本文へ移動
メニューへ移動
最近の話題 -2011年9月の記事-

最近の話題


09月23日 自然史博物館で大型映像リニューアルオープニング式典が行われました ▲TOP ▼詳細
09月23日画像

9月23日(祝)に豊橋総合動植物公園の自然史博物館で、大型映像リニューアルオープニング式典が行われました。従来よりも明るく、鮮明で、美しい映像で上映される大型映像。新番組「シーレックス よみがえる巨大海竜」の上映が、佐原光一豊橋市長の合図によりスタートしました。なお、大型映像の観覧者先着3,000人には、「シーレックス立体3Dカード」がプレゼントされます。

09月20日 アジアゾウ(アーシャー)が無事出産しました ▲TOP ▼詳細
09月20日画像

のんほいパークで妊娠が確認され、出産を待ちわびていたアジアゾウのアーシャーが、9 月17日(土)午前0時30分、無事出産をしました。性別は雌で体重90.5キログラム、体高93センチでした。現在、母子ともに健康上の問題はなく、経過観察を続けています。赤ちゃん象の一般公開は未定ですが、決定しだいホームページや広報紙でお知らせします。

09月17日 「530(ゴミゼロ)のまち環境フェスタ」を開催しました ▲TOP
09月17日画像

9月17日(土)、市役所と豊橋公園で「530のまち環境フェスタ」を開催しました。
市役所では、こども電動収集車でのごみ収集体験や簡易水質測定コーナー、リサイクル自転車の抽選会などが行われ、大勢の人で賑わいました。
また、豊橋公園では衣料品・おもちゃなどのフリーマーケットが開催され、地球環境やごみ減量について理解を深める一日となりました。
(写真は、簡易水質測定を体験するようす)

09月09日 オリジナルナンバー(新課税標識)の交付を開始しました ▲TOP
09月09日画像

9月9日(金)資産税課で、豊橋市のマスコットキャラクター「トヨッキー」の図柄を盛り込んだ新課税標識(オリジナルナンバー)の交付を開始しました。交付する課税標識(ナンバープレート)の種類は、50cc以下(白色)、90cc以下(薄黄色)、125cc以下(薄桃色)、小型特殊自動車(薄緑色)、ミニカー(薄青色)で、8時30分から行った抽選により、それぞれのナンバーを交付しました。

09月02日 9月3日(土)から三遠南信文化交流展「黄金の世紀」を開催しています ▲TOP
09月02日画像

9月2日(金)豊橋市美術博物館で、「三遠南信文化交流展「黄金の世紀」-馬越長火塚古墳とその時代-」の会場式を行いました。
出席した佐原市長は、挨拶で「展示品をとおして当時の人々の生活やその時代のロマンを感じ、想いを馳せていただきたい。多くの方に観に来ていただけることを期待します。」と語りました。

この企画展は、10月16日(日)まで開催しています。

09月02日 防災の日に「総合防災訓練」が行われました ▲TOP
09月02日画像その2

9月1日(木)、新西浜町の豊川浄化センター西広場をメイン会場に市内各所で総合防災訓練が行われ、消防、陸上自衛隊、豊橋市自治連合会など関係機関85団体、約1,900人が参加しました。
訓練は、「東海・東南海地震を超える大規模地震が発生し、豊橋市で震度6強を観測。愛知県外海と伊勢・三河湾に大津波警報が発令された」という想定で実施されました。
メイン会場では、応急救護所の開設のほか水没家屋からの救出など、東日本大震災の大津波被害を教訓にした訓練にも力が注がれ、迅速・的確な応急活動の確認がなされました。

09月01日 8月30日(火)、「西郷校区地域懇談会」が西郷校区市民館で行われました ▲TOP
09月01日画像

今回の懇談会では「防災対策について」「下水道の整備促進について」「地域交通の確保について」「高齢者が利用しやすい医療・福祉、介護施設の適正配置について」の4項目が議題としてあげられました。西郷校区は、防災活動に関して非常に熱心に取り組んでいる地域で、防災についての多くの積極的な意見が出されました。また、豊橋市の最北端に位置する地域でのさまざまな事情について活発な議論がなされました。

09月05日 「いきいきフェスタ2011」が行われました ▲TOP
09月05日画像

8月21日(日)ライフポートとよはしで「いきいきフェスタ2011」が開催されました。
今年は「共に生きる」をテーマに、福祉施設やボランティア団体など約1,700人が運営に参加しました。
会場内には、手話や車いす試乗などの体験コーナーのほか、東日本大震災で被害を受けた障害者施設が出品するチャリティーバザーも開かれ、大勢の来場者でにぎわいました。