本文へ移動
メニューへ移動
知人が新型コロナウイルス感染症の陽性となった方へ

 新型コロナウイルス感染症は、誰でも感染する可能性があります。身近な方から「新型コロナウイルス感染症と診断された」と連絡があった際は、下記のよくある質問をご確認ください。

知人が陽性と診断された方のよくある質問

Q1 知人から「新型コロナウイルス感染症と診断された」と連絡が来たら、まず、何をすればいいですか?
A1 次の項目について、感染者に確認してください。

□ 感染者に確認する項目
・発症日(症状が出た日)

・検査日

・診断日

・発症2日前(発症日を0日とする)から共に行動した日

感染者が無症状の場合は、検査日の2日前から

感染の可能性がある状況か確認する。

Q2 どのような状況だと、感染の可能性は高くなりますか?

A2 新型コロナウイルス感染症患者に対する「濃厚接触者」として、次のような例が挙げられます。

・感染者と同居している者

・長時間の接触(車内や航空機内等を含む)があった者

・適切な感染防護なしに陽性患者を診察、看護、介護していた者

・手で触れることの出来る距離で、マスクを正しく着用せず15分以上の接触があった者

また、以下のような場合も感染の可能性は高くなります。

・感染者と一緒に飲食を共にした

・喫煙所で感染者と一緒だった

・マスクを正しくせずに、感染者と会話をした

・マスクをしていても、換気の乏しい空間に長時間(目安として1時間以上)一緒にいた など

Q3 濃厚接触者になるとどのような行動制限がありますか?

 A3 感染者と最後に会った日から7日間は不要不急の外出を控え、下記のことを守ってください。

□1日2回(午前・午後)体温を測り、健康状態を確認する

(10日間を経過するまではご自身で健康観察を行い、一般的な感染対策を徹底してください。)

□他の人と接触をしないようにする

□同居家族との接触も最小限にする

□症状がある場合は、すぐに医療機関を受診してください。

(1)かかりつけ医など、身近な医療機関

(2)豊橋市受診・相談センター ☎0532-39-9119

□症状がなくても健康観察期間内で普段、飲んでいる薬が切れるなどの場合は、かかりつけ医や身近な医療機関にご相談ください。

 自宅待機期間

なお、自宅待機期間中に濃厚接触者として検査をした結果が陰性となった場合でも、待機期間に変更は生じません。

Q4 感染を防ぐために、普段からできる対策はありますか?

A4 次のことに注意しましょう。

感染すると、外出できない等社会活動が大きく制限されてしまいます。

日頃から感染対策を行い、新型コロナウイルスの感染を予防しましょう。

1. マスクは正しく(鼻と口の両方を覆う)着用する

2. 換気を徹底する

3. しっかり手洗い(手指消毒)をする

4. 3密(密集・密接・密閉)を回避する

5. のどが痛い・何となくだるい・発熱等症状があるときは外出しない(仕事や学校を休む)

6. マスクを外す場面では会話をしない