本文へ移動
メニューへ移動
年末年始を迎えるにあたっての新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のお願い

年末年始を迎えるにあたっての新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のお願い(令和2年12月16日)

 新型コロナウイルス感染症の拡大が続くなか、これから年末年始を迎え、人々の移動がさらに活発となり、感染リスクが高まります。

 第3波の拡大を防ぐため、市民・事業者の皆様には、改めまして感染防止対策の徹底へのご協力をお願いいたします。

1 感染症防止対策の徹底について
(1)人と人との距離の確保・マスクの着用・手指消毒・大声での会話の自粛など、「基本的な感染防止対策」を徹底してください。
(2)「体調の悪い方」は、帰省や旅行、会食等への参加を控えてください。
(3)会食等においては、大人数や長時間の飲食を避けるようお願いします。
(4)冬期であっても換気の徹底(窓を少し開け、室温は18℃以上を目安)や適度な保湿(湿度40%以上を目安)をお願いします。
(5)「豊橋市新型コロナ通知システム」や国の接触確認アプリ(COCOA)の積極的な活用をお願いします。

特に、年末年始を迎えるにあたっては、
○忘年会・新年会
 忘年会・新年会では、なるべく普段から一緒にいる人と少人数で開催するなど、「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫」をお願いします。
○初詣・カウントダウンイベントなど
 初詣等においては、混雑する時期を避け、境内での三密や、参拝後の混雑をできる限り避けるなど、感染防止策の徹底にご協力ください。
○年末年始の帰省
 帰省する場合には、基本的な感染防止策の徹底とともに、特に大人数の会食を控えるなど、高齢者等への感染につながらないようご留意ください。また、年末年始の休暇を分散して取得するなど、混雑する時期を避けた帰省をご検討ください。

2 感染拡大防止ガイドライン等の徹底について
(1)施設や店舗等において、業種別の感染拡大防止ガイドライン等を遵守し、感染防止対策を徹底してください。
(2)利用者は、会食等の際、「安全・安心宣言施設」ステッカー等が掲示された感染症対策が万全な施設を利用しましょう。

3 その他
(1)発熱等の症状がある方は、必ずかかりつけ医に電話で相談した上で受診してください。年末年始で、かかりつけ医が休診の場合には、豊橋市休日夜間急病診療所(0532-48-1110)をご利用ください。
(2)新型コロナウイルス感染症の患者や家族、関係者、医療従事者等への不当な差別的取扱い、誹謗中傷、プライバシーの侵害等をしないよう、格段の配慮をお願いします。

令和2年12月16日
豊橋市長 浅井 由崇

参考情報

内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策年末年始特設サイト

愛知県  新型コロナウイルス感染症対策サイト

新型コロナウイルス感染者の増加を受けての緊急メッセージ~市民・事業者の皆様へのお願い~(令和2年11月3日)

 これまで本市における新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は、県内の同規模の都市と比べて比較的低い水準で推移してきましたが、10月31日に1日としては過去最大となる12人(85例目~96例目)が確認され、10月30日から本日11月3日までの僅か5日間で38名(84例目~121例目)もの新たな感染者が確認されました。
 その大半が、市内飲食店で発生したクラスターに関係する者で、20歳代から40歳代が多く、小中学生も含まれるなど、若い世代とその家族での感染が確認されたこと、および外国籍の方が多いといった特徴があり、小中学校の臨時休校を余儀なくされるなど地域に大きな影響を及ぼしています。
 本市としましては、現状を重く受け止め、さらなる感染拡大への対応が喫緊の課題と考えており、濃厚接触者の特定と速やかなPCR検査に一層力を注ぐなど、これまで以上に緊張感をもって対策に取り組んでいるところです。
 しかし、対策の実効性を確保するには、市民・事業者の皆様のご協力が欠かせません。
 そこで、改めて以下のことについて、何卒ご理解、ご協力くださいますようお願いいたします。

1 市民の皆様へ
(1)不当な差別的取扱い、誹謗中傷、プライバシーの侵害等をしないよう、新型コロナウイルス感染症の患者や家族、関係者等への格段の配慮をお願いします。
(2)発熱等の症状がある方は、必ずかかりつけ医に電話で相談した上で受診してください。
(3)手洗い、手指消毒の徹底とマスクの着用をお願いします。
(4)会食などの際には、「安全・安心宣言施設」ステッカー等が掲示された感染症対策が万全な施設を利用しましょう。

(5)飲食店や公共施設、イベントの利用にあたっては、豊橋市新型コロナ通知システムへの登録と国の接触確認アプリ(COCOA)の積極的な活用をお願いします。

2 事業者の皆様へ
(1)豊橋市新型コロナ通知システムを導入し、来店時での登録を徹底してください。
(2)施設や店舗等において、業種別の感染拡大防止ガイドラインなどを遵守し、感染防止対策を徹底してください。
(3)従業員の方々の検温を行うなど、健康状態の管理に努めてください。

3 本市の新たな対策について
(1)感染拡大の防止のため、繁華街の飲食店を巡回し、空気環境測定装置による検査を行うなど、感染症対策の個別指導を実施します。
(2)自宅での感染拡大を防止するため、入院を必要としない方に入っていただく療養施設(ホテル)の確保を、県に対して引き続き要請します。
(3)自宅療養となる外国籍の方々に対して、感染後の対応を多言語のリーフレットにより周知します。

4 クラスター施設の対応について
当該施設を利用された方は、豊橋市保健所(受診・相談センター:0532-39-9119)に必ず申し出るようお願いします。

令和2年11月3日
豊橋市長 佐原 光一