本文へ移動
メニューへ移動

環境政策課

環境政策課
環境政策課

新型コロナウイルス感染者やその疑いがある方のごみ・資源の出し方について

2020年4月30日

 家庭ごみ等の収集・処理は、市民の皆様の生活を維持するために必要不可欠なものです。

作業者が安全かつ安定的にごみの適正処理を行い、継続して業務を行えるよう引き続きご協力をお願いいたします。

 つきましては、ご家庭に新型コロナウイルスの感染者および感染の疑いがある(発熱等により体調が悪い等)方がいらっしゃる場合、ごみを持ち出していただく際は以下のとおりご対応ください。

 

1.ごみ袋に入れて密閉できるごみ≪ もやすごみ※1、生ごみ、 びん・カン、こわすごみ、危険ごみ、うめるごみ、布類※2

 ・以下の《ごみの捨て方》に沿って、「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりしばって封をする」「ごみを捨てた後は手を洗う」ことを心がけ、ごみステーションに持ち出してください。ごみの捨て方(空気を抜く写真入り)

 ※1 プラマークごみ、ペットボトルは、「もやすごみ」としてお出しください。

 ※2 物の表面に付いた新型コロナウイルスは、3日程度で感染力がなくなるとされています。

    「びん・カン」、「こわすごみ」、「危険ごみ」、「うめるごみ」などの不燃物や「布類」は、

    念のためご家庭で1週間程度保管してから、それぞれの分別区分でお出しください。

 

2.ごみ袋に入らない(入れない)ごみ≪「危険ごみ、こわすごみ、うめるごみ」の一部、古紙、大きなごみ≫

 ・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご家庭での保管が難しい場合や処分を急ぐ場合を除き、しばらくの間、  持ち出しはお控えいただきますようお願いいたします。

 

担当事務

ごみの減量・リサイクルの啓発、地域資源回収、530運動、生ごみ処理機購入貸出、大きなごみ証紙・高圧洗浄機貸出

カテゴリ一覧