背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

 新型コロナウイルス感染症は、誰でも感染する可能性があります。感染された方におかれましては、体調の変化や療養についてご不安のことと存じます。体調のすぐれないところ大変恐縮ですが、療養中の過ごし方などについてご案内しておりますので、以下の「自宅療養のしおり」をご一読ください。※療養中は、外出を自粛してください。

 食料や日用品は、インターネット通販・民間の配送サービスの利用や支援者に依頼するなど、ご自身で調達・確保をお願いします。支援者等もおらず、自宅療養中にご自身で食料の調達が難しい方は、自宅療養のしおりの「2自宅療養の準備」をご覧ください。 

 

【令和4年9月26日から保健所からの連絡対象等が変わりました。】

 令和4年9月26日からは、全国一律で新型コロナウイルス感染症患者の全数把握が見直されました。これにより、新型コロナウイルス感染症と診断され方のうち医師から発生届が出されない方は、保健所からのショートメッセージや電話連絡は入りません。なお、医師から発生届が出される方(65歳以上の方など重症化リスク等のある方)には、保健所から携帯電話へのショートメッセージ(SMS)送信、電話連絡があります。

 

自宅療養中の過ごし方や健康確認について<自宅療養のしおり>

 自宅療養中の過ごし方の参考にしてください。  

   自宅療養のしおり(12月23日改定版)(日本語)

   Guia do lsolamento Domiciliar(12月23日改訂版)(ポルトガル語) 

   Home lsolation Guide (12月23日改訂版)(英語)

   Gabay sa pagpaoagaling sa bahay(12月23日改訂版)(タガログ語)

 

陽性者の療養期間について

【令和4年9月7日から、以下の条件の陽性者の療養期間が見直されました。】

(1)有症状患者(入院中ではなく、高齢者施設に入所していない方で人工呼吸器等による治療を行った場合を除く)

・発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合に8日目から解除を可能とします。

・ただし、10日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

 

(2)無症状患者(無症状病原体保有者)

・検体採取日から7日間を経過した場合には8日目に療養解除を可能とします(従来から変更なし)。

・加えて、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、6日目に解除を可能とする。ただし、7日間が経過するまでは感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

 

 また、療養期間中の外出自粛について、有症状の場合で症状軽快から24時間経過後又は無症状の場合には、外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出は差し支えない、とされました。

  

My HER-SYS/マイハーシスを活用した健康観察について

     My HER-SYSの操作方法等に関するお問い合わせ

   名称:一般の方専用相談窓口(厚生労働省)

   電話番号:03-5877-4805

   受付時間:午前9時30分から午後6時15分(土日祝日除く)

My HER-SYS Multilingual User's Guide

 

濃厚接触者について

 

新型コロナウイルス感染症と診断された方の投票手続きについて

 

新型コロナウイルス感染症自宅療養証明書・公費負担申請について

 

問合せ先

豊橋市保健所 受診・相談センター
電話番号/0532-39-9119 FAX番号/0532-39-9147 E-mail/kansen@city.toyohashi.lg.jp
(受付時間 午前9時~午後5時)