本文へ移動
メニューへ移動
最近の話題 -2010年10月の記事-

最近の話題


10月18日 「こども未来館テーマソング」ができました ▲TOP
10月18日画像

10月17日(日曜日)、豊橋まつりの開催にあわせて、こども未来館「ここにこ」でテーマソングが披露されました。
このテーマソングは、こども未来館を身近に感じていただき、いつまでも愛され続けるように全国から公募した236点の中から選ばれた、志村貴子さん(豊川市在住)の歌詞にNHK「忍たま乱太郎」の作曲者である馬飼野康二氏(豊橋市出身)が曲を付けたものです。
会場には豊橋ふるさと大使の松平健さん(俳優)や牧野圭一さん(漫画家)の姿もあり、大勢の人たちの前で、豊橋少年少女合唱団の合唱に続き、市内松葉小学校、くるみ保育園、松葉保育園、花園幼稚園の子どもたちが元気いっぱいに歌いました。

10月18日 豊橋まつりが開催されました ▲TOP
10月18日画像その2

10月16日(土曜日)・17日(日曜日)に第56回「豊橋まつり」が開催されました。恒例の「ええじゃないか豊橋ダンスコンテスト」「総おどり」「ええじゃないか豊橋パレカ」などのほか、今年から初めて「こども総おどり」「まつりフィナーレ」も開催されました。
晴天に恵まれた今年の「豊橋まつり」には、2日間で昨年より約5万人多い、約54万人もの人たちが参加して、まつりを盛り上げてくれました。写真は「まつりフィナーレ」です。

10月17日 豊橋自然史博物館で来館者1000万人達成セレモニーがありました。 ▲TOP
10月17日画像

10月11日(月曜日)、豊橋総合動植物公園のんほいパーク内の自然史博物館が、昭和63年5月の開館以来、来館者1000万人を達成しました。
当日は晴天に恵まれ、多くの来館者で賑わっていましたが、午前11時頃、半田市から訪れた眞玉橋優斗君(まだんばしゆうと:6歳)親子4人に表彰状や化石や恐竜模型など記念品が贈られました。
1000万人目となった優斗君は「恐竜が大好きで前から来たいと思っていました。はじめて来た日にラッキーだった。また来たいと思います。」と嬉しそうに感想を述べていました。

10月06日 豊橋特別ふるさと大使の松井守男氏が豊橋市役所を訪問しました ▲TOP
10月06日画像

10月6日(水曜日)、豊橋特別ふるさと大使の松井守男氏が、コルシカ島テレビ局の番組撮影及び、現在制作中の作品「豊川海軍工廠」の経過報告のため豊橋市役所を訪問しました。
市役所市民ホールで約2.15×10メートルの作品が披露され、多くの来庁者や市職員が集まるなか、松井守男氏から佐原光一豊橋市長らに作品について紹介されました。

10月06日 F1レーサーの山本左近選手が トークショーとサイン会を行いました ▲TOP
10月06日画像その2

9月30日(木曜日)、豊橋市出身のF1レーサー山本左近選手が、豊橋駅でトークショーとサイン会を行いました。会場にはたくさんの地元ファンと共に佐原光一豊橋市長やミスみなと・港の女王の平田理恵さんも応援に訪れました。山本選手はトークショーで、10月に鈴鹿サーキットで行われるF1日本グランプリに向けた力強いメッセージを語り、ファンも大きな声援を送っていました。

10月04日 とよはしサイクルフェスタ2010 ~サイクル・エコ・ライフ~が開催されました ▲TOP
10月04日画像

10月3日(日曜日)に豊橋競輪場で「とよはしサイクルフェスタ2010 ~サイクル・エコ・ライフ~」が行われました。このイベントは、自転車を通じて幅広い年齢層の方々が楽しめるイベントで、内容はおもしろ自転車やスポーツバイク試乗会、バンク内で行うタイムトライアル、子ども自転車教室、地元競輪選手による競輪競技デモンストレーション(模擬レース)、BMXなどによる曲乗りショーなど多岐にわたり、大勢の家族連れで賑わいました。

10月02日 豊橋まつりに向けて、ボランティアによる「草刈り・ゴミ拾い」を行いました ▲TOP
10月02日画像

10月2日(土曜日)、豊橋まつり(16日・17日開催)でお客様を気持ち良く迎えるため、豊橋市役所、愛知県東三河建設事務所、豊橋鉄道株式会社、豊橋商工会議所、とよはし市電を愛する会の5団体から約250人が参加し、駅前大通り、大橋通り、札木通りなど中心市街地の幹線道路で「草刈り・ゴミ拾い」を行いました。
2時間程度の作業で、植栽マスや植樹帯から集まったゴミは、ゴミ袋にして150個以上、約6トンとなり、初めて実施したボランティアによる「草刈り・ゴミ拾い」として大きな成果をあげました。