本文へ移動
メニューへ移動
最近の話題 -2009年8月の記事-

最近の話題

  08月27日
  08月26日
  08月26日
  08月21日
  08月20日
  08月17日
  08月14日
  08月13日
  08月12日
  08月05日
  08月04日
  08月04日

08月27日 防災ポスター市長賞表彰式が行われました ▲TOP
08月27日画像

8月26日(水)、防災ポスター市長賞表彰式が行われました。市長賞に選ばれた岩田小学校4年生の福島悠人くん、吉田方小学校5年生の安藤涼太くん、東田小学校6年生の神谷有紀さんに消防長から表彰状と記念品が手渡されました。
福島悠人くんは「色を塗るところが大変だった。」、安藤涼太くんは「地震が起きたときには落ち着いて地震速報を聞きたい。」、神谷有紀さんは「地震速報の後の津波にも注意しようという思いを込めた。」と話していました。
入賞作品展:こども未来館「ここにこ」で8月29日(土)~9月3日(木)に開催。

08月26日 保健センター等関連施設愛称は「ほいっぷ」に決定しました ▲TOP
08月26日画像

保健センター等関連施設のゾーン全体の愛称は193点の応募の中から「ほいっぷ」に決定しました。
「ほいっぷ」の「ほ」は保健の「ほ」、「い」は医療の「い」、「ぷ」は福祉の「ふ(ぷ)」という意味が込められています。
8月26日(水)、最優秀賞「ほいっぷ」考案者の鈴木晴代さん、優秀賞「ライフスクエア豊橋」考案者の羽田野清光さんには、佐原光一市長から賞状と記念品が手渡されました。
市長は「施設は来年の4月にオープン予定で、市民に親しまれるような愛称がほしかった。最優秀賞は語感と言葉の意味から選ばせてもらった。愛称にふさわしい施設にしていきたい。」と述べました。

08月26日 三河湾明海地区産業基地運営自治会から学用品が寄附されました ▲TOP
08月26日画像その2

8月26日(水)、三河湾明海地区産業基地運営自治会(79社加盟)から大崎・老津・杉山の各小学校に図書券やノートなど学用品が寄附されました。
坂神正一自治会長は「みんなで話し合い寄附を続けることに決めた。子どもたちのために役立ててほしい。」と述べ、加藤正俊教育長は「昨今の不景気の中で寄附は厳しかったと思う。35回という長きにわたって寄附をくださり、とても感謝している。」と感謝の言葉を述べました。
贈答品は大崎小学校では明海文庫、老津小学校では学級文庫の月刊誌、杉山小学校では読み聞かせボランティアで使う本の購入などに充てられます。

08月21日 ボーイスカウト豊橋地区協議会隊員が「菊スカウト章」受章を市長に報告しました ▲TOP
08月21日画像

「菊スカウト章」を受章したのは、市内の中学3年生12名(高橋龍平くん、吉田暁くん、杢野彰俊くん、村田拓哉くん、三浦弦太くん、柴田将人くん、杉浦悠介くん、高橋瞭くん、三吉文康くん、白井智啓くん、竹中朗人くん、永井利幸くん)で、8月21日(金)市役所東123会議室で名誉協議会長である市長に報告しました。
隊員は市長に「これまでの活動を通して『備えよ常に』の精神や仲間と協力することの大切さを学んだ」と話し、市長は隊員に「ボーイスカウトで学んだことを今後の人生に役立ててほしい」と激励の言葉を述べました。
菊スカウト章とは、初級スカウト章、2級スカウト章、1級スカウト章を履修し終えたボーイスカウト隊の一番上の章です。

08月20日 こども未来館で「岡野薫子作品展」を開催しています ▲TOP
08月20日画像

こども未来館「ここにこ」では8月31日(月)まで「岡野薫子作品展」を開催しています。
会場の企画展示室には、小学校6年生の国語教科書に掲載されている「桃花片」の作者で知られる岡野薫子さんの手書きの原稿、さしえ下図、スクラッチのさしえ、かみしばいの原画などが展示されています。
なお、8月23日(日)午後1時30分から岡野薫子さんによる講演会があります。

