本文へ移動
メニューへ移動
新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ
  ※このページの情報は公表時点の内容です。

新型コロナウイルス感染症の急拡大について (令和4年7月25日)

  昨日(7月24日)、本市の新型コロナウイルス新規感染者数は過去最多となる721人が確認されました。7月13日に200人となってから10日あまりで3.6倍となりました。まさに「感染急拡大」といえる状況であり、詳細は次のとおりです。

 

・愛知県では非常に感染力の強いオミクロン株BA.5系統への置きかわりが進んでいます。
・発症時には、発熱、喉の痛み、頭痛、倦怠感などが見受けられます。
・本市では、10歳未満、10代の感染者が多く、50歳未満が全体の83パーセントを占めています。
・7月20日時点の市立学校の学級閉鎖等の状況は19校(小学校15校・中学校4校)でした。
・7月に入り、市内の幼児教育・保育施設などで計4件のクラスターが発生しています。
・感染者の99%が軽症の自宅療養者でありますが(7月25日現在)、重症化リスクの高い方を中心に入院患者が増えています。
・感染者の急増により、休日や夜間の救急外来にも影響が出ています。

 

 私は、この感染急拡大の状況に非常に強い危機感を持っています。特に、家庭内での感染が拡大していることから、家庭内に持ち込まないよう、外出先や職場での感染症対策の徹底をお願いします。会食・飲食の際は、黙食を基本とし「マスク会食」を徹底するとともに、「あいスタ認証店」を利用するようにしてください。また、くれぐれも体調の悪い時は、保育園等への登園や児童クラブ、学校の活動への参加を控えてください。救急外来の負荷軽減のために、医療機関の受診は、なるべく平日の日中にお願いします。
 感染者数の増加により医療現場のひっ迫が目前となっています。社会経済活動の継続をしつつ医療提供体制を確保するためには、重症化リスクの高い方に感染させないことが重要です。市民・事業者の皆様におかれましては、基本的な感染症対策の徹底、積極的なワクチン接種の検討をお願いいたします。

令和4年7月25日
豊橋市長 浅井 由崇

第7波・感染急拡大の抑制に向けた感染症対策徹底について(令和4年7月13日)

 愛知県では、7月12日、今年2月以来となる6,000人を上回る新型コロナウイルス新規感染者が確認されました。また、稼働病床についても7月15日より「厳重警戒」レベルに当たる病床フェーズ2に引き上げられることになりました。
 本市においても、6月23日から新規感染者数が増加傾向に転じ、まさに「第7波」が到来したものと考えられます。7月7日以降は新規感染者が100人を超える日が続き、特に、園児や小学生などを中心に感染が急速に広がっており、同居の家族からの感染も増加しています。現時点では重症患者の報告はありませんが、今後、人の移動が活発となる夏休みやお盆を迎え、さらなる感染拡大の恐れがあることから、病床のひっ迫が危惧されます。
 市民、事業者の皆様におかれましては、今一度ご自身の感染症対策を振り返っていただき、社会経済活動との両立を図るため「感染しない、感染させない」という意識を強く持って、この第7波・感染急拡大の抑制に向けて感染症対策を徹底していただくようお願いします。

【市民・事業者の皆様に、特にお願いしたいこと】
〇十分な換気・マスクの正しい着用・手洗い・人と人との距離の確保・大声での会話の自粛など、基本的な感染症対策を改めて徹底してください。
〇体調がすぐれない方は、会食・行楽など、人が集まる場所への外出を控えてください。
〇マスクの着用に当たっては、熱中症に十分注意してください。
〇会食の際は、同一グループで同一テーブルに4人までを目安としてください。また、換気が十分な環境で、黙食を基本とし、マスク会食を徹底してください。
〇新型コロナワクチンの追加接種により、発症予防効果及び重症化予防効果は回復します。ワクチンの3回目接種がお済みでない方や4回目接種の対象となっている方は、積極的にワクチンを接種していただきますよう検討をお願いします。

令和4年7月13日
豊橋市長 浅井 由崇

大型連休に向けた感染防止対策徹底のお願い(令和4年4月22日)

