本文へ移動
メニューへ移動
新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

 目次

  • 感染の特徴

Q1:新型コロナウイルス感染症の症状は?

Q2:新型コロナウイルスの感染の特徴は?

Q3:新型コロナウイルスを他の人に感染させる可能性のある期間は?

  • 感染予防のポイント

Q4:感染を予防するためのポイントは?

  • 濃厚接触者

Q5:濃厚接触者とは?

Q6:感染者の周囲の人の中で、だれが濃厚接触者になるのか?

Q7:濃厚接触者になるとどのような行動制限があるのか?

Q8:具体的にどのような人が濃厚接触者になるのか?

  • 感染者

Q9:新型コロナウイルス感染症の患者とは?

Q10:個人購入の検査キットや通信による検査など、医師が介在しない検査を行って陽性の結果が出た場合どうすればよいか?

Q11:患者と診断されるとどうなるのか?

Q12:宿泊施設での療養となるのはどんな場合か?

Q13:自宅療養となるのはどんな場合か?

Q14:自宅療養中の食事や日用品の買い出しはどうすればよいか?

Q15:自宅療養中に体調が悪くなったらどうすればよいか?

  • 消毒方法

Q16:療養解除となるためには、PCR検査が陰性になる必要があるか?

  • クラスター

Q17:消毒は誰がどうやってするのか?

Q18:感染症における「クラスター」の定義は?

Q19:クラスターとなった場所は公表されるのか?

  • 公表

Q20:感染者の公表の際に、感染者の居住地(校区等)、利用場所、施設を公表しないのはなぜか?

Q1:新型コロナウイルス感染症の症状は?

A1:新型コロナウイルス感染症の症状は、人によって異なりますが、熱、咳、のどの痛み、倦怠感などの風邪様症状がみられます。多くの方は、1週間程度で軽快しますが、場合によって重症化することがあります。

 また、下痢や嘔吐などの胃腸症状、味覚・嗅覚の異常、まったく症状がない場合など様々です。

 症状による判別が難しいため、「体調が悪いな」「何か変だな」と感じた時は、かかりつけ医や豊橋市受診相談センターに相談し、受診しましょう。

Q2:新型コロナウイルスの感染の特徴は?

A2:これまで国内で感染が確認された方のうち、重症・軽症に関わらず80%の方は他の人に感染させていない一方で、一定の条件を満たす場所において、一人の感染者が複数人に感染させた事例が報告されています。

(1) 密閉空間(換気の悪い密閉された場所)
(2) 密集場所(多くの人が密集している)
(3) 密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われる)

これら3つの条件のある場所で感染を拡大させるリスクが高いと考えられます。

ページの先頭に戻る

Q3:新型コロナウイルスを他の人に感染させる可能性のある期間は?

A3:発熱、咳などの症状が出始めた日(発症日)の2日前から、発症後10日間が感染可能期間と考えられています。ただし、発症後10日経っても症状が続く場合は、症状が軽快して72時間経つまでが感染可能期間となります。
感染者の中には症状が出ない方(無症状病原体保有者)もいますが、14日間症状が出ずに経過すれば、感染させる可能性はないと考えられています。

ページの先頭に戻る

Q4:感染を予防するためのポイントは?

A4:新型コロナウイルス感染症の感染経路の中心は、飛沫感染と接触感染です。密閉空間において近距離で多くの人と会話するなどの環境下であれば、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあります。自分だけでなく他人に感染させないようにすることが大切なので、感染を予防するために次のことを心がけましょう。

(1) 咳エチケットを心がける
他者にうつさないために、咳、くしゃみをするときはマスクやティッシュ、ハンカチ、袖肘の内側などを使って口や鼻をおさえましょう。

(2) こまめに手を洗う
こまめに石鹸で手を洗ったり、手が洗えない環境ではアルコール消毒をしましょう。また、洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしましょう。ウイルスが付いている可能性がある物や場所を触ったとしても、それに触れた手指を洗えば感染を防ぐことができます。

(3) 人と人との距離をとる
咳エチケットをせずに、人と人との距離を1m以上、かつ、15分間以上の多くの人々との間で交わされる環境を避けましょう。人と人との間に空気の流れを作るため、換気がされていることが大切で、人と人の距離が十分に保たれていても空気の流れが十分でないと飛沫による感染リスクが高まります。

(4) 家やオフィスを十分に換気する
空気の流れができるよう、2方向の窓(できれば対角線上の2つの窓)を、1回につき数分程度全開にしましょう。換気回数は30分に1回以上が望ましいです。エアコン使用中は、台所や洗面所の換気扇を常時稼働したり、24時間換気システムを稼働させることで、室温を大きく変動させることなく最小限の換気を行うことができます。

(5) 健康管理を心がける
十分な睡眠をとるなど健康管理を心がけ、ウイルスが体内に入ったとしても、免疫力(ウイルスと戦える体力)で対抗できるようにしましょう。

ページの先頭に戻る

Q5:濃厚接触者とは?

