本文へ移動
メニューへ移動
令和元年度
令和2年度 市民協働推進補助金 公開プレゼンテーションを開催しました。

公開プレゼン 3月24日(火曜日)、市役所で市民協働推進補助金(くすのき補助金)に応募した4市民活動団体が、それぞれの事業企画をPRしました。発表者から熱い想いを感じる貴重な時間となりました。この後は、採択団体を決定する本審査が行われました。

「高校生ボランティアハートネットワーク協議会」の活動を見学しました。
(市民協働推進補助事業 / 団体名 高校生ボランティアハートネットワーク協議会)

高校生ボランティアハートネットワーク協議会 12月25日(水曜日)、PLATで開催された高校生ボランティアハートネットワーク発表会を見学しました。市内10校の高校のボランティア部や生徒会が参加し、現在取り組んでいるボランティア活動の発表会を行い、その後、参加者全員による意見交換会が行われました。各校の特色ある活動を知ることができたこと、なかなか難しい他校の生徒と交流の機会が持てたことなど、参加者にとってとても有意義な会であったと感じました。

「天伯団地支え合い活動ひだまりの会」の活動を見学しました。
(市民協働推進補助事業 / 団体名 天伯団地支え合い活動ひだまりの会)

天伯団地支え合い活動ひだまりの会 12月13日(金曜日)、天伯団地公民館で天伯団地支え合い活動ひだまりの会の活動を見学しました。今回は手芸教室が開催され地域の住民の方が参加されていました。ひだまりの会では、手芸教室以外にも健康体操や園芸教室などさまざまな活動を行い、多世代が集える居場所づくりを進めています。開催日は公民館の入口にのぼり旗が立てられ、誰でも参加しやすい雰囲気になっており地域の住民の方の交流の拠点となっています。

「豊橋学生フリーペーパーPLEND!編集部」の活動を見学しました。
(市民協働推進補助事業 / 団体名 豊橋学生フリーペーパーPLEND!編集部)

豊橋学生フリーペーパーPLEND!編集部 12月10日(火曜日)、愛知大学で豊橋学生フリーペーパーPLEND!編集部の冊子の作成現場を見学しました。今回は豊橋の魅力を発信するフリーペーパー「PLEND!」の表紙の色を選定していました。過去に使われた色の紹介や季節感を出した色の提案など、活発な意見交換が行われました。若者による地域の活性化につながるフリーペーパーの完成が期待されます。

市職員を対象に市民活動視察研修を開催しました。

市民活動団体視察研修 12月5日(木曜日)、自然史博物館で市民活動団体「豊橋市自然史博物館ボランティア」の活動を見学する職員研修を開催しました。団体によるガイドツアーの実演や普段入ることのできないバックヤード内での作業の様子を紹介していただき、ボランティアとの協働の形を確認することができました。豊橋市自然史博物館ボランティアのみなさん、ありがとうございました。

 「しあわせ考房・あい」の事業が開催されました。
(市民協働推進補助事業 / 団体名 しあわせ考房・あい)

しあわせ考房・あい 12月3日(火曜日)、明照保育園で園児向けに認知症への理解を促す啓発事業が行われました。会場は多くの園児が集まり、分かりやすいパネルシアターを通して認知症について学んでいました。途中でクイズや音楽を入れたりして、参加した園児は興味深そうにしていました。若者による新しい発想の事業を見学することができました。

「愛知大学学生パートナー 大学外周の清掃活動」の事業が実施されました
(市民協働推進補助事業 / 団体名 愛知大学学生パートナー)

愛知大学学生パートナー 11月28日(木曜日)、愛知大学で行われた「愛知大学学生パートナー」の活動を見学しました。当日は、愛知大学の学生が大学の外周のゴミ拾いを行いました。活動は定期的に実施されており、学生・地域住民が過ごしやすい環境づくりを目指した、地域貢献に寄与する活動であると感じました。

「アクティブ・シニア・フェスティバル豊橋2019」の事業が実施されました
(市民協働推進補助事業 / 団体名 アクティブ・シニア・フェスティバル実行委員会)

おせっ会 11月24日(日曜日)、豊橋市総合体育館で行われた「アクティブ・シニア・フェスティバル実行員会」の活動を見学しました。当日は、「とよはしファミリーフェスタ2019」の名称で開催され、多くの家族連れが来場し、大変賑やかな様子でした。事業の目的となっている「セカンドライフの充実」に合ったブースが多数設けられ、参加者もみな満足そうにしていました。