 本市の新型コロナウイルス新規感染者数は、2月5日に453人の過去最多となった後、皆様のご協力により徐々に減少してきました。しかしながら、ここ数日は下げ止まりが見られ、第6波の収束には至っていません。地域によっては、既に新規感染者数が増加傾向に転じており、本市においても今後の感染再拡大に十分注意しなければなりません。
 特に、今月末から始まる大型連休では、多くの人が移動し、普段会わない人との交流機会が増え、感染リスクが高まることが予想されます。市民・事業者の皆様におかれましては、新型コロナウイルスに感染させない対策を徹底(※別紙(PDFファイル 127KB ))していただきますようお願い申し上げます。

【市民・事業者の皆様に、特にお願いしたいこと】
〇マスクの正しい着用・手洗い・換気の徹底・人と人との距離の確保・大声での会話の自粛など、基本的な感染防止対策をあらためて徹底してください。
〇会食の際は、同一グループで同一テーブルに4人までを目安とし、換気が十分な環境で食事をしてください。
〇体調がすぐれない方は、会食・行楽など、人が集まる場所への外出を控えてください。また、県をまたぐ移動をする場合には、特に基本的な感染防止対策を徹底してください。
〇ワクチン接種クーポン券を順次発送していますので、積極的にワクチンを接種していただきますようお願いします。

令和4年4月22日
豊橋市長 浅井 由崇

第6波の抑制に向けた感染防止対策のお願い(令和4年1月7日)※1月14日更新

今般の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、本日、政府において広島県、山口県及び沖縄県に対しまん延防止等重点措置の適用が決定されました。
本市では、約2か月の間、皆様のご協力により新型コロナウイルスの新規感染者数は低く抑えられていました。しかしながら、新規感染者数は1月6日に5名、本日10名と増加傾向に転じており、全国的にオミクロン株への置き換わりが進む中、今後、市内における急速な感染拡大による第6波の襲来が強く懸念されます。
本市におきましては、第6波の抑制に向けて市民の皆様が安心して過ごせるよう、市役所一丸となって医療・療養体制や検査体制の確保などの取組を進めてまいります。ワクチン追加接種(3回目)については、接種券の発送スケジュールを前倒しした上で、市内医療機関における個別接種を実施するほか、集団接種を開設するなど、着実に進めてまいります。
市民・事業者の皆様におかれましては、以下の点に留意しつつ、これまで以上に基本的な感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

【市民・事業者の皆様に、特にお願いしたいこと】
○混雑した場所や感染リスクが高い場所は、避けて行動してください。
○適切な温度・湿度を保ちつつ、十分な換気を行ってください。
○成人式など各種行事においては、マスクの正しい着用や人と人との距離の確保
に努めるとともに、大声での会話、長時間の会食や過度な飲酒を控えるなど、
感染防止対策を徹底してください。
○会食の際は、同一グループで同一テーブルに4人までを目安にとし※、マスク会食を徹底してください。

(※1月15日からの愛知県「厳重警戒」に伴い、内容を変更をしました。)

令和4年1月7日
豊橋市長 浅井 由崇

年末年始における感染防止対策のお願い(令和3年12月23日)

 年末年始は、各種行事や帰省・旅行などにより、人々の移動が活発となり、新型コロナウイルス感染症の感染リスクが高まります。特に国内でも、オミクロン株の感染者が確認されるなど、予断を許さない状況にあります。市民・事業者の皆様には、以下の点に留意し、改めて基本的な感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

【市民・事業者の皆様に、特にお願いしたいこと】

○クリスマス、忘年会、新年会、成人式など各種行事においては、マスクの正しい着用や人と人との距離の確保に努めるとともに、大声での会話、長時間の会食や過度な飲酒を控えるなど、感染防止対策を徹底してください。
○初詣では、正月三が日を避ける「分散参拝」にご協力をお願いします。また、境内での混雑を避けてください。
○帰省・旅行等で、県をまたぐ移動をする場合には、基本的な感染防止対策を徹底してください。

令和3年12月23日
豊橋市長 浅井 由崇

  警戒領域への移行に伴う市民・事業者の皆様へのお願い(令和3年10月15日)

 愛知県独自の「厳重警戒措置」は、10月17日をもって解除されることとなり、10月18日から「警戒領域」に移行することとなりました。
  本市の新規感染者数は第5波のピーク時から大きく減少し、ワクチン接種も順調に進捗しているところです。今後は、必要な感染症対策を継続しながら、段階的に社会経済活動を回復させていくことが重要であると考えています。
 本市としましては、市民の皆様の安全安心を守るため、引き続き検査体制や医療提供体制を充実させていくとともに、コロナ禍により影響を受けている地域経済の活性化に向けた施策にも注力してまいります。
 1日も早く平穏な日常を取り戻せるよう、市役所一丸となって取り組んでまいりますので、今後も市民、事業者の皆様のご理解、ご協力をいただきますようお願いいたします。