A5:感染者が出た時に、だれが濃厚接触者になるかの判断基準は国立感染症研究所感染症疫学センターが策定している「新型コロナウイルス感染症に対する積極的疫学調査実施要領」に沿って、接触の状況に応じて保健所が判断します。

判断の重要なポイントは、
(1)陽性者といつ接触したか(発症2日前から)
(2)距離の近さ(1m程度)
(3)時間の長さ(15分以上)

です。

 新型コロナウイルス感染者からウイルスがうつる可能性がある期間(発症2日前から入院等をした日まで)に、必要な感染予防策なしで、手を伸ばしたら届く距離(1m程度)で15分以上接触があった場合に濃厚接触者になると考えます(その他の場合は実施要領参照)。
 例えば、会食などの時に、感染者と対面で1m以内の距離で15分以上接触した方は濃厚接触者になる可能性が高いと考えます。(ただし、屋外など十分換気されている環境であれば濃厚接触者に該当しないこともあります。)

ページの先頭に戻る

Q6:感染者の周囲の人の中で、だれが濃厚接触者になるのか?

A6:濃厚接触者は、感染者の家族、職場、学校、交友関係者などを対象に、保健所が接触の程度などについて調査(積極的疫学調査)を行った結果、誰が濃厚接触者に該当するかを個別に判断します。
 マスク着用の有無、換気の状況、会話や歌唱など発声をともなう行動や対面での接触の有無など、「3密」の状況などにより、感染の可能性は大きく異なるため、具体的な状況をお伺いしたうえで濃厚接触者にあたるかどうかを判断します。

ページの先頭に戻る

Q7:濃厚接触者になるとどのような行動制限があるのか?

A7:無症状であっても、感染して14日間は発症する可能性があるので、感染者との最終接触日の次の日から数えて14日間は、健康状態に注意を払い(健康観察)、不要不急の外出は控えてください。濃厚接触者として検査した結果が陰性となった場合でも、検査結果が偽陰性である可能性があるので、14日間は不要不急の外出を控えるなど保健所の指示に従ってください。
例)接触した日:12月1日 健康観察期間:12月2日~12月15日

ページの先頭に戻る

Q8:具体的にどのような人が濃厚接触者になるのか?

A8:

例1:家庭内
一つ屋根の下で生活を共にする人の中で感染者が出た時は、同居の方は、ほとんどの場合、濃厚接触者になります。ただし、感染可能な期間中に、共有する場所がトイレ、浴室に限られ、食事を共にしないなど家庭内での接触時間がごく限られている場合は、濃厚接触者に該当しません。

例2:職場
 感染可能な期間中に、換気された環境で、15分以上接触することがない場合は、同じ事務室の職場で感染者が出ても濃厚接触者はないと考えます。
 ただし、事務室内以外の場所(マスクなしで長時間昼食を共にした、更衣室で密になった状況があったなど)で接触した状況があれば、個別に状況を把握し判断します。

例3:公共交通機関
 一般的に自動車などに長時間同乗することは、感染リスクが高いと考えられます。タクシーの場合は、感染者の症状や車内の換気などの状況により判断します。バス、電車、航空機はタクシーと比較して、感染リスクが低いと考えられます。公共交通機関各社の防止対策により感染リスクが低減されていることから、各社の公共交通機関の利用の注意に従って利用された場合は、濃厚接触者に該当しないと考えます。

ページの先頭に戻る

Q9:新型コロナウイルス感染症の患者とは?

A9:新型コロナウイルスの検査(PCR検査、抗原検査など)の結果を受けて、症状や状況などを総合的に勘案して、医師が新型コロナウイルス感染症と診断された方が「患者」となります。

ページの先頭に戻る

Q10:個人購入の検査キットや通信による検査など、医師が介在しない検査を行って陽性の結果が出た場合どうすればよいか?

A10:検査は医師の判断のもとで、必要な医療を提供し、重症化を防ぐことが主な目的で、医師が介在しない個人購入の検査キットや通信による検査の結果では「患者」とはなりません。医師が介在しない検査で陽性の結果が出た場合は、かかりつけ医などの身近な医療機関又は受診相談センター(電話:0532-39-9119)に相談してください。

ページの先頭に戻る

Q11:患者と診断されるとどうなるのか?

A11:患者は、症状や療養環境に応じて感染症指定医療機関への入院、自宅療養又は宿泊施設での療養となります。発症してから起算して10日間(人口呼吸器等による治療を行った場合は15日間)、かつ、症状がなくなってから72時間経てば療養解除となります(例えば、発症日から5日後に入院となった場合は、原則5日間の入院ですが、その時点で症状がなくなってから72時間が経っていることが条件になります)。
 ただし、症状が改善しなかったり、医師が引き続き治療が必要と判断すると入院期間が長くなったり、一定の条件を満たせば、入院期間が短くなることもあります。

ページの先頭に戻る

Q12:宿泊施設での療養となるのはどんな場合か?

