本文へ移動
メニューへ移動

新型コロナウイルス感染症における妊婦への支援について

 豊橋市では、新型コロナウイルス感染症の陽性者または濃厚接触者になった妊婦に対し、かかりつけ産科医院、豊橋市民病院、保健所が連携して、安全・安心な出産への支援を行っています。

 

新型コロナウイルス感染症における妊婦への支援について

 

 

ポイント①保健所内での連携体制

 陽性者または濃厚接触者の妊婦を把握した場合、感染症対策室とこども保健課が連携し、健康観察に加えて妊娠期に必要な観察や妊婦の相談対応を行っています。

 

ポイント②かかりつけ医と市民病院をつなぐ

 把握後、早期にかかりつけ産科医院と市民病院へ連絡調整し、妊婦の妊娠経過や病状に変化があった際に、分娩管理や受診が円滑に行われるようにつないでいます。

 

ポイント③妊婦への積極的なワクチン接種

 豊橋市では、かかりつけ産科医院でコロナワクチンの個別接種ができます。重症化を予防するとともに、妊婦の副反応や胎児への不安などに対し、かかりつけ医が対応します。