本文へ移動
メニューへ移動
国保年金課

国民健康保険税と後期高齢者医療保険料の賦課誤りにおける影響額の確定について

2021年11月24日

 令和3年8月31日に発表しました国民健康保険税と後期高齢者医療保険料の賦課誤りについて、調査が終了し金額等が確定しましたので公表します。

  ◆件数と影響額(確定)  ※年度別の内訳はこちらのファイルをご覧ください。

  【国民健康保険税】

    過少賦課 14件 484,100円  過大賦課 132件 5,476,900円

  【後期高齢者医療保険料】

    過少賦課   9件 123,600円  過大賦課 138件 3,095,700円

 調査は年度ごと順次実施し、調査が完了して賦課額が確定した国民健康保険税の全年度と後期高齢者医療保険料の令和2年度・3年度はすでに該当する方への個別の説明とお詫びは済んでいます。後期高齢者医療保険料の令和元年度以前分は今後の愛知県後期高齢者医療広域連合の賦課額の確定手続きを経て12月中旬に通知する予定です。

 改めて、ご迷惑とご心配をおかけした皆様に深くお詫び申し上げますとともに再発防止に取り組みます。

 

担当事務


国民健康保険の加入・脱退、国民健康保険税の課税、高額療養費支給、第三者行為求償、出産・葬祭費支給、国民年金の異動届・免除申請、年金の請求、国民健康保険諸統計、脳ドック等助成、後期高齢者医療保険料の徴収、福祉医療、各種申請の受付