A12:入院での治療を要しない無症状や軽症の方は、自宅又は宿泊施設での療養となります。家庭内で高齢者や基礎疾患を持つ方がいて、家族への感染リスクが高い方には、できる限り宿泊施設での療養をしていただきます(ただし、宿泊施設の受け入れ状況により、やむを得ず自宅療養になる場合もあります)。

ページの先頭に戻る

Q13:自宅療養となるのはどんな場合か?

A13:入院での治療を要しない無症状や軽症の方は、自宅又は宿泊施設での療養となります。家族に介護を必要とする方又は小さいお子さんがいる方などで、家族を残して宿泊施設での療養が難しい方(他に面倒を見る人がいない)、無症状又は軽症(入院しての治療を要しない)の方は、家庭内の感染防止対策を十分にとりながら自宅療養していただきます。

自宅療養される方へ( 133KB )

Para sa mga nagpapagaling sa bahay( 69KB )

Àqueles que estão se recuperando da doença em casa( 192KB )

At-Home Recovery Manual( 49KB )

ページの先頭に戻る

Q14:自宅療養中の食事や日用品の買い出しはどうすればよいか?

A14:食事は自宅療養者のための配食サービスを無料で利用することができます。(療養者本人のみで同居の家族は対象となりません。)
 食品を含めた日用品の買い出しは、同居の家族の中で濃厚接触者となっていない方が、独居の方は友人、親戚、知り合いなどにお願いしてください。

ページの先頭に戻る

Q15:自宅療養中に体調が悪くなったらどうすればよいか?

A15:自宅療養中の方には、毎日保健所との連絡で健康観察をします。療養中に発熱、咳などの症状が出てくれば、保健所からの紹介で医師による診察と必要に応じて薬の処方が受けられます。

ページの先頭に戻る

Q16:療養解除となるためには、PCR検査が陰性になる必要があるか?

A16:感染者の療養期間が終了した直後にPCR検査を行うと、陽性の結果が出ることがありますが、療養を解除して、普段の生活に戻っても何ら問題はありません。陽性の結果が出るのは、感染させる可能性のない死んだウイルスなどの遺伝子を検出するためで、PCR検査は療養期間が終了したこと(感染の可能性がないことを証明するため)を確認するための検査として有効ではありません。

ページの先頭に戻る

Q17:消毒は誰がどうやってするのか?

A17:感染者の発生に伴って実施する消毒は、施設管理者が行います。消毒の施工業者に依頼することもできますが、費用は各自負担となります。消毒の方法は以下を参考にしてください。

・ 装備
ゴム手袋・マスクを着用する。(必要に応じて、ゴーグルやガウンなどの防護衣を着用します。)

・ 消毒液
濃度70%以上の消毒用アルコール、または次亜塩素酸ナトリウム(家庭用漂白剤)を水で薄めて0.05%にした消毒液を作り、布やガーゼ、ペーパータオルなどの染み込ませたもので拭き取ります。
噴射の勢いで付着したウイルスが飛び散る可能性があるため、噴霧は避けます。

・消毒する場所
陽性者が触れた、行動したと思われる範囲(陽性者の作業上触れる場所のほか、誰もが触れる場所の表面、エレベーターや電気のスイッチ、ドアノブ、水道の蛇口、電話機、給湯室、トイレ等共有部分)など

ページの先頭に戻る

Q18:感染症における「クラスター」の定義は?

A18:クラスターの一律の定義はありませんが、同一空間、同一時間帯を共有した人の間で感染が広まったと考えられる場合にクラスターが発生したと判断します。
 愛知県は、感染者10人以上をクラスターとして公表しています。なお、2次感染以降の感染者をクラスターに含めるかどうかは、公表主体により異なっており、本市では1次感染者のみをクラスターに含めています。

ページの先頭に戻る

Q19:クラスターとなった場所は公表されるのか?

A19:クラスターとなった場所でさらなる感染拡大のおそれが無いと判断された場合は、原則公表しません。例えば、濃厚接触者が特定されていて、感染者が触れた場所を消毒するなど、施設管理者が予防策を十分取っている場合は、クラスターが発生した場所として公表する必要はないと考えます。
 一方、不特定多数の人が利用する施設でクラスターが発生し、濃厚接触者を特定するための情報が十分でないときは、利用者に申し出ていただくために施設名等を公開する場合があります。

ページの先頭に戻る

Q20:感染者の公表の際に、感染者の居住地(校区等)、利用場所、施設を公表しないのはなぜか?

A20:感染者が滞在、通行等した場所に感染リスクがある場合は、保健所の指導のもと、施設管理者等が消毒を実施するため、感染のリスクはないと考えられますので、原則、公表いたしません(ただしQ18のとおり、公表する場合もあります)。

ページの先頭に戻る

お問合せ先

豊橋市保健所 感染症対策室 感染症グループ 〒441-8539 豊橋市中野町字中原100番地
電話番号/0532-39-9119 FAX番号/0532-38-0780 E-mail/kansen@city.toyohashi.lg.jp
(受付時間 平日:午前8時30分~午後5時15分 休日:午前9時~午後5時)