本文へ移動
メニューへ移動
2019年6月市長定例記者会見「市政記者からの質問」

質問

高齢者による自動車事故、運転免許自主返納について

回答(要約)

本市では、高齢者の方が交通ルールやマナー、どこに危険が潜んでいるのかなどを学ぶ機会として、交通安全教室を老人クラブ・自治会等を通して開催し、高齢者が交通事故に巻き込んだり、起こしたりすることを防ぐ取り組みを行っています。
また、高齢者が安全に移動できる手段を選択する支援事業として、市内に住所を有する70歳以上の方で、その方の属する世帯全員が市民税非課税な方を対象とし、タクシー料金助成、電車・コミュニティバス共通助成、元気パスの購入助成を実施しており、運転免許自主返納に多少は繋がっているとは思いますが、運転免許の自主返納に対して直接的に何かを提供するということはしておりません。
今後、自主返納をより進めるため、タクシーや公共交通機関を使いやすくする方策や、電動付きアシスト自転車の補助の拡大など、どのような支援があればいいのか検討し、市民のみなさんにお示ししたいと思います。