本文へ移動
メニューへ移動
新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けてのお願い

 市民及び事業者のみなさまへ

 全国的に新型コロナウイルス感染症の患者が増加する中、発出された愛知県の緊急事態宣言は令和2年8月24日をもって解除されました。しかし市内でも7月16日以降52人の患者が確認されており(令和2年8月25日現在)、引き続き注意が必要です。そこで、これまで以上に感染症対策を心がけていただくため、市民・事業者の皆様にあらためて、次のことをお願いさせていただきます。

事業者へのお願い

1.感染防止のための対策をしてください

 愛知県の「感染防止対策リスト」を活用し、感染防止対策をお願いします。

 

 愛知県「新型コロナウイルス感染防止対策リスト」 ※愛知県のサイトへ移動します

 

2.愛知県の「安全・安心宣言施設」に登録してください

 愛知県に感染防止対策の取り組みを届けると「安全・安心宣言施設」のPRステッカーやポスターを受け取れます。これらを掲示することで施設と利用者の安全・安心につなげることができます。

 

 安全・安心宣言施設のご登録はこちら  ※愛知県のサイトへ移動します

 

3.「豊橋市新型コロナ通知システム」を活用してください

 店舗等にQRコードを掲示し、それを利用者が読み込みメールアドレスを登録することで、同じ施設を同じ日に利用した方の中から感染者が確認された場合、利用者あてに注意喚起メールを発出するシステムです。

 

 こちらからご利用ください ※市のサイトにリンクします

 

市民のみなさまへのお願い

1.愛知県の「安全・安心宣言施設」を利用しましょう

 施設や店舗などを利用する際には、「安全・安心宣言施設」のステッカーやポスターを参考にお出かけしましょう。登録された施設は、愛知県のホームページで確認することができます。

 

  安全・安心宣言施設メインページ ※愛知県のサイトへ移動します

 

2.「豊橋市新型コロナ通知システム」に登録しましょう

 店舗等に掲示されたQRコードをスマートフォンで読み込むことで、感染者と接触した可能性をメールでお知らせします。「豊橋市新型コロナ通知システム」のQRコードを見かけたら積極的に登録しましょう。

QRコード

  詳細はこちらから ※市のサイトにリンクします

 市内登録施設一覧 PDF( 107KB )(令和2年10月6日時点)※市のシステムにご協力いただいている民間事業者様一覧です。(ホームページへの掲載にご承諾いただいた事業者様のみ公開しています)

 

3.国の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」を活用しましょう

 感染者と接触した可能性をお知らせする、国の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の活用をお願いします。「豊橋市新型コロナ通知システム」と併用することで、感染症の拡大防止に大きくつながります。

 

 国のアプリについてはこちら ※厚生労働省のサイトへ移動します