「豊橋こども食堂*なかよし」の事業が実施されました
(市民協働推進補助事業 / 団体名 豊橋こども食堂*なかよし)

豊橋こども食堂*なかよし 11月24日(日曜日)、飯村校区市民館で行われた「豊橋こども食堂*なかよし」の活動を見学しました。この日は、「炊き込みご飯」と「いも天」と「お吸い物」がふるまわれ、子どもたちはもちろん、年配のご夫婦など近隣の住民の方も参加して、皆食事をしながら歓談していました。食事の提供だけでなく、食事前後には学習室での工作教室を実施し、今月はクリスマスガーランド作りをしていました。子どもたちの心身の健やかな成長に資する活動であると感じました。

Hour of Code in 豊橋 & Coder Dojo 豊橋 の展開」の事業が実施されました
(市民協働推進補助事業 / 団体名 Coder Dojo 豊橋)

おせっ会 10月26日(土曜日)、豊橋創造大学で行われた「Coder Dojo 豊橋」の活動を見学しました。当日は小学生・中学生がライントレースカーのプログラミングやロボットのペッパーの会話のプログラミングなどを大学生から熱心に学んでいました。参加者も多く大変盛況な様子で、熱心に取り組む子どもたちや、それを見守る保護者からは、プログラミング教育に対する関心の高さがうかがえました。

「Let's Join 豊橋まつり」の事業が実施されました
(市民協働推進補助事業 / 団体名 キラキラT-girls)

キラキラT-girls 10月19日(土曜日)、駅前大通りで行われた「キラキラT-girls」の活動を見学しました。浴衣の着付けの様子や、大学生・高校生らが一緒に総おどりに参加する姿を確認できました。活動の参加者はもちろんのこと、総おどりを見に来た若い世代に「面白そう」「楽しそう」などの特別感を感じてもらうことが、「祭り」や「浴衣」といった日本文化に触れるきっかけづくりの一助となる活動であると感じました。

「農園(畑)を利用した地域交流活動」の事業が実施されました
(市民協働推進補助事業 / 団体名 おせっ会)

おせっ会 9月29日(日曜日)、大村町沖木集会所で行われた「おせっ会」の活動を見学しました。当日は約20名の地域住民が参加し、高齢者と子どもたちの交流会が開かれました。その他、易しい論語の学習が行われるなど参加者の充実した様子を見ることができました。また活動の中心となる農園の作物が順調に育っており、今後は収穫祭などが行われるようです。

「We can 子育てプラスワン!」の事業が実施されました
(市民協働推進補助事業 / 団体名 We can 子育てサークル)

We can 子育てサークル 9月28日(土曜日)、豊橋創造大学で行われた「We can 子育てサークル」の活動を見学しました。We can 子育てサークルによる保育の実習が行われ、内容は歌に合わせた名前の紹介やクイズなどが行われました。参加者も満足している様子で、保育士を目指す若者による地域の方の子育てにプラスになる企画を確認することができました。

若者拠点づくりワークショップを開催しました。

ワークショップ 8月27日(火曜日)、南部窓口センターの2階の遊休空間について、どんな機能を持たせるべきか意見を求めるため、実際に利用する高校生や大学生などを中心に、愛知大学豊橋校舎でワークショップを開催しました。地元自治会関係者や市の若手職員を含めてグループごとに分かれて、多様な意見を出し合い、最終的にそれぞれから出たアイデアはどれも甲乙つけがたいものでした。

平成30年度市民協働推進補助金事業報告会を開催しました。

事業報告会 6月28日(金曜日)、豊橋市役所1階市民ギャラリーで市民協働推進補助金事業報告会を開催しました。市民協働推進補助金を活用した事業内容を、活動団体から直接聞くことができ、とても参考になる報告会でした。今回の報告は17団体あり、さまざまな分野の市民協働の形を知ることができました。

「小松原みどりの会」の事業が実施されました
(市民協働推進補助事業 / 団体名 小松原みどりの会)

小松原みどりの会 6月2日(日曜日)、小松原町の国道42号線沿いで行われた「小松原みどりの会」の活動を見学しました。当日は道路沿いの花壇の整備が行われ、つつじの苗木を植えました。綺麗に整備されたことにより良好な景観になりました。また、会員だけではなく地域の住民も参加するなど活動が地域に根付いている様子がうかがえました。