本文へ移動
メニューへ移動
こどものインフルエンザワクチン接種費用の一部助成について

   豊橋市は令和2年10月から、新たにこどもを対象としたインフルエンザ予防接種費用の一部助成を開始します。

インフルエンザとは

 インフルエンザは、すでにインフルエンザにかかった人の咳やくしゃみなどでウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことで感染します。1~3日の潜伏期間の後に、発熱や頭痛、咳、鼻水、全身のだるさ、悪寒、筋肉痛などの症状があらわれます。肺炎や気管支炎、脳症、こどもの場合は中耳炎などを合併し、重症化する場合もあるので注意が必要です。

ワクチンについて

 予防接種を受けることによって、インフルエンザの発病を一定程度予防することや、発病後の重症化や死亡を防ぐことができます。予防接種を受けてから免疫(抗体)ができるまで2週間程度かかり、効果が十分に続くとされるのは約5か月間とされています。インフルエンザが流行する前の12月中旬までに接種しましょう。

実施期間

 令和2年10月1日(木曜日)~令和3年1月31日(日曜日)

対象者

 豊橋市に住民登録があり、下記対象年齢などに該当する子

対象年齢 1歳~小学校6年生 中学校1~3年生 高校3年生相当※
助成回数 2回 1回 1回
費用

1回あたり、接種費用から1,000円を引いた額

※医療機関によって異なります。

その他

すでに今年度内に規定回数以上の助成を利用して、インフルエンザワクチンを接種した場合は対象外となり、払い戻しをしていただく場合があります。

※健康保険や企業などの補助制度との併用は可能です。併用する場合は事前に保険者や企業、医療機関へ確認をしてください。

 ※高校3年生相当とは、令和2年度に18歳になる方(平成14年4月2日~平成15年4月1日生まれ)です。

接種の流れ

 市から予診票の発行は行いません。接種を希望する場合は、以下の手順で受診してください。

  1. 実施医療機関に確認・予約をします。
  2. 医療機関にて予診票を記入してください。
  3. 医師から十分な説明を受けたうえで接種を受けてください。
  4. 接種費用から1回あたり1,000円を引いた額を、医療機関窓口にてお支払いください。

持ち物

  • 母子健康手帳(原則)
  • 豊橋市民であること及び年齢が確認できるもの(子ども医療費受給者証、健康保険証、学生証など。外国籍の方は在留カードなど)

実施医療機関

 予防接種の費用助成を受けられる医療機関は、下記の実施医療機関一覧に記載された医療機関に限られます。実施医療機関以外で接種した場合は、助成の対象となりませんのでご注意ください。医療機関によって実施年齢や実施期間が異なりますので、事前に医療機関へお問い合わせください。 

医療機関におけるワクチンの予約状況について

 豊橋市内の医療機関のインフルエンザワクチンの予約状況については下記豊橋市医師会のホームページで確認できます。各医療機関のワクチンの在庫状況については保健所では把握しておりません。

お問い合わせ先

豊橋市保健所(ほいっぷ) 健康政策課
〒441-8539 愛知県豊橋市中野町字中原100番地
電話番号 0532-39-9109 FAX番号 0532-38-0780

受付時間:9時00分~17時00分
E-mail/
kenkouseisaku@city.toyohashi.lg.jp