本文へ移動
メニューへ移動
新型コロナウイルス感染症予防接種証明書の紙での発行について

 

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書

 新型コロナウイルスワクチンを接種済みであることを公的に証明する、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書の申請を受付します。

  • 対象者

 豊橋市発行のクーポン券(または、接種券付予診票)を利用して新型コロナワクチンの接種を受けた方

 ※以下の方は発行の対象外です

 ・ワクチン接種を受けていない方

 ・日本の予防接種法に基づかない接種を受けた方(国内未承認のワクチンを接種した方)

 

  • 申請先

 〒441-8539 豊橋市中野町字中原100 豊橋市保健所 感染症対策室宛

 ※原則、郵送での申請になります。

 即日の発行はできませんので予めご了承ください。(約1週間程度)

  • 必要書類

 「日本国内用」と「海外用」で必要なものが異なりますので、申請の際はご注意ください。

 

 ○日本国内用接種証明書の取得に必要なもの

 (1)申請書

    申請書 (PDF様式)

    申請書 (Excel様式) 

 (2)接種履歴を確認できる書類の写し

    新型コロナワクチン予防接種済証または接種記録書

 (3)本人確認書類の写し

    運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等 ※住所記載があれば旅券(パスポート)でも可能

 (4)返信用封筒(返信用宛名と必要料金分の切手が貼られたもの)

    ※切手の料金不足が数多く発生しています。定形郵便物は、25g以内84円、50g以内94円となります。

     郵送の際は、必要となる切手の料金を必ずご確認ください。

     

 ○海外用接種証明書の取得に必要なもの

  上記(1)から(4)に加え、下記(5)が必要となります。

 (5)旅券(パスポート)の写し  ※渡航日時点で有効期限が到来していないもの

 

  • 場合により必要な書類

    ・旅券(パスポート)に旧姓・別姓・別名が記載されている場合

      旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類の写し(運転免許証等)

     

    ・代理人による申請の場合

      本人の自署による委任状

       委任状 (PDF様式)

       委任状 (Word様式)

     ※同一世帯員の場合も必要となります。

     ※代理人の本人確認書類(運転免許証等)の写しが必要です。

  • 留意事項

・接種時に住民登録のあった自治体に申請をしてください。

  例)住民票所在地が、1回目のワクチン接種時は豊橋市、2回目の接種時は他自治体の場合、1回目分は豊橋市、2回目分は他自治体で発行します。

・証明書に記載される氏名の表記は、旅券(パスポート)と一致させる必要があります。別名併記等を希望される場合はあらかじめ旅券(パスポート)の表記修正を行ってください。

・証明書の発行には申請より約2週間程度の期間が必要となります。また書類に不備があった場合は、お時間がかかることがあります。 渡航予定日により至急必要な場合は、豊橋市新型コロナワクチンコールセンター(0570-09-5670)までお問合せください。

 

  • その他

・複数枚必要な方は、発行された証明書をコピーし、ご利用ください。

・新型コロナウイルス感染症予防接種証明書はA4縦サイズです。

・証明書がどの国・地域への渡航時に活用できるかについては、下記の外務省ホームページで確認してください。

  外務省海外安全ホームページ

 

新型コロナワクチン予防接種済証

 

新型コロナワクチンを接種した方は、クーポン券(接種券)の右側にある「新型コロナワクチン予防接種済証」、または「新型コロナワクチン接種記録書」で接種済であることを示すことができます。 「新型コロナワクチン予防接種済証」または「新型コロナワクチン接種記録書」を紛失した場合、申請により接種済証を発行します。詳細はこちらをご覧ください。