本文へ移動
メニューへ移動
新型コロナウイルス感染症による豊橋市立学校の臨時休業の基準について

新型コロナウイルス感染症の学校内での感染拡大を防ぐため、豊橋市立の学校で児童生徒や教職員に新型コロナウイルスの感染が確認された場合の臨時休業(学級閉鎖、学年閉鎖、学校全体の臨時休業)の対応を以下の基準のとおり実施します。

臨時休業の基準

  1. 児童生徒や教職員の感染が判明したが、学校関係者の濃厚接触者特定のために時間がかかる場合
    →濃厚接触者特定のための調査に必要な期間、学校の全部または一部を臨時休業
  2. 調査の結果、「校内で感染が広がっている可能性が高い」場合
    →期間は5~7日程度を目安に、感染の把握状況、感染の拡大状況、児童生徒等への影響を踏まえ、以下の基準により臨時休業

学級閉鎖

以下のいずれかの状況にあてはまる場合

★感染経路が明らかに学校での活動と関連のない感染であり、発症日(無症状なら検体採取日)から2日間さかのぼっても登校していない感染者を除く

(1)同じクラス内に複数の児童生徒の感染が同時期に判明した場合★

学級閉鎖その1

(2)感染者が1名であっても、同じクラス内に風邪症状で欠席し、未受診の児童生徒が複数いる場合★

学級閉鎖その2

(3)1名の感染者が判明し、その感染者の学校内活動での濃厚接触者が複数いる場合

学級閉鎖その3

(4)その他、設置者が必要と判断した場合

学年閉鎖

複数の学級を閉鎖するなど、学年内で感染が広がっている可能性が高い場合

学年閉鎖

学校全体の臨時休業(休校)

複数の学年を閉鎖するなど、学校内で感染が広がっている可能性が高い場合