本文へ移動
メニューへ移動
令和2年度 教育委員会事務局運営方針

教育委員会事務局からのメッセージ

a
左 教育部長 大林 利光
中 教育長  山西 正泰
右 教育監  駒木 正清
 
 確かな学力、豊かな心、健やかな心と体を柱とし、子どもたちの「生きる力」を磨き深めることを目指して、地域、家庭と一体になった地域ぐるみの教育システムを構築するとともに、一人一人の子どもを大事にした教育活動を進めてまいります。
 また、子どもたちが優れた芸術や伝統文化に親しむ機会を拡充するとともに、郷土への誇りと愛着を醸成するための特色ある教育を推進してまいります。
 さらに、知的障害のある子どもたちの学び舎である「くすのき特別支援学校」を核として、個に応じたきめ細やかな特別支援教育の更なる充実に取り組んでまいります。

「方針」と「取り組み」

1.知・徳・体のバランスのとれた人づくりを目指し、教育環境の整備・充実に取り組みます。

取り組み
内容

国際理解教育推進事業

a

a
  イマージョン教育コースの授業の様子
英語で自分の意思を伝えたり、相手の意思を受け取ったりする能力を身につけることで、臆することなく外国の人々とコミュニケーションを図ることのできる、グローバル社会に対応する子どもを育成します。                  
  • 八町小学校イマージョン教育コース開設
  • 小学生:12ブロックde英語っこ、スーパー土曜英話チャレンジの実施
  • 中学生:「I LOVE TOYOHASHI!」English Camp、トリード スーパーイングリッシュキャンプの実施

きめ細やかな相談体制と支援

a

すべての子どもたちが安心して登校できるよう、生活への適応と自立を促す支援や助言を行います。

  • とよはしほっとプラザ中央、東、西において、どの子どもも学力や生活力を高められるカリキュラムの構築
  • スクールソーシャルワーカーの正規職員を2名配置とし、配置校以外の学校からの派遣依頼にもより幅広く対応

外国人児童生徒教育相談事業

aa
           

a
 「きぼう」での 授業イメージ
外国人の子どもたちには、年齢に合った日本語能力や学習能力を習得できるよう、学習の支援や保護者への教育相談等を行います。
  • 外国人児童生徒教育相談員の常駐や巡回による指導・支援 
  • スクールアシスタントの配置 や登録バイリンガルの派遣
  • 外国人児童生徒相談コーナー、にほんごリソースルームの活用推進
  • 初期支援校「みらい東、西」や令和2年度に岩西小学校で開設する「きぼう」での、来日間もない児童生徒に向けた初期日本語集中指導

安全・安心な学校給食の提供

a

老朽化が進む学校給食共同調理場において、引き続き安全で安心な学校給食を提供するため、PFI方式により新たな学校給食共同調理場の整備を進め、新調理場の稼働に合わせて給食配送校の組替を行うために必要な準備を行ないます。

 

 

情報教育推進事業

a
a
タブレット端末を活用した
グループワーク

タブレット型端末の効果的な活用法などICT機器を活用した学習指導の研究に取り組み、わかりやすい授業づくりをすすめます。

  • 論理的思考力、コミュニケーション能力を育むプログラミング教育を推進
  • GIGAスクール構想によって整備される児童生徒1人に1台の学習用コンピュータを活用し、個の思いや考えを生かした授業づくりを推進

学力・体力向上の推進aa

a
 合同授業の様子 (体育)

小規模校での合同授業や小学校へのスポーツトレーナーの派遣、教科担任制の推進により質の高い教育の提供や、子どもの基礎体力の向上を図ります。

 

くすのき特別支援学校のセンター的機能の向上

a
a市立学校の特長を活かした魅力ある教育の実現と、社会的自立に向けた出口支援としての体制づくりを進めます。また、特別支援教育の充実を図るため、市内小中学校へのセンター的機能を活かす取り組みを充実させます。 