【市民・事業者の皆様に、特にお願いしたいこと】
○厳重警戒措置は解除されましたが、引き続き、マスクの正しい着用、こまめな手洗い、換気の徹底、人と人との距離の確保、大声での会話の自粛など、基本的な感染症対策を徹底してください。
○10月31日はハロウィンですが、節度ある行動をとっていただき感染再拡大防止にご協力をお願いします。
○会食・飲食する際は、同居家族以外は「いつも近くにいる4人まで」、会話の際には「マスク会食」を徹底し、十分な感染症対策がとられている「ニューあいちスタンダード認証店」を利用してください。

【公共施設について】
○公共施設の利用時間を通常時の開館時間に戻します。

令和3年10月15日

豊橋市長 浅井 由崇

緊急事態宣言解除後における市民・事業者の皆様へのお願い(令和3年9月29日)

 本市及び愛知県におけるコロナ感染は落ち着いてきており、愛知県に発出されている緊急事態宣言は9月30日をもって解除されることとなりました。これに代わり、10月1日から17日までは、愛知県独自の厳重警戒措置が適用され、日常生活の回復を目指しつつも、飲食店等に対する営業時間の短縮などの感染症対策が継続されます。
 本市としましても、検査体制及び医療提供体制を引き続き確保するとともに、豊橋市医師会の協力のもと、陽性者または濃厚接触者となった妊婦に対する相談など、きめ細やかな対応にも力を入れてまいります。
 市民・事業者の皆様には、これまでも様々なご協力をいただいており、度重なるお願いで誠に恐縮ですが、安心な日常生活の回復に向けて、日々の感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

【市民・事業者の皆様に、特にお願いしたいこと】
○換気の徹底をお願いします。特に今後気温が下がりますが、窓の開放や換気扇によって十分な換気を行うようにしてください。
○マスクの正しい着用や、共用物に触った後、食事の前後、公共交通機関の利用後などの手洗い・手指消毒の徹底をお願いします。
○二度のワクチン接種を完了しても、感染することがあること、人に感染させるリスクもあることから、引き続き、基本的な感染防止策の実施をお願いいたします。
○飲食店を営む皆様には、県の実施する第三者認証制度「ニューあいちスタンダード」(通称「あいスタ」)の認証取得にご協力をお願いします。

【公共施設について】
○公共施設の利用時間を21時までにする等の変更を行います。

令和3年9月29日
豊橋市長 浅井 由崇

緊急事態宣言の発令を受けた市民・事業者の皆様へのお願い(令和3年8月26日)※9月10日更新

 政府は、8月27日から愛知県を含む8道県を緊急事態宣言の対象区域に加えることを決定しました。
 感染力が非常に強いデルタ株による感染が全国で拡大しています。8月20日には全国での1日あたりの新規感染者数が25,800人余りと過去最多を更新し、重症者数も増加するなど、全国各地で災害レベルの状況にあります。
 本市においても新規感染者数が急激に増加し、本日、過去最多となる111人が確認されました。これまでとは様相が明らかに変わってきており、強い危機感を持って対処していかなければならないと考えています。市としましても、まん延防止対策の徹底、医療提供体制の確保、そして、ワクチン接種の推進に一層力を注いでまいります。
 様々な制約を伴う生活が長期間にわたっており、市民・事業者の皆様に大変なご不便をおかけしております。重ねてのお願いで誠に恐縮ですが、今一度、日々の暮らしを点検されたうえ、基本的な感染防止対策を徹底していただきますようご協力をお願いいたします。

