本文へ移動
メニューへ移動
豊橋市資源化センター/FAQ

豊橋市資源化センター

新型コロナウイルス感染予防について

 資源化センターにおけるごみの持込み時には、受付から荷降ろしまでに「多数の職員との会話や接近」と「不特定の方との接触機会」があります。ご利用の際は、マスクの着用にご協力をお願いいたします。

 引っ越しや掃除などで多量に出たごみやお急ぎの場合は、資源化センターをご利用ください。なお、資源化センターで受け入れているごみは、「大きなごみ」「こわすごみ」「もやすごみ」「危険ごみ」です。



FAQ
Q 資源化センターには、家庭から出たごみを直接持ち込むことができますか?
A 月曜日から金曜日の午前9時より正午までと午後1時から午後4時までの間で自己搬入することができます(祝休日を除きます)。
  搬入できるごみは、「もやすごみ」と「大きなごみ」、「危険ごみ」、「こわすごみ」の搬入ができます。

Q 家庭から出たごみを土曜日・日曜日に持ち込むことができますか?
A 土曜日は休みです。日曜日は、月曜日から金曜日(祝休日を除きます)に予約受付された「大きなごみ」のみ搬入できます。予約受付は、資源化センターにて平日の午前8時30分から午後5時までの間で予約受付をしています。
 受付電話番号 0532-46-5304

Q 家庭から出た大きなごみを資源化センターに持ち込むにはどうしたらよいのですか?
A 月曜日から金曜日の午前9時より正午までと午後1時から午後4時までの間で自己搬入することができます(祝休日を除きます)。また、日曜日は、月曜日から金曜日(祝休日を除きます)に予約受付された「大きなごみ」のみ搬入できます。予約受付は、資源化センターにて平日の午前8時30分から午後5時までの間で先着順にて電話受付をしています。
 なお、受付状況によっては、当日の混雑を考慮して予約を制限する場合があります。その場合、翌週以降のご案内となります。

Q 商売で出たごみは資源化センターで処理してもらえますか?
A 事業所のごみは自己処理が原則ですが、自己処理が困難な場合には、市の許可を取得してから紙くず・木くず・繊維くず等について搬入することができます。許可については、廃棄物対策課(0532-51-2410)にお問合せください。

Q 資源化センターで、受入ができないごみがありますか?
A 下記のものにつきましては、受入ができません。
区分 名称
資源 びん・カン、ペットボトル、古紙、布類
うめるごみ 陶磁器類、レンガ、ブロック類、ガラス類
処理困難物 タイヤ、バッテリー、消火器、プロパンガスボンベ、廃油、灯油、塗料、シンナー、農薬、劇物、バイク、自動車、ピアノ、船舶
家電4品目 テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン

ごみの処理方法は、こちらをご参照ください。


Q 資源化センターの見学はどうすればできますか?
A 希望日時を電話で予約してください。先着順で受付をしますので、日時が重複している場合は、予約できない場合がありますので、ご了承ください。
見学時間並びに予約受付は月曜日から金曜日(祝休日除く)午前8時30分から正午までと午後1時から午後5時15分までの間です。

※「新型コロナウイルス感染症」の影響により当面の間、当施設への見学受付は中止します。

 

Q 新しい焼却炉ではダイオキシンの排出はどのくらいですか?
A 平成25年7月、8月に実施したダイオキシン類濃度測定では、本市が指定した国の基準の10分の1である0.01ng-TEQ/m3N以下を大きく下回り1号炉で0.0000020ng-TEQ/m3N、2号炉で0.0000011ng-TEQ/m3Nでした。

Q 新しい焼却炉を造るのにいくらお金がかかりましたか?
A 事業全体で約181億円です。焼却施設(200t/日2炉)と再利用施設(粗大ごみ処理施設)(70t/5h)の建設費は約179億円です。

Q 新しい焼却炉で選別回収された鉄・アルミはどうしていますか?
A もやすごみに混入された鉄やアルミは、約450度の温度で1時間かけて蒸し焼きにされます。その後磁選機で鉄を回収し、アルミ選別機でアルミを回収しますが、酸化せず付加価値の高い状態で回収されるため地元の金属回収業者に売却しています。

Q 新しい焼却炉では、燃やした灰は出ないというのは本当ですか?
A ごみの灰分は、1300度という高温で燃焼するため、溶けてスラグ溶融固化物になります。このスラグは、ガラス質の砂状になるため土木資材の砂の代わりに有効利用ができます。このため、一般的にいわれる焼却灰は出ません。

Q 焼却炉では廃熱を利用して蒸気を作っているそうですが、その蒸気はどのように使われますか?
A 廃熱を利用して発生した蒸気は、蒸気タービンにより発電を行います。また、昭和55年より蒸気を供給している隣接の温室団地へ引き続き加温用蒸気を供給しています。場内の給湯などにも利用しています。
 また、平成19年10月にオープンした「りすぱ豊橋」にも温水プールやお風呂に利用するため蒸気を供給しています。

Q 新しい焼却炉は、発電設備がありますか、また発電した電気はどうしますか?
A 8700kWのタービン発電機を設置しています。発生した電気は場内で使用し、あまった電気は電気事業者に売却します。