本文へ移動
メニューへ移動
豊橋のにぎわい/豊橋のみどころ1 -

吉田城跡

吉田城跡の写真

吉田城は1505年に築城された今橋城が後に改称されたもので、現在は昭和29年に復興された鉄櫓が豊川のほとりに建っています。豊橋公園内にあり、美術博物館、三の丸会館とともに多くの市民に親しまれています。

住所:豊橋市今橋町3番地(豊橋公園内)

アクセス:JR・名鉄「豊橋駅」から豊鉄市内線で約10分「市役所前」下車、徒歩5分

時間:午前10時~午後3時

入館料:無料

開館日:火~日曜日

休館日:月曜日・年末年始 ※月曜日が祝日の場合は開館します。

「続日本100名城」スタンプラリーについて

【スタンプ設置場所】

●吉田城鉄櫓内

住所:豊橋市今橋町3番地(豊橋公園内)

時間:午前10時~午後3時

休館日:月曜日・年末年始 ※月曜日が祝日の場合は開館します。

吉田城鉄櫓が休館の場合は下記の場所にてスタンプの押印ができます。

●豊橋市役所東館13階 手筒花火体験パーク

住所:豊橋市今橋町1番地

時間:午前8時~午後9時30分

休館日:無し

入館料:無料

主催:公益財団法人日本城郭協会

 吉田城 御城印を販売しています

販売場所

豊橋市役所 東館1階 じょうほうひろば (10時から12時、13時から15時)

休業日:市役所の閉庁日

豊橋市美術博物館 (9時から17時)

休館日:月曜日・年末年始

販売料金

1枚 300円(税込)

吉田城御城印 吉田城と御城印

歴代城主のうち、池田氏、酒井氏、大河内氏の家紋を使用した3種類があります。

勢いや躍動感のある文字は、豊橋のデザイン書道家 鈴木愛さんが手掛けました。

御朱印集めが趣味の方、全国のお城ファンの方、吉田城に訪れたことのない方、ぜひお越しください!

酒井氏の家紋入りの御城印は売り切れ中です。

 

豊橋ハリストス正教会

豊橋ハリストス正教会の写真

大正2年(1913年)に建てられたロシア正教の教会です。ビザンチン様式の白亜の聖堂には多くの美術工芸品やイコン(聖像画)が保存されています。

▼八町通(市電・市役所前下車)

 

[イラストマップ]  [豊橋のにぎわい-INDEX]

 

瓜郷遺跡

瓜郷遺跡の写真

約2,000年前の竪穴式住居跡が豊川河口にほど近い瓜郷にあります(1953年に国の史跡に認定)。弥生時代中期から古墳時代初期までの集落で、豊川沖積地の湿地を利用した水田が開かれていたと考えられ、標識遺跡として貴重な存在です。弥生時代の出土品と5分の1の復元住居が豊橋市美術博物館に収蔵・展示されています。

▼瓜郷町寄道地内(JR飯田線下地駅下車・徒歩10分)

 

[イラストマップ]  [豊橋のにぎわい-INDEX]