本文にジャンプします
メニューにジャンプします

2018年度報道発表資料

2018年度報道発表資料

キミからはじまるごみ分別、530運動!! 530運動環境協議会が保育園・幼稚園・こども園を訪問します(幼児環境教育の実施について)

2018年5月22日

とき


2018年5月28日月曜日から2018年9月25日火曜日まで

ところ(開催施設名)

豊橋市内の各保育園・幼稚園・こども園のうち希望のあったところ




目的

園児たちに環境意識を身につけてもらうため。

概要

ごみを分別する習慣や物を大切にする気持ち、ポイ捨てしない心など、環境やごみに対する意識付けは幼少期からの繰り返しの啓発が重要と考え、530運動環境協議会が実際に市内の保育園、幼稚園、こども園を訪問し、人形劇と特撮映像を通じて子どもたちに環境意識を身につけてもらうための取り組みです。
*動画視聴ページURL:https://www.youtube.com/watch?v=XAbyGTZS6Pc

イメージ

詳細

 幼児環境教育は530運動環境協議会が平成16年度より実施している取り組みで、希望の有った保育園、幼稚園、こども園を訪問し、劇や映像を通じて分かりやすく、楽しく、ごみの分別や減量、530運動について学んでもらいます。
実際に訪問した園からは
 ○子ども参加型だったので、関心を深めることが出来た。話の内容の中に、子ども達が考える場面もありよかった。(多数)
 ○とてもわかりやすい話し方や内容で、子どもたちも集中して参加でき、1歳児も集中して静かにみることができおどろいています。
 ○子どもたちだけではなく保育士も勉強になった。
 ○ヒーローが登場したり、三河弁やロケ地に親しみがあったりと子どもたちの興味もそそられ、クオリティーの高さにもびっくりで、大人も子どもも楽しめた。
など多くの反響をいただいています。
◆園児参加型人形劇
 保育士経験者をメインMCとしてお母さんが、元気くん(人形)と掛け合いで、時には子どもたちが前に出て実際にごみを分別しながら、みんなで一緒に「分別」や「出し方」について理解を深め、ゴミゴミおばけを退散させる物語。毎年、時々の話題を取り入れ、今回は生ごみバイオマスの話題を取り入れる予定です。
 
◆地域密着系サクセスストーリー型特撮映像
 ごみを分別する意識も知識もない青年がみんなの力をかりて、ごみや530運動を学び、「ゲコレンジャー」に変身後も、モンスターと戦いながら理解を深め、環境意識を身につける物語。ロケ地はすべて市内、台詞は三河弁満載と超地域密着型で、楽しみながら「分別ってカッコイイ」、「530ってカッコイイ」と感じてもらえる映像です。