1 8月27日以降の主な対策について
○9月12日までの市が主催するイベントは、原則中止又は延期をします。(※緊急事態宣言の延長に伴い、「9月12日まで」から「9月30日まで」に期限を延長します。)
○9月12日までの公共施設の利用について、市民の皆様は延期又は中止などを改めてご検討ください。(※緊急事態宣言の延長に伴い、「9月12日まで」から「9月30日まで」に期限を延長します。)
○公園、広場等の使用承認等は、9月12日までの新規申込みの受付を中止します。 (※緊急事態宣言の延長に伴い、「9月12日まで」から「9月30日まで」に期限を延長します。)
○総合動植物公園におけるナイトZOOは、開催を取り止めます。
○市立学校においては、体調不良や感染への不安から登校を見合わせる場合の学習支援として、授業動画を配信できる体制を各学校で整えています。また、部活動は当面の間中止とします。
○市職員は在宅型テレワークや分散勤務等を積極的に行います。
○生活に必要な場合を除き、日中も含め、外出自粛へのご協力をお願いします。特に20時以降の不要不急の外出は控えてください。
○飲食店等の皆様には、さらなるご負担をおかけしますが、9月12日までの間、5時から20時までの営業時間の短縮にご協力ください。また、酒類の提供はお控えください。(※緊急事態宣言の延長に伴い、「9月12日まで」から「9月30日まで」に期限が延長されました。)

2 市民の皆様に特にお願いしたいこと
○マスクの正しい着用・こまめな手洗い・換気の徹底・人と人との距離の確保・大声での会話の自粛など、基本的な感染防止対策を徹底してください。
○人出の半減を目指して、外出の自粛を強くお願いします。
○会食時には、大声でしゃべったり、マスクなしで会話をすることで、感染リスクが高まります。会食はできる限り避けてください。特に、普段一緒にいない人との会食は控えてください。
○冷房時でも、窓開放や換気扇によって十分な換気を行ってください。
○2回のワクチン接種を完了しても、基本的な感染防止対策は引き続き行ってください。

3 その他
○市民の皆様が安心して生活できる社会を守るため、「コロナ禍からみんなで豊橋のまちを守る条例」の趣旨をご理解いただき、不当な差別的取扱い、誹謗中傷、プライバシーの侵害等をしないよう、新型コロナウイルス感染症の患者や家族、関係者等への格段の配慮をお願いします。

【参考:本市で発生している第5波の感染者の特徴】(7月21日~8月20日)
(1) 感染経路が不明である新規感染者が約半数を占めています。
(2) 活動が活発な20-40歳代の感染者が全体の58%を占めています。
(3) 友人・知人との会食や、感染拡大地域への旅行等により、ウイルスを家庭へ持ち帰り、感染が広がる例が多くなっています。

令和3年8月26日
豊橋市長 浅井 由崇

新型コロナウイルス感染症に関する市長緊急メッセージ(令和3年8月17日)

 県内において感染力の強いデルタ株がまん延していることもあり、8月17日(火曜日)、本市の新型コロナウイルス新規感染者は、過去最多の63人が確認されました。感染者数の増加はこれまでにない深刻な状況となっています。
 市民の皆様におかれましては、日頃より新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力いただいておりますが、本日の感染者数が急激に増えたため、ご心配される市民の方も多いと思います。そこで、本日の感染者の特徴などについてお知らせします。

【本日の感染者の特徴】
・感染経路不明が半数以上を占めています
・活動が活発な40歳代以下の感染者が全体の87%を占めています
・70歳以上の高齢者の感染は見られず、ワクチン接種の効果があったものと考えられます
・家族や知人との会食やバーベキュー、感染拡大地域への旅行
・緊急事態宣言、まん延防止等重点措置地域からの帰省や、これらの地域への帰省

 私は、これまでとは明らかに様相が変わってきていると感じており、強い危機感を抱いています。重ねてのお願いで誠に恐縮ですが、市民の皆様におかれましては、このような感染の特徴などを踏まえ、改めて、不要不急の外出を自粛していただくとともに、マスク・手洗い・アルコール消毒・三密の回避など基本的な感染防止対策を徹底していただき、人との接触を極力減らしていただきますよう、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

令和3年8月17日
豊橋市長 浅井 由崇

愛知県を対象とするまん延防止等重点措置を受けた市民・事業者の皆様へのお願い(令和3年8月6日)

 政府は、新型コロナウイルス感染症の拡大状況に鑑み、8月8日から愛知県をはじめとする8県を対象にまん延防止等重点措置の適用を決定しました。
 全国の1日当たりの新規感染者数が7月29日には初めて1万人を超えました。また、本市においても増加傾向にあり、8月5日時点の直近1週間当たりの新規感染者数が69人となっています。本市では、感染が拡大している地域との間における人の移動等を理由とする感染が確認されており、改めて、新型コロナウイルス感染症への警戒が必要です。

