本文へ移動
メニューへ移動
地域新電力会社「穂の国とよはし電力株式会社」による電力供給について

 本市は「2050年再生可能エネルギー利用100%のまち」の実現に向け、豊橋市バイオマス利活用センターのバイオマス発電を中心に、市遊休地にある太陽光発電所の電力を調達し、市内の公共施設に供給する「エネルギーの地産地消事業」を展開するため、JFEエンジニアリング株式会社と豊橋信用金庫の共同出資による「穂の国とよはし電力株式会社」を2020年10月に設立しました。

 2021年2月より順次、市内の公共施設に電力を供給し、公共施設の使用電力を100%再生可能エネルギー由来の電気でまかなう「豊橋市役所RE100」の実現を目指しています。

 

■主な電力調達先施設

  バイオマス利活用センター バイオマス利活用センター 太陽光発電所 とよはしE-じゃん発電所 高塚町太陽光発電所
名称 バイオマス利活用センター
(バイオマス発電所)
バイオマス利活用センター
(太陽光発電所)
とよはしE-じゃん発電所
(太陽光発電所)
高塚町発電所
(太陽光発電所)
住所 神野新田町 神野新田町 神野新田町 高塚町
発電容量 1,000kW 1,995kW 400kW 350kW
運営者 ㈱豊橋バイオウィル T&Jパワープラント㈱ 豊橋市 ㈱サイエンス・クリエイト

ほか4施設(計8施設:発電容量5,965kW)

 

■主な電力供給先施設

  豊橋市役所本庁舎 豊橋市立小中学校 豊橋総合動植物公園 豊橋総合体育館
施設名 市役所本庁舎 小中学校等77校 豊橋総合動植物公園 総合体育館
契約電力 1,500kW 3,717kW 412kW 1,100kW

ほか42施設(計122施設:契約電力11,376kW)

 

■リンク先

 「穂の国とよはし電力株式会社」のホームページに移動します。