本文にジャンプします
メニューにジャンプします

鳥インフルエンザ陽性事例の野鳥監視重点区域の解除について/野鳥との接し方・死亡野鳥の取り扱いについて

鳥インフルエンザ陽性事例の野鳥監視重点区域の解除について/野鳥との接し方・死亡野鳥の取り扱いについて

鳥インフルエンザ陽性事例の野鳥監視重点区域の解除について/野鳥との接し方・死亡野鳥の取り扱いについて

1.鳥インフルエンザ陽性事例の野鳥監視重点区域の解除について

 平成29年1月3日より本市内において環境省が指定していた鳥インフルエンザ陽性事例の野鳥監視重点区域について、隣接する蒲郡市での重点監視区域指定日である1月31日以降で特段の異常が認められないため、その45日後の平成29年3月17日24時をもって、環境省は本市内での野鳥監視重点区域の解除を行いましたので、お知らせします。

【経緯】
○平成29年1月3日、豊橋市内で発見・回収されたヒドリガモの死亡個体1羽について、鳥インフルエンザの検査を行ったところ、
 ・同年1月3日、愛知県による簡易検査で陽性
 ・同年1月13日、環境省の確認検査機関による確定検査で陽性
との報告。
○同年1月3日、環境省は当該回収地点の半径10km圏内を野鳥監視重点区域に指定。これにあわせ、国・県・市により注意喚起。
○同年1月31日、隣接する蒲郡市において発見・回収されたスズガモの死亡個体1羽について鳥インフルエンザの検査を行ったところ、愛知県による簡易検査で陽性。同日、環境省は当該回収地点の半径10km圏内を野鳥監視重点区域に指定。この区域の一部が豊橋市域に含まれた
○同年3月17日、本市内に関連する最後の感染確認個体の回収日(1月31日)以降、野鳥監視重点区域の監視において異常は認められていないことを踏まえ、環境省はこの回収日から45日後の3月17日24時をもって、今回の野鳥監視重点区域を解除

2.野鳥との接し方


日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

■野鳥のふんが靴の裏や車両につくことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づき過ぎないようにしてください。
 特に、靴でふんを踏まないよう十分注意し、必要に応じて消毒用エタノール等を使用して消毒を行ってください。

■不必要に野鳥を追いたてたり、捕まえようとするのは止めてください。



鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方ではヒトに感染しないと考えられています。正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いいたします。



3.野鳥の死骸を発見したら・・・

■鳥は生き物ですので、人と同じようにいつかは死んでしまいます。その原因も様々ですので、野鳥の死骸を発見したからといって、ただちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。

■野鳥の場合、エサが取れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられず死んでしまうこともあります。また、野鳥は、鳥インフルエンザだけでなく、様々なウイルスや細菌、寄生虫を持っている場合もあります。

■死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。もし処分のために移動させる場合は、ビニール袋を裏返しにして死亡個体を覆って封入してください。また、作業後はできるだけすみやかに手洗いとうがいを行ってください。

■豊橋市内の同じ場所において、見渡す限りで複数の野鳥が死亡していた場合は、下記までご連絡ください。

  連絡先:豊橋市環境部環境保全課 TEL 0532-51-2385

参考

「野鳥との接し方について」(平成22年12月4日 環境省)(PDF/66KB)
「国民の皆様へ(鳥インフルエンザについて)」(平成16年3月9日 環境省他)(PDF/14KB)