本文へ移動
メニューへ移動
2018年度

地震発生時の安全確保に向けたブロック塀等の安全点検結果について

2018年7月13日


概要

豊橋市では、大阪府北部地震を震源とする地震を受け、公共施設の安全点検を実施し、6月29日(金)までの安全点検結果を公表しておりますが、新たに危険性が確認された施設について、発表します。


詳細

1 新たに危険性が確認された施設
(1)2施設
(2)危険性が確認された施設及びブロック塀の概要
  ・八町小学校(豊橋市八町通5丁目5)
   八町地域福祉センターとの境界に設置されているブロック塀
   長さ29m、高さ1.9m、壁の厚さ13cm、控え壁なし 
  ・東田小学校(豊橋市仁連木町15)
   官民境界に設置されているブロック塀
   長さ120m、高さ1.8m、壁の厚さ10cm、控え壁一部なし
2 今後の対策
  危険性が確認されたブロック塀は、、改修を計画
※詳細については、下段「報道発表資料」をご確認ください。

関連情報

参考情報