本文へ移動
メニューへ移動
地産地消の取り組み
 農業産出額が全国トップクラスである豊橋市では、野菜や果物も季節に応じて様々な種類が生産されています。こうした豊橋産の農産物を地元で利用すること(地産地消)は、
  • 地域農業の活性化に貢献できる
  • 新鮮で安心・安全な農産物が手に入る
  • 地域に育つ食品は、地域の人に体に合う
  • 輸送にかかる燃料が少なくなり、環境にやさしい
などのメリットがあると言われています。

 そのような観点から、市民の皆さまに地元農産物に親しむ機会を提供しています。

豊橋市地産地消推進指針

要綱yoko.pdf( 437KB )

補足資料hosoku.pdf( 1706KB )

  • 「調理場だより」について

調理場だよりは、食育推進活動の一環として、調理場が毎月発行し、市内小中学校に配布されています。

児童生徒に給食に使用される豊橋産農産物を紹介し、生産者の苦労や工夫などを伝えることで

食材への興味や生産者の方への感謝の気持ちを育むこと、

地域農業への関心を育むことを目的として農産物の紹介をしています。

掲載月 農産物 調理場だより 
 令和2年5月  ミニトマト May_minitomato.pdf( 393KB ) 
 令和2年6月  トマト June_tomato.pdf( 704KB ) 
 令和2年9月  とうがん September_togan.pdf( 215KB ) 
令和2年11月  柿   November_kaki.pdf( 440KB )

 調理場だより問合先:保健給食課☎0532-51-2835