本文へ移動
メニューへ移動
最近の話題 -2012年6月の記事-

最近の話題

  06月25日
  06月25日
  06月18日
  06月15日
  06月12日
  06月11日
  06月07日
  06月04日
  06月04日

06月25日 豊橋市自治連合会創立60周年記念大会・定期大会が開催されました ▲TOP
06月25日画像

6月22日(金)に豊橋市公会堂で豊橋市自治連合会創立60周年記念大会・平成24年度定期大会が開催されました。
大会では創立60周年を記念して校区自治会長や自治連合会に率先協力した企業・個人に対し特別表彰や感謝状を贈呈したほか、平成24年度永年在職者78人及び退任者261人に感謝状を贈りました。この他、今年度の事業計画や自治会運営の透明化等を目指した24提言を報告しました。
また、創立60周年を記念した大会として、今回は豊橋ふるさと大使の杉田成道氏とエフエム豊橋の竹内宏和氏による記念講演トークショー「生涯現役!~人生を豊かに~」が行われ、楽しい会話と豊橋市の今昔写真などで会場を大いに盛り上げました。

06月25日 男女共同参画に関する絵手紙が展示されました ▲TOP ▼詳細
06月25日画像その2

6月23日から29日までの一週間は、内閣府が主唱する「男女共同参画週間」です。この週間にあわせて啓発を図るために男女共同参画に関する絵手紙を募集したところ、49点の応募がありました。
すべての応募作品や男女共同参画に関する資料などを、6月21日から28日まで市役所東館1階の市民ギャラリーで展示しています。
(「詳細」をクリックすると、男女共同参画週間のページへ移動します)

06月18日 岩西小学校で作った紙芝居が、ブラジルの学校で紹介されました ▲TOP
06月18日画像

ブラジル連邦共和国パラナ州パラナヴァイ市にあるカイーキ初等学校に、岩西小学校国際学級の子どもたちが作った紙芝居が届きました。日本の昔話をブラジルの友達に知ってもらいたいと、ポルトガル語に翻訳して作った作品です。
昨年度岩西小学校で研修したシルマ先生が、カイーキ初等学校の子どもたちに読み聞かせてくれました。ちょっぴりこわい話に、真剣に聞き入る子どもたちのようすが伝わってきました。

06月15日 牛川小学校で「ブドウ作り体験」が行われました ▲TOP
06月15日画像

6月15日、牛川小学校の3年生児童91人が、校区内にあるブドウ園(渡辺義道さん所有)で種なし巨峰の生育体験を行いました。
地域のブドウ農家の仕事について学ぶ、総合学習の一環と社会科学習を兼ねた実習で、毎年3年生が渡辺さんの協力によりブドウ作りを体験するものです。
今回は房作りのための「摘粒」で、照りつける太陽の下、児童たちは腕をいっぱいに伸ばし、「難しいけれど、楽しい」と一粒ずつ丁寧に切り取っていました。

06月12日 「文化人・芸能人の多才な美術展」の開場式を行いました ▲TOP
06月12日画像

6月12日(月)、美術博物館で「文化人・芸能人の多才な美術展」の開場式を行いました。
この美術展は、東日本大震災を支援するとともに、損傷した文化財の修復を行う文化財レスキュー事業を支援する、チャリティー企画として開催します。
開場式に出席した佐原市長は、挨拶で「この美術展を通して、ご来場した方たちが豊かで優しい気持ちになっていただけたらうれしい。」と語りました。
美術展は、6月24日(日)まで開催しています。

06月11日 リレー書道で「絆」深まる!パラナヴァイ日本語学校から習字作品が届きました ▲TOP
06月11日画像

ブラジル連邦共和国パラナ州パラナヴァイ市にあるパラナヴァイ日本語学校から習字作品が届きました。一人一筆ずつ書いて字を完成させる「リレー書道」の作品です。日本語学校で学ぶ子どもたちや保護者が、協力して書いてくれました。教育分野で友好提携を結んでいる豊橋市とパラナヴァイ市の絆もより深まりました。

06月07日 佐原市長・近田議長へ洋らんが贈呈されました ▲TOP
06月07日画像

6月7日、父の日を前に、豊橋市の父親を代表して佐原市長と近田議長へ、豊橋市花き園芸振興協議会の洋らん部会から洋らんが贈呈されました。
「日本一の洋らんグループを目指したい」との言葉に、佐原市長は「気持ちは同じ。協力していきましょう」と述べられました。

06月04日 泥に向かって元気にダイブ!賀茂小学校で「どろんこ体験と田植え」が開催されました ▲TOP
06月04日画像

6月4日(月)、賀茂小学校の全校児童(69人)が、賀茂っ子農園で、地域の方々の協力の下に、田んぼでのどろんこ遊びや田植えの体験学習を行いました。
田んぼに入った児童たちは最初、泥の感触と水の冷たさで「キャー」と悲鳴を上げていましたが、すぐに慣れて全身を泥だらけにして走り回り、歓声を上げていました。
どろんこ体験の後に5・6年生が手で植えた稲は、秋まで大切に育てられ、野外活動や調理実習で活用されます。

06月04日 総合動植物公園(のんほいパーク)来園者1,500万人達成! ▲TOP
06月04日画像その2

6月3日(日)、総合動植物公園は来場者数1,500万人を達成しました。
記念すべき1,500万人目の来場者は豊川市から来た澤萌花ちゃん。この日は、おとうさん、おかあさんとお友達と一緒にマーラ(赤ちゃんゾウ)を見に来ましたとのこと。
萌花ちゃんには佐原市長から花束と記念品が贈呈され、佐原市長は「良い思い出を残して帰ってもらえる、愛され楽しんでもらえる施設となるよう、これからも努力していきたい」とこれからの抱負を述べました。
(写真は澤萌花ちゃんとお母さんの澤和美さん、佐原市長)