本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成30年度 文化・スポーツ部運営方針

平成30年度 文化・スポーツ部運営方針

文化・スポーツ部長からのメッセージ

文化・スポーツ部長 大林利光

文化・スポーツ部長 大林利光

(後列中央 陸上競技場にて)

 今年度より「文化・スポーツ部」として新たにスタートしました。市民の皆さまとともに考え、ともに創る文化・スポーツの力で、「まち」を元気にします。
 穂の国とよはし芸術劇場 での魅力あふれる舞台芸術の鑑賞や、市民の皆様の様々な文化活動を支援し活性化させることで、心豊かで創造的なまちづくりを推進します。

 また、ハイレベルなスポーツ大会の開催を支援し、スポーツを見て楽しむ機会の推進に取り組むことで、誰もがスポーツに親しみ、健康で明るい生活ができる「スポーツのまち」の実現を目指します。

「方針」と「取り組み」

1.「文化がみえるまちづくり」を進めます。

取り組み
内容
個性あふれる芸術文化の展開

 穂の国とよはし芸術劇場を中心に、本格的な舞台芸術公演から気軽に楽しめる作品まで、さまざまな公演をお届けするとともに、小・中学生らが本物の芸術を鑑賞・体験する機会をつくります。

市民と創造する演劇

市民と創造する演劇 

  • 高校生と創る演劇「滅びの子らに星の祈りを~Distopia before Utopia~」
  • 市民と創造する演劇「リア王(仮)」
  • 豊橋青少年オーケストラキャンプ
  • 学校鑑賞事業(名古屋フィルハーモニー交響楽団演奏会、劇団四季ファミリーミュージカルほか)
芸術文化活動の推進

 歌舞伎や文楽、伝統凧など地域の伝統文化の保存継承や文芸活動の活性化を図るなど、市民の主体的な芸術文化活動への支援を行います。

豊橋素人歌舞伎保存会

豊橋素人歌舞伎保存会 

 文化施設の在り方の検討 老朽化している市民文化会館の現状調査を行うとともに、文化施設の活用状況調査を実施し、今後の施設のあり方を検討します。

2.誰もがスポーツに親しみ、健康で豊かな生活ができるまちの実現を目指します。

取り組み
内容
スポーツ活動の推進   多くの人々がスポーツ活動に参加できるよう各種スポーツイベントを開催するとともに、本市内外に情報を発信します。
  • 穂の国・豊橋ハーフマラソン(ドイツ・ヴォルフスブルグ市とのマラソン交流)

    穂の国・豊橋ハーフマラソン

    穂の国・豊橋ハーフマラソン 

  • 豊橋みなとシティマラソン
  • FUN NIGHT RUN
  • 渥美半島駅伝競走大会
 総合型地域スポーツクラブの活動支援  地域スポーツの振興やコミュニティの活性化につながる総合型地域スポーツクラブの活動および新規設立を支援します。
 プロスポーツによるまちづくりの推進  豊橋市をホームタウンとするプロバスケットボールチーム「三遠ネオフェニックス」を支援し、「わがまちのバスケットボールチーム」として応援する気運を高めるように取り組みます。

三遠ネオフェニックス

三遠ネオフェニックス 

 新アリーナの検討  「多目的屋内施設を核としたまちづくり基本計画」の策定や、「新アリーナ」の建設・運営に関する民間提案募集を進めるなど、施設整備の可能性を検討します。 
2020東京オリンピック・パラリンピック合宿誘致

 市民にオリンピック・パラリンピックを身近に感じてもらうことにより、オリンピック・パラリンピックへの関心を喚起するとともに、スポーツに対する取組(気運)を促進します。

誘致対象国:ドイツ、リトアニア