トップページへ ページの先頭へ

kosekihusaitop

古関裕而さんと金子さん

古関裕而

裕而さん写真

福島市出身の作曲家:古関裕而さん(明治42年~平成元年)は、1964年の東京オリンピック開会式で鳴り響いた「オリンピック・マーチ」、甲子園で流れる「栄冠は君に輝く」など生涯で約5,000曲を作曲し、数多くの名曲を残した偉大な作曲家です。妻の金子さんが豊橋市出身であることや、豊橋市歌の作曲者でもあるなど、豊橋市とは様々なゆかりがあります。

古関金子

金子さん写真

古関(旧姓・内山)金子さん(明治45年~昭和55年)は、長兄と6人姉妹の三女として豊橋市で生まれ、豊橋高等女学校(現・豊橋東高等学校)を卒業しました。昭和5年1月、金子さんは裕而さんが国際作曲コンクールで入賞したという新聞記事を読み、持ち前の行動力で裕而さんに手紙を書きました。それから文通を3か月ほど続けた後に福島へ行き、昭和5年6月に結婚しました。この時、裕而さん20歳、金子さん18歳でした。

古関裕而さんについて、さらに詳しい紹介のご案内

福島市観光コンベンション協会ホームページ:「福島市の総合観光情報ナビ:こらんしょふくしま」ふくる通信バックナンバー(外部サイト)

https://www.f-kankou.jp/fukuru-tsushin/外部サイトへのリンク

上記ページの、2015年バックナンバー:vol.05 10月24日発行 小特集:作曲家・古関裕而物語 をご覧ください。

裕而さんの事を詳しく知りたいなら、福島市にある「福島市古関裕而記念館」に行くのがおすすめ。

若い頃の写真や、裕而さんの手書きの譜面など、貴重な展示が盛り沢山です。

記念館内のサロンでは、裕而さんの曲のコンサートや合唱会などのイベントも開催されております。

リンク

福島市古関裕而記念館ホームページは コチラ


「まんがでわかる!古関金子さん」を作成しました。PDFも閲覧できます。

まんが
古関金子さんを4コマ漫画で紹介する冊子を作成、配布しています。漫画は豊橋市在住の漫画家:佐野妙さんに書いて頂きました。豊橋市役所1階じょうほうひろばや、関連イベントなどで配布します。また、電子版(PDF)も公開しています。詳しくはリンク先をご確認ください。

古関裕而さんと金子さんを紹介する冊子「古関裕而さん金子さん物語」を配布しています

物語画像豊橋市の皆さまに、作曲家:古関裕而さんの功績、そしてそれを支えた妻:金子さんのことを知ってもらうために、A3二つ折りのパンフレット「古関裕而さん金子さん物語」を作成いたしました。イベント等で配布しています。

貴重な写真で古関裕而さんと金子さんを紹介するパネル展示を行っています

夫妻パネル展示パネル【写真で振り返る、昭和の偉大な作曲家 古関裕而さんと妻 金子さん】を作成しました。パネルは豊橋市内の公共施設や関連イベントで展示します。

古関裕而さん金子さんのご長男:古関正裕さんの著書「君はるか」発売中です

君はるか

古関正裕さんがお二人について、思い出や貴重な資料から綴った書籍「君はるか 古関裕而と金子の恋 」が発売中です。詳細については書籍ホームページにてご確認ください。

ホームページはコチラ(外部サイト:集英社インターナショナル「君はるか」紹介ページへ移動します)