当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
とよはしネイチャースポット保全マニュアル-表浜海岸 伊古部・高塚(いこべ・たかつか)

[「とよはしネイチャースポットINDEX」に戻る]

◆スポットの概要

  • 伊古部・高塚は、遠州灘沿いに浜名湖から渥美半島の伊良湖岬まで続く表浜(別名 片浜十三里)といわれる長大な海岸線の一部です。
  • 伊古部・高塚は、細谷に比べると砂浜の幅は狭いですが、砂浜の背後に崖(海食崖・かいしょくがい)があり、その上には海岸林が帯状に発達しています。
  • 高塚付近では崖に砂がたまって砂丘となっているのを見ることができます。
砂浜と海食崖

表浜海岸(伊古部海岸)の砂浜と海食崖

 

◆観察のポイント

 表浜の象徴的な風景である砂浜と海食崖と海岸林の雄大な風景を見ることができます。

 また、海岸林の一部の中に自転車道が整備されており、ところどころから海が望めます。

海岸林の中を通る自転車道

海岸林の中を通る自転車道

 

植物

海浜植物

 海浜植物とは、波や風が強く、照りつける太陽と塩の影響を受ける、厳しい条件である海岸の砂浜に生育する独特の植物です。波打ち際を離れるとコウボウムギ・コウボウシバが一面に広がり、ハマエンドウ(4~7月)、ハマヒルガオ(5~6月)、ハマニガナ(4~10月)、ハマアザミ(6~12月)、ハマナデシコ(6~11月)の花などを見ることができます。さらに内陸側にはマルバグミ、ハマヒサカキ、オオバヤシャブシなどの低木が生育し、背後の海岸林につながっていきます。
ハマニガナ

ハマニガナ

 

海岸林

 海岸線沿いにそびえ立つ崖の斜面や上に、海岸に沿って帯状に照葉樹林があります。照葉樹とは、葉に厚みがあり表面につやがある常緑樹の総称です。この林は、崖が崩れるのを防ぎ、さらには集落にとって海からの潮風や飛砂の影響を緩和する点でも重要な役割を果たしています。照葉樹林は、海岸にハマヒサカキ、トベラ、シャリンバイ、クロマツ、ネズミモチ、崖の土留めに導入したオオバヤシャブシなどが生育し、内陸部には30~50年生のスダジイ、タブノキ、モチノキ、ヤブツバキ、クロガネモチ、ヒメユズリハ、カクレミノが多く、自然度の高い植生になっています。海岸近くのハマヒサカキやトベラなどの低木は、強い風の影響を受けて一定方向に傾いたような樹形になっていますが、これを風衝樹形(ふうしょうじゅけい)といいます。内陸部の照葉樹林は戦後のエネルギー革命でガスや電気が普及するまでは、薪を採る里山になっており、主な植生はクロマツでした。里山として利用されていたころには、6月になるとたくさんのササユリが花をつけ、子供たちが手折って街に売りに行き、小遣い稼ぎをしたそうです。林が照葉樹林化し被隠されてササユリは消えていきました。わずかに残されていたものが見いだされ、地域の保全団体である「伊古部笹百合保存会」が林を手入れして、「ささゆりの里」として保全しています。

ササユリ

ササユリ

 

動物

アカウミガメ

 アカウミガメが5~8月に上陸・産卵し、8~10月に子ガメがふ化・帰海します。これらは真夜中に行われることが多く、アカウミガメ自体を観察することは困難です。

 なお、豊橋市では、郷土の自然とその保全の大切さについて考えていただくことを目的とした「アカウミガメの来る表浜海岸の自然観察会」を毎年開催しています。→「イベント情報」へリンク

 

アカウミガメ

海に帰るアカウミガメ

 

水辺の鳥類

 春から秋にかけては、オオミズナギドリやアジサシ類、冬にはハジロカイツブリやカンムリカイツブリ、アカエリカイツブリなどのカイツブリ類、アビやシロエリオオハムなどのオオハム類、クロガモ、ウミアイサ、時には珍しいビロードキンクロなどのカモ類を見ることもできます。

 

地形・地質

海食崖(かいしょくがい)

