本文へ移動
メニューへ移動
豊橋市男女共同参画推進条例解説2

2 条文と解説(1)

名称

豊橋市男女共同参画推進条例

 〔解説〕
 この条例は、男女が家庭、職場、学校、地域、その他の社会のあらゆる分野において、 対等なパートナーとして共に参画することができる男女共同参画社会の形成に寄与する ことを目的としています。また、そのために男女共同参画の推進に関して、基本理念や それぞれの役割、市の基本的施策等を示し、推進の姿勢を明らかにしています。こうし た視点から、「男女共同参画推進条例」としました。

<目次へ戻る>

前文

我が国では、日本国憲法で個人の尊重と法の下の平等がうたわれ、男女共同参画社会の実現に向けては、男女共同参画社会基本法の制定をはじめ、法律や制度が次第に整備されてきた。
 豊橋市においても、男女共同参画行動計画の策定や女性会館の開館など男女共同参画社会実現のための様々な取組を行ってきたが、今もなお、性別による固定的な役割分担等を背景とした課題が残されている。
 こうした状況の下、これからの少子高齢社会の進展や家族形態の多様化などを展望したとき、男女が性別にかかわりなく、人として尊重され、個性と能力を十分に発揮することができるとともに、多様な生き方を認め合い、社会の対等な構成員としてあらゆる分野における活動に参画できる男女共同参画社会の実現は、重要な課題である。
 そこで、市、市民、事業主、市民活動団体等が協働して、男女共同参画社会の形成に関する取組を一貫性を持って総合的、計画的に推進し、男女がいきいきと暮らせるまちづくりに資するため、この条例を制定する。

 〔解説〕
 前文は、豊橋市の男女共同参画推進に関する取組や現状についての認識、男女共同参画社会実現の意義を踏まえ、市、市民、事業主、市民活動団体等が協働して、男女がいきいきと暮らせるまちづくりに取り組んでいこうという趣旨を明示しました。

<次のページへ>