小中学校等の教育環境の向上

aa

a
水泳授業の様子
民間プール施設等を活用した水泳授業のモデル事業を拡大するとともに、子どもたちの学習の場であり、地域の拠点でもある学校施設について、学校の老朽化対策を進めるほか、豊橋高校に空調設備を設置するなど、より良質な教育環境を確保します。         
  • 民間プール等活用モデル事業
  • 小中学校施設全面リニューアル工事
  • GIGAスクール構想に向けた校内通信ネットワーク整備
  • 豊橋高校空調設備の設置
a

リニューアル後の屋内運動場のイメージ

未来応援奨学金の給付

a

経済的な理由により進学が困難な状況でありながらも、優れた得意分野を持ち、夢の実現に向けて頑張る学生の進学を後押しするため、大学等の在学中に奨学金を給付します。
 
 

2.明るく、豊かな地域づくり、人づくりを推進するため、家庭の教育力の向上や学校と地域が手をとりあった生涯学習の振興に取り組みます。

取り組み
内容

地域の教育活動の推進

aa

a

全ての就学児童を対象に放課後に多彩な体験活動や、家庭や経済的な事情などから学習に遅れがちな小中高生を対象にした学習支援を行うなど、地域人材を活用した教育活動を通し、地域ぐるみで子どもを育てる環境づくりに取り組みます。

  • 「のびるん de スクール」の開催
  • 放課後児童クラブと連携した放課後子ども教室「トヨッキースクール」の開催
  • 地域未来塾「ステップ」の開催

家庭の教育力の向上

aa

a

「家庭はすべての教育の出発点である」ことを認識し、家庭の役割に関する保護者への学習支援などを行うとともに、子育て支援活動と連携しながら家庭の教育力の向上を図ります。

  • 家庭教育セミナーの開催
  • 親の学びサポート講座の開催

3.やすらぎとゆとりある豊かな生活の向上を図るため、文化活動の積極的な推進、科学教育の振興や文化財の保護に取り組みます。

取り組み
内容

展覧会開催事業 

a

 

多くの人々が、気軽に芸術文化や歴史に親しみ、触れ合う機会として、各種展覧会を開催します。

【美術博物館】

a

手塚治虫「鉄腕アトム」

©手塚プロダクション

  • 芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師
  • 2020コレクション展 山水に遊ぶ
  • 吉田城と三河吉田藩
  • 第8回トリエンナーレ豊橋      星野眞吾賞展 ー明日の日本画を求めてー
  •  歴史を守れ!丸地古城の挑戦
  • 手塚治虫展
  • 愛知県美術館・愛知県陶磁器美術館コレクション
  • 令和2年度移動美術館
           

【二川宿本陣資料館】a

江戸時代の貴重な遺構である、本陣・旅籠屋「清明屋」と商家「駒屋」をあわせて、二川地区の町並みのシンボルとしてPRしていきます。

  • 竹久夢二展 
  • 街の移ろい ~地図と絵葉書にみる豊橋の明治・大正・昭和
  • 十二支と新春の風景展                
文化財調査事業 aa     

【文化財センター】

a
馬越長火塚古墳の横穴式石室

国史跡・馬越長火塚古墳群と周辺の古墳群の整備に向けた調査、吉田城址の保存と活用、そして史跡指定に向けた調査を行います。

  • 国史跡・馬越長火塚古墳群の発掘調査
  • 吉田城址の発掘調査、石垣カルテの作成、石垣の三次元計測

自然科学を学ぶ機会の充実

a
【科学教育センター】 
a
 プラネタリウムの投影イメージ

みんなが「科学する心」を持ち続けられるよう様々な科学体験の場を提供します。

  • プラネタリウム投影(移動プラネタリウムの導入)
  • 実験ショー、ワークショップの開催
  • 地下資源館40周年記念イベントの実施
  • 小学4年生を対象としたわくわく体験活動の実施