 海食崖は、波や風に陸地が浸食されてできた崖です。砂やレキで構成され、傾斜が急で樹木が少ないため崩れやすく危険です。渥美半島は、洪積世に地層(渥美層群)が東西にカマボコ状に盛り上がった後に太平洋からの波による浸食や地震による崩落が続いてきたところで、歴史上の古い記録からも台地や浜が無くなってきた様子がうかがえます。

 

高塚サンドスキー場跡

 高塚付近では、崖に砂がたまり砂丘となっているのを見ることができます。昔は、砂が高く積もってサンドスキーができる程の規模でしたが、現在は、砂が流出して砂丘が小さくなってしまいました。
高塚サンドスキー場跡

高塚サンドスキー場跡

 

◆スポット保全のためのポイント

  • 表浜の照葉樹林帯は、自然度が高く貴重なので保全に努めましょう。
  • 自動車やバイクを砂浜に乗り入れないようにしましょう。
  • 海浜植物群落は貴重な植生であるとともに、砂の飛散を防ぐ大切な役割も果たしているので、踏み荒らしたりすることのないよう保全に努めましょう。
  • 砂浜の環境美化に努めましょう。
  • キャンプファイヤーや花火など、深夜に大きな音や光をだすのはやめましょう。(特にアカウミガメの上陸産卵時期)
  • 野生のアカウミガメは愛知県条例に基づく希少野生動植物に指定されているので、許可なく捕獲するのは、やめましょう。
  • 現地の生態系の保全のため、外部から動植物を持ち込まないようにしましょう。→ 「外来生物について」はこちら

 

◆法令などの規制

法令名
内容
三河湾国定公園
(特別地域)
 自然公園法により、優れた自然を維持するために国定公園特別地域に指定されています。伐採や土地の改変・採取、埋立・干拓、水位の増減、屋外広告、建設行為等について制限があり、実施にあたっては許可を受ける必要があります。
三河湾国定公園
(普通地域)
 自然公園法により、優れた自然を維持するために国定公園に指定された地域のうち、特別地域以外の地域。伐採や土地の改変・採取、埋め立て・干拓、水位の増減、屋外広告、建設行為等について届出が必要です。
地域森林計画対象民有林
 森林の施業を計画的・合理的に行うため、森林法による計画がたてられた民有林で、伐採や開発行為の実施にあたっては、届け出または許可が必要です。
土砂流出防備・
土砂崩壊防備保安林
 土砂の流出が著しく、下流域への保全対策が必要なはげ山、崩壊地等を含む地区や、直接の被害が明確に予想される地盤不安定箇所として、森林法により指定された森林。伐採や土地の改変・採取等について制限があります。
飛砂防備・防風・
潮害防備保安林
 飛砂、風害及び潮害の防備に必要な地区として、森林法により指定された森林。伐採や土地の改変・採取等について制限があります。
漁港区域(高豊漁港)
 漁港法により、天然又は人工の漁業根拠地となる水域及び陸域並びに漁港施設を定めたもので、第1種漁港(その利用範囲が地元の漁業を主とするもの)となっています。工作物の建設、土砂の採取、汚水放流、汚物の放棄、土地・水面の占有等について制限があります。
 

※このほか、自然公園法、海岸法などの法律により、表浜海岸全域への自動車、自動二輪車などの車両の乗入れが規制されています。

 参考 愛知県ホームページ「三河湾国定公園の表浜海岸の車両の乗入れ規制について」

◆アクセス

・伊古部海岸に行く場合

  国道42号線「伊古部東」交差点より車で10分(公共交通機関はありません)

 
[地図]
 

 

 

・高塚海岸に行く場合

  国道42号線「高塚」交差点より車で10分 (公共交通機関はありません)

 
[地図]

 

 

◆周遊ルート

 特に周遊ルートはありませんが、砂浜沿いに散策することができます。

 

 

 

◆お問合わせ先

■アカウミガメについては・・・
  豊橋市役所 環境部 環境保全課
   ( 0532 ) 51 - 2385
    豊橋市ホームページ「アカウミガメの来る表浜海岸」はこちら

■愛知県指定希少野生動植物種については・・・
  愛知県 環境部 自然環境課
   

■車両の乗入れ規制については・・・
  愛知県 東三河総局 環境保全課
   ( 0532 ) 54 - 5111 (代表)

    愛知県ホームページ「三河湾国定公園の表浜海岸の車両の乗入れ規制について」はこちら