

  1. 次のいずれかに該当するもの
    ア 自ら居住し、又は居住予定である市内の住宅に補助対象設備を設置しようとする者
    イ 自ら居住するため、建売住宅供給者等から市内の補助対象設備付き建売住宅を購入しようとする者
  2. 工事完了後の実績報告申請時に対象設備を設置した住宅の所在地に住民基本台帳の登録がある者
  3. 豊橋市税を滞納していない者 
  4. とよはしエコファミリーに登録されている、又は申請までにとよはしエコファミリーの登録手続を行う世帯に属する者
    (エコファミリーの登録は、補助金の交付申請と同時でかまいません。)
  5. 過去に同一設備で同様の補助金交付を受けた場合は、補助金交付を受けることができません。
予約申込時
提出書類

提出書類のチェックリストも同時に提出して下さい

予約申込書(様式第1)
設置予定設備報告書(様式第2または第3または第4)
工事請負契約書の写し(設備付き建売住宅を購入する場合は、売買契約書の写し)
※新築の場合は、本体工事の契約書の写しも添付すること。設備の設置が契約書で分からない場合見積書の添付。
市内在住者は、市税の滞納のない証明(2か月以内のもの)
自己の所有しない住宅等に補助対象設備を設置する場合には、所有者の承諾書

 

ZEHの申込みの際は上記に加えて

国ZEH補助金の交付決定通知書の写し

国ZEH補助金の交付申請時に添付した実施計画書と建築図面の写し

 

既築住宅への太陽光発電システムの設置の際は上記に加えて、
補助対象設備の設置予定住宅全景のカラー写真
連系先の住宅が存在することを示す、公的機関が発行する証明書
 例:評価証明書(2か月以内のもの)、登記事項証明書
(2か月以内のもの)など

 (一体的導入による設置を除く)

 

リチウムイオン蓄電池を単体で設置の際は上記に加えて、
SIIに登録済みの製品であることのわかる書類

 

地中熱利用設備の申込みの際は上記に加えて

当該設備のカタログ等
           

受付場所

■再生可能エネルギーのまち推進課(市役所 西館5階)
・8時30分から5時15分まで(土、日、祝日及び年末年始を除く)

郵送による申請 ■可
メールによる申請

■可  申請用メールアドレス saieneshinsei@city.toyohashi.lg.jp

※公的な証明書の提出は、改ざん防止のため持参又は郵送で原本の提出が必要です。

ダウンロード ※excelシートをダウンロードした際に、様式が複数ページに分割され1ページに入っていない場合があります。
解決方法として、「保護されたビュー:このファイルはインターネット上の場所から取得されており、安全でない可能性があります。」等のメッセージが表示される場合がありますが、「編集を有効にする」というボタンをクリックして編集してください。
予約の申込み手続き
(工事着手予定日の14日以上前)

予約申込書(様式第1)

設置予定設備報告書(様式第2~4)

様式

pdf(143KB )

 

 

書き方見本

pdf(185KB )

excel( 103KB )     

承諾書(自己所有の建物でない場合のみ)

 pdf( 30KB )

word( 14KB )
予約の変更の手続き
(予約申込み後に補助金交付予定額の増減又は事業を中止する場合)

予約変更申出書(様式第5) 
 (変更が分かる書類も添付)

 pdf( 47KB ) excel( 24KB )

工事完了後の手続き
(すべての事業完了後2か月以内又は令和3年3月31日のいずれか早い日まで)

提出書類のチェックリストも同時に提出して下さい。

すべての設備に共通で必要となるもの

住民票(2か月以内のもので、マイナンバーの記載のないもの)
領収書の写し
補助金交付申請書(様式第6)
補助対象経費等確認書(様式第7~9)
設置状態写真貼付用台紙(様式第11~15)
 (設備ごとに台紙が異なるため注意してください)

家庭用エネルギー設備導入補助金交付請求書(様式第20)
とよはしエコファミリー宣言書

振込先の口座番号・支店名・口座名義がわかるものの写し(通帳の写し等)


上記に加え設備ごとに必要となるもの

工事完了報告書(様式第17)

保証書の写し(太陽光・ZEH以外)

 

ZEH

国ZEH補助金の確定通知書の写し

ZEHを構成する設備の設置状況がわかるカラー写真


太陽光発電システム

電力会社からの「発電設備の連系に関するお知らせの写し
太陽電池モジュールの配置図
設置した全太陽光モジュールの製造番号票を貼付した台紙(様式第10)


ペレットストーブ
東三河産木質ペレット使用誓約書(様式第16)

 

 

様式

pdf( 242KB )

 

 

 

書き方見本

 

pdf( 300KB )

excel( 127KB )


申請時に、補助金交付申請書の記載間違いや添付書類の不備が見受けられます。
書類が整っていない場合は、受付できませんので、ご了承ください。
書き方、添付書類で不明な点がありましたら、担当までお問い合わせください。

申請書のダウンロードについては、ご利用上の注意事項をお読み下さい。