 旅行や帰省など人々の移動がより活発になる夏休みやお盆休みのこの時期が、感染拡大を抑えるための正念場となります。市民・事業者の皆様におかれましては、引き続き、基本的な感染防止対策を徹底していただくとともに、夏休みやお盆休み期間中の不要不急の旅行等は自粛をお願いします。

 長期にわたりご不便をおかけすることとなりますが、何卒ご理解とご協力をいただきますようお願いします。

1 8月8日以降の主な対策について
○生活に必要な場合を除き、日中も含め、外出自粛へのご協力をお願いします。特に21時以降の不要不急の外出は控えてください。
○飲食店等の皆様には、さらなるご負担をおかけしますが、8月8日から8月31日までの間、「5時から21時まで」の営業時間の短縮(酒類の提供は、21時に閉店できるよう、時間的余裕をもってオーダーストップ)にご協力ください。
○公共施設については、利用時間を21時までにする等の制限を継続します。

2 基本的な感染症対策について
○会食時には、大声でしゃべったり、マスクなしで会話をすることで、感染リスクが高まります。大人数や長時間におよぶ飲食や、普段一緒にいる人以外との会食はできるだけ避けましょう。
○事業者の皆様には、テレワークや時差出勤等の積極的な推進をお願いします。
○マスクの着用・こまめな手洗い・換気の徹底・人と人との距離の確保・大声での会話の自粛など、「基本的な感染防止対策」を徹底してください。
○冷房時でも、窓解放や換気扇によって換気を行ってください。
○県をまたぐ不要不急の移動の自粛をお願いします。
○2回のワクチン接種を完了しても、感染対策は引き続き行ってください。

3 その他
○市民の皆様が安心して生活できる社会を守るため、「コロナ禍からみんなで豊橋のまちを守る条例」の趣旨をご理解いただき、不当な差別的取扱い、誹謗中傷、プライバシーの侵害等をしないよう、新型コロナウイルス感染症の患者や家族、関係者等への格段の配慮をお願いします。

令和3年8月6日
豊橋市長 浅井 由崇

愛知県厳重警戒措置を受けた市民・事業者の皆様へのお願い(令和3年7月9日)

 愛知県を対象とするまん延防止等重点措置は、7月11日をもって解除されることになりましたが、翌12日からは、感染の再拡大を防ぐため愛知県独自の厳重警戒措置が実施されます。
 本市の新規感染者数は下げ止まりつつあり、一方で東京では再び新規感染者数が増加していることから、本市においても気を緩めれば一気に感染の再拡大が起こり得ます。今後、夏休みやお盆休みを迎え、旅行や帰省など人々の移動が活発となり感染リスクが高まることが予想されますので、本市においても、感染の再拡大を防ぐべく、これまでと同様の警戒と感染対策が必要です。
 市民・事業者の皆様におかれましては、引き続き、こまめな手洗い、換気の徹底、人と人の距離の確保などの基本的な感染防止対策を行い、「感染しない・感染させない」を徹底いただくとともに、厳重警戒措置等の取組にご協力をお願いします。長期にわたりご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願いします。

1 7月12日以降の主な対策について
○生活に必要な場合を除き、日中も含め、外出自粛へのご協力をお願いします。特に21時以降の不要不急の外出は控えてください。
○飲食店等の皆様には、さらなるご負担をおかけしますが、7月12日から8月11日までの間、「5時から21時まで」の営業時間の短縮(酒類の提供は、21時に閉店できるよう、時間的余裕をもってオーダーストップ)にご協力ください。
○公共施設の利用時間に係る変更を行います。

2 基本的な感染症対策について
○会食時には、大声でしゃべったり、マスクなしで会話をすることで、感染リスクが高まります。大人数や長時間におよぶ飲食や、普段一緒にいる人以外との会食はできるだけ避けましょう。
○事業者の皆様には、テレワークや時差出勤等の積極的な推進をお願いします。
○マスクの着用・こまめな手洗い・換気の徹底・人と人との距離の確保・大声での会話の自粛など、「基本的な感染防止対策」を徹底してください。
○夏休みやお盆休みを迎えるにあたり、不要不急の旅行や帰省など県外への移動の自粛をお願いします。また、感染リスクの高まる大人数等の宴会やパーティーも自粛をお願いします。
○2回のワクチン接種を完了しても、感染対策は引き続き行う必要があります。

