本文へ移動
メニューへ移動

予防課

予防課の画像

予防課

消防職員が高齢者世帯を訪問しました!

2019年3月4日

  豊橋市消防本部では、65歳以上の方を含む世帯を訪問し、自宅の防火アドバイスや自宅での転倒事故等を防ぐため「火災&救急予防診断」を実施しました。

 火災の発生しやすい時期に、消防職員、電力事業者、ガス事業者が希望者宅を一緒に訪問し、住宅火災死者の約7割を占め、家庭内でおきる転倒、転落、窒息や入浴中の事故などで重大なケガにつながりやすい高齢者を守ることを目的に行うものです。

 診断内容は、電気会社とガス会社の社員が漏電やガス漏れなどの危険性を点検、職員がコンセントや暖房器具などの周辺の環境や住宅用火災警報器や消火器の設置・維持管理状況を確認しました。また、電気コード等のつまづく原因となるものの整理、フロアマットに滑り止めを付けるなど、日ごろの環境づくりをアドバイスしました。

 訪問世帯からは「自分では気づかない問題点をきちんと教えてもらえて良かったです。緊急連絡先や体調のことまで心配してくれて、いろいろと話ができました」と安心した様子でした。

 予防診断は3月4日(月)から3月22日(金)まで、申し込みは現在は終了しております。

  <平成31年3月4日撮影 予防診断の様子>

 

 

火を使用するすべての飲食店に消火器の設置が必要となります!(令和元年10月1日から)

令和元年10月1日から、火を使用する設備、器具があるすべての飲食店に消火器の設置が義務化されます。

対象となる飲食店は早めに消火器を設置しましょう。

詳しくは、こちら

小規模飲食店に消火器義務化

違反対象物の公表制度始まる(平成30年4月~)

  消防法令により、消防用設備等を設置する義務があるにもかかわらず、設置がされていないと認められた建物を火災予防条例に基づき公表します。          

 公表中の建物一覧

担当事務

街頭消火器、防火管理者講習会、り災証明、煙火の消費許可、消防用設備等の工事計画届・設置指導・検査、危険物製造所等の許認可・査察指導、液化石油ガス設備工事等の届出

カテゴリ一覧