本文へ移動
メニューへ移動
令和2年度 防災危機管理課運営方針

危機管理統括部長からのメッセージ

危機管理統括部長
危機管理統括部長 白井 住昌

 豊橋市は、自然豊かな街である反面、様々な災害の発生が懸念されています。特に発生が危惧されている南海トラフ地震への対策に重点を置き、これまで整備してきた津波防災センター等のハード事業から、今年度は将来の豊橋市を守る子供たち(ボウサイマン)への防災教育などソフト面に力を入れていきたいと考えています。

 市民の皆様には、普段からお住まいの地域にどのような危険があるのかを正しく理解していただき、備蓄品はもちろんのこと「災害に備えた気持ち」の準備も万全に備えてください。

 

「方針」と「取り組み」

1.地域防災力の充実・強化に取り組みます。

取り組み 内容

防災コミュニティの推進

住み続けられるまちづくりを

 

自主防災力を強化するため、活動の中心となる防災リーダーを養成するとともに、校区防災訓練等に対する支援を行い、地域が主体となった自主防災活動を推進します。また、親子で参加できる防災イベントや楽しんで学べる出前講座を実施し、防災教育の充実を図ります。さらに、いつ起こるかわからない地震に備え、総合防災訓練を夜間に実施します。

【令和2(2020)年度予定】
  • 豊橋市総合防災訓練の夜間実施
  • 防災まちづくりモデル校区事業の実施
  • ボウサイマン育成事業の実施 
  • 防災リーダー養成講座の開催
  • 家具固定ボランティア養成講座の開催
  • 地域の防災訓練への支援
  • 自主防災組織への助成  

2.災害対応力の強化に取り組みます。

取り組み 内容

防災対策の推進

住み続けられるまちづくりを

南海トラフ地震などの災害から市民の生命、財産を守るため、防災倉庫やマンホールトイレの整備を進めるとともに、停電時に避難所へ電力を供給するため、電気自動車及びパワーコンディショナーを導入し、防災対策を推進します。

【令和2(2020)年度予定】

  • 防災倉庫の整備(避難支援場所 2か所)
  • マンホールトイレの整備(指定避難所等 3か所)
  • 電気自動車及びパワーコンディショナーの導入

危機管理対策の強化

住み続けられるまちづくりを

平成29年度に発足したドローン飛行隊が雨天時でも被害状況調査が可能な赤外線カメラ搭載の全天候型ドローンを活用し、迅速な情報収集活動を行っていきます。また、SNSに投稿された記事を、AI技術を用いてリアルタイムに収集・分析するシステム「Spectee」を導入し、情報収集能力を高めます。

【令和2(2020)年度予定】

  • 災害対策本部設置運営訓練の実施
  • 豊橋市国民保護計画実施要領の策定

各種計画の策定・見直し

住み続けられるまちづくりを

大規模災害等が発生した場合にも、市民の生命・財産を守るとともに、迅速な復旧・復興を果たし、市民生活や地域の産業・経済活動を維持するため、平成29年3月に策定した豊橋市地域強靭化計画の改訂を行います。また、令和元年度から、地域住民や関係機関と共に検討を進めている「南海トラフ地震臨時情報発表時の事前避難」についても計画を見直すことで、一層の防災力向上を図っていきます。

【令和2(2020)年度予定】            
 
  • 豊橋市地域強靭化計画の中間改訂
  • 豊橋市地震対策(減災)アクションプランの見直し
  • 南海トラフ地震の多様な発生形態に備えた防災対応検討ガイドラインの公表に基づき豊橋市地域防災計画の見直し
  • 豊橋市危機管理指針の見直し
  • 中核市や三遠南信地域など広域での応援訓練の実施

 

梅薮地区津波防災センター               梅薮地区津波防災センター

道の駅防災備蓄倉庫
     道の駅とよはし防災備蓄倉庫