3 その他
○市民の皆様が安心して生活できる社会を守るため、「コロナ禍からみんなで豊橋のまちを守る条例」の趣旨をご理解いただき、不当な差別的取扱い、誹謗中傷、プライバシーの侵害等をしないよう、新型コロナウイルス感染症の患者や家族、関係者等への格段の配慮をお願いします。

令和3年7月9日
豊橋市長 浅井 由崇

愛知県を対象とするまん延防止等重点措置を受けた市民・事業者の皆様へのお願い(令和3年6月18日)

 政府は、愛知県を含む9都道府県に対する緊急事態宣言を6月20日に解除するとともに、21日から、これら9都道府県のうち、愛知県、北海道、東京都、京都府、大阪府、兵庫県及び福岡県に対し、7月11日までの間、まん延防止等重点措置の適用を決定しました。
 本市においては、6月1日から16日までの間における人口10万人当たりの新規陽性者数の1週間に換算した合計人数が、26.5人と非常に高い状況にあることから、愛知県よりまん延防止等重点措置に係る措置区域に指定されることとなりました。これに伴い、感染症対策は一部緩和されますが、飲食店等に対する営業時間短縮要請などは継続されることとなります。
 本市の新規感染者数はなかなか減少しない状況にあります。感染防止対策が十分にできていない状況での、知人・友人とのバーベキューやホームパーティー、会食などが原因と考えられる患者が増加しておりますので、市民の皆様におかれましては、引き続き基本的な感染防止対策の徹底をお願いいたします。
 市民・事業者の皆様におかれましては、感染リスクの高い行動をお控えいただくとともに、感染症対策とワクチン接種にご協力いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

1 6月21日以降の主な対策について
○生活に必要な場合を除き、日中も含め、外出自粛へのご協力をお願いします。特に20時以降の不要不急の外出は控えてください。
○飲食店等の皆様には、さらなるご負担をおかけしますが、6月21日から7月11日までの間、引き続き「5時から20時まで」の営業時間の短縮にご協力ください。なお、別途、国から示される「一定の要件」を満たした店舗においてのみ酒類の提供が19時まで可能となりますので、適切なご対応をお願いします。
○公共施設の入場者数の制限に係る変更を行います 。

2 新型コロナウイルスワクチン接種について
〇65歳以上の方にはクーポン券を発送しました。関係医療機関の協力を得て、一部の医療機関では、平日の接種に加え、休日(土・日・祝日)でもワクチンを接種できるようになったほか、集団接種も開始しています。
○64歳以下の方には、クーポン券を6月下旬から順次発送できるよう準備を進めていますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いします。

3 基本的な感染症対策について
○会食時には、大声でしゃべったり、マスクなしで会話をすることで、感染リスクが高まります。大人数や長時間におよぶ飲食や、普段一緒にいる人以外との会食はできるだけ避けましょう。
○事業者の皆様には、テレワークや時差出勤等の積極的な推進をお願いします。
○マスクの着用・手指消毒・換気の徹底・人と人との距離の確保・大声での会話の自粛など、「基本的な感染防止対策」を徹底してください。
○不要不急の旅行や帰省など県外への移動の自粛をお願いします。

4 その他
○ワクチン接種を終えたとしても、誰もが新型コロナウイルスに感染する可能性をもっています。市民の皆様が安心して生活できる社会を守るため、「コロナ禍からみんなで豊橋のまちを守る条例」の趣旨をご理解いただき、不当な差別的取扱い、誹謗中傷、プライバシーの侵害等をしないよう、新型コロナウイルス感染症の患者や家族、関係者等への格段の配慮をお願いします。

令和3年6月18日
豊橋市長 浅井 由崇

緊急事態宣言の発令を受けた市民・事業者の皆様へのお願い(令和3年5月10日)※5月31日更新

 政府は、5月7日、東京都、大阪府、京都府及び兵庫県に対する緊急事態宣言の期間を延長するとともに、愛知県及び福岡県を緊急事態宣言の対象区域として加えることを決定しました。
 今回の緊急事態宣言では、飲食店等に対する休業要請又は営業時間短縮要請など感染症対策が強化されます。
 また、本市では、高齢者施設入所者から順次、新型コロナウイルスワクチン接種を進めており、今後、国からのワクチン供給に応じ、段階的にクーポン券を発送し、着実にワクチン接種を行ってまいります。
 市民・事業者の皆様におかれましても、ご家族、友人など皆様の大切な人を守るため、お一人おひとりがさらなる感染防止対策に取り組んでいただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

