本文へ移動
メニューへ移動
ICT利活用推進支援業務委託 公募型プロポーザル

 豊橋市(以下「本市」という。)では、ITガバナンスに関するガイドライン「豊橋市情報システム調達ガイドライン」により情報システムの有効性向上や関連コストの適正化等を図っています。この取り組みの中で、情報システム調達のための仕様書及び見積書の精査については、専門的知見を必要としコンサル委託をしています。

 平成28年度から5年間、同一業者からの支援を受けていますが、調達時の精査についてのノウハウが職員にも蓄積されている状況であり、本業務を最適化することにより、本市のデジタル化を推進すべく本市情報システム調達の有効鵜性、安全性、及び品質を確保するとともに、ICTを活用することで本市課題を解決することを目的とし、最適な業者に委託するべくあらためて選定するため、ICT利活用推進支援業務委託プロポーザルを実施します。

  

<公告>(pdf)

プロポーザル実施要領(pdf)

<業務仕様書>(pdf)

【提出書類1(参加意向の申出時)】

  1 様式1 プロポーザル参加意向申出書(word)

  2 様式2 会社概要及び公的資格・認証の取得状況(word)

<提案書作成仕様書>(pdf)

提案書評価基準(pdf) 

【提出書類2(提案書の提出時)】

  1 提案書(word) ※指定様式

  2 別紙 費用積算表(excel)※指定様式

※質問書はこちらの様式をご使用ください。(word)

【質問回答】

参加意向申出書に関する質問はありませんでした。

<契約候補者の特定について>(pdf)