本文へ移動
メニューへ移動
感染性胃腸炎はどうすれば予防できますか?

感染性胃腸炎はどうすれば予防できますか?

 感染予防にはこまめな手洗いが大切です。

  • 調理の前や調理中、食事の前、トイレの後などに液体石けんをよく泡立てて30秒以上こすり洗いし、流水で十分にすすぐ。
  • 手を洗った後は清潔なタオルかペーパータオルで手を拭き、共用のタオルは使用しない。
  • 食品は85~90℃で90秒以上十分に加熱する。野菜などは流水でよく洗浄する。

また、嘔吐・下痢の後は感染を広げないように適切に消毒処理しましょう。

関連情報

感染性胃腸炎

更新日:2017年12月8日

お問合わせ先

豊橋市保健所 健康政策課 感染症予防グループ 〒441-8539 愛知県豊橋市中野町字中原100番地
電話番号/0532-39-9104 FAX番号/0532-38-0780 E-mail/kenkouseisaku@city.toyohashi.lg.jp
(受付時間:8時30分~17時15分)