1 5月12日以降、強化される対策について
○生活に必要な場合を除き、日中も含め、外出自粛へのご協力をお願いします。特に20時以降の不要不急の外出は控えてください。
○飲食店等の皆様には、さらなるご負担をおかけしますが、5月12日から5月31日までの間、5時から20時までの営業時間の短縮に適切なご対応をお願いします。また、酒類の提供及びカラオケ設備の使用については、お控えください。(※「5月31日まで」から「6月20日まで」に期限が延長されました。)
○公共施設の閉館時間の繰り上げなどを行います 。(詳細については、こちらをご覧ください)
○市が主催するイベントについて、イベントの態様等に応じ、中止・延期を検討するほか、開催する場合には3密の回避等、感染症対策を徹底してまいります。

2 基本的な感染症対策について
○会食時には、大声でしゃべったり、マスクなしで会話をすることで、感染リスクが高まります。大人数や長時間におよぶ飲食や、普段一緒にいる人以外との会食はできるだけ避けましょう。
○事業者の皆様には、テレワークや時差出勤等の積極的な推進をお願いします。
○マスクの着用・手指消毒・換気の徹底・人と人との距離の確保・大声での会話の自粛など、「基本的な感染防止対策」を徹底してください。
○不要不急の旅行や帰省など県外への移動の自粛をお願いします。

3 新型コロナウイルスワクチン接種について
〇国のワクチン供給に合わせ、順次クーポン券を発送してまいりますので、積極的に接種していただくようお願いいたします。

【参考:本市で発生している感染者の特徴】

① 4月3日の第4波以降、特に20歳代の感染者の割合が高くなっており、全体の3割を超えている。
② 感染経路が特定できない感染者が全体の4割を超えており、知人・友人と外出・会食など、広い行動範囲の中で感染した可能性が考えられる。

令和3年5月10日
豊橋市長 浅井 由崇

愛知県を対象とするまん延防止等重点措置を受けた市民・事業者の皆様へのお願い(令和3年4月19日)

 政府は、4月1日に宮城県、大阪府及び兵庫県に、同月9日には東京都、京都府及び沖縄県にまん延防止等重点措置を適用したのに続き、16日に愛知県、埼玉県、千葉県及び神奈川県にも適用することを決定しました。
 本市においても、変異株による感染の発生や感染経路が不明な若年層の感染者の増加など、今後の感染拡大が危惧される状況です。市民・事業者の皆様におかれましては、ご不便をおかけしますが、一層の感染防止対策へのご理解とご協力をお願いいたします。

1 4月20日以降、強化される対策について
○生活に必要な場合を除き、日中も含め、外出の自粛をお願いします。特に21時以降の不要不急の外出は控えてください。
○飲食店等の皆様には、さらなるご負担をおかけしますが、4月20日から5月11日までの間、5時から21時までの営業時間の短縮(酒類の提供は、21時に閉店できるよう、時間的余裕をもってオーダーストップ)に適切なご対応をお願いします。
○公共施設の閉館時間の繰り上げなどを行います。 (詳細については、こちらをご覧ください)

2 基本的な感染症対策について
○会食時には、大声でしゃべったり、マスクなしで会話をすることで、感染リスクが高まります。大人数や長時間におよぶ飲食や、普段一緒にいる人以外との会食はできるだけ避けましょう。
○事業者の皆様には、テレワークや時差出勤等の積極的な推進をお願いします。
○マスクの着用・手指消毒・換気の徹底・人と人との距離の確保・大声での会話の自粛など、「基本的な感染防止対策」を徹底してください。
○歓送迎会、宴会などは自粛をお願いします。また、今後ゴールデンウィークを迎えますが、県をまたぐ旅行については控えていただきますようお願いします。

 

【参考:本市で発生している感染者の特徴】

① 4月以降、20歳代の感染者が全体の4割を超えている。(クラスターの感染者を除く。)
② 20歳代の感染者の7割は、感染経路が特定できないが、知人・友人と外出・会食などをしており、広い行動範囲の中で感染した可能性が考えられる。
③ 感染後の陽性判明前に、感染を広げた可能性がある感染者が多い。 

令和3年4月19日
豊橋市長 浅井 由崇