08月17日 「二川宿のまち並みを光で飾ろう」が行われました ▲TOP
08月17日画像

8月13日(木)から15日(土)までの3日間、二川宿の旧街道沿い(二川町字中町から東町)で竹灯篭などにより、歴史的なまち並みの光の演出が行われました。
 この取り組みは、旧街道沿いなどの住民により組織された「‘二川宿’まちづくり会」が初めて行ったもので、約100世帯が参加しました。
夕刻の7時頃にロウソクの火が灯り出すと、歴史的なまち並みの軒下や格子が優しい光で浮かび上がり、幻想的な雰囲気を醸し出し、道行く人の目を楽しませていました。

08月14日 ナイトガーデンが行われました ▲TOP ▼詳細
08月14日画像

豊橋総合動植物公園で8月8日(土)、8月9日(日)に毎年恒例のナイトガーデンが行われました。このイベントは普段楽しむことのできないライトアップされた夜の「のんほいパーク」を楽しめるということで、多くの家族連れで賑わいました。 6種類の遊具が乗り放題なのに加え、「夜咲き植物観賞会」など様々なイベントを楽しむことができます。
このイベントは15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)にも行われます。なお、雨天の場合は中止になります。
「詳細」をクリックすると、のんほいパークのトップページへ移動します。

08月13日 「葉っぱに乗ってみませんか」が行われました ▲TOP ▼詳細
08月13日画像

豊橋総合動植物公園の遊園地内「こども汽車の池」で8月9日(日)にイベント「葉っぱに乗ってみませんか」が行われました。このイベントは、葉の直径が1m以上になるパラグアイオニバスという植物の葉の上に、体重15kg以下のお子さんに乗ってもらうというものです(先着100人)。不思議そうに葉っぱに乗って浮かんでいる子、怖がって泣いてしまう子などをお父さん、お母さんが一生懸命写真に撮っていました。このイベントは8月16日(日)、23日(日)、30日(日)にも行われます(天候、葉の生育状況により中止する場合があります)。
「詳細」をクリックすると、のんほいパークのトップページへ移動します。

08月12日 ホッキョクグマに氷のプレゼント ▲TOP ▼詳細
08月12日画像

豊橋総合動植物公園で8月9日(日)にホッキョクグマへ氷のプレゼントがありました。大好物のアジが入った氷にかぶりつく姿に、見ているお客さんも大興奮でした。この氷のプレゼントは8月13日(木)、15日(土)、23日(日)にも行われます(天候、動物の体調等により変更または中止する場合があります)

08月05日 「市長さんと語ろう会」が行われました ▲TOP
08月05日画像

8月3日(月)、市役所講堂で「市長さんと語ろう会」が行われました。市内23校の中学2年生男女各23人が集まり、「ぼく・わたしの一歩が学校を変える!!~今、自分ができること・したいこと~」をテーマに市長と語り合いました。
今年で16回目となるこの会も、佐原市長としては初めてとなった今回。「ボランティア」「集め活動」「環境に配慮した活動」など、学校・地域との関わりを考えながら、生徒一人ひとりが考え、意見を述べました。
自分の意見を語り、他の生徒の意見もしっかり聞く生徒たちの様子に、市長をはじめ出席者も一様に感心していました。

08月04日 「緑のカーテンで収穫したゴーヤ」を配布しました ▲TOP
08月04日画像

8月4日(火)午後1時から市役所東館1階ロビーで、「緑のカーテン」で収穫したゴーヤの配布を行いました。
このゴーヤは地球温暖化対策の一環として取り組んでいる「緑のカーテン」のうち、市役所西館で収穫した83本のゴーヤで、配布開始から約1時間ですべて配られました。
市では今後も8月25日までの毎週火曜日、午後1時から一人1本、先着順で配布する予定です。

08月04日 「ターナーから印象派へ」展で1万人目の入場者! ▲TOP
08月04日画像その2

豊橋市美術博物館で開催中の「ターナーから印象派へ」展の入場者が8月4日(火)、1万人を突破しました。開幕から28日目の達成で、1万人目となった三重県鈴鹿市の今村直子さん(58歳主婦)には展覧会図録と額入りのターナーの複製画、英国の紅茶とジャムが贈られました。
この「ターナーから印象派へ」展は8月16日(日)まで開催し、7日と14日の金曜日には午後8時までの夜間開館を行い、午後5時以降は団体料金と同額の割引観覧料で入場できます。