当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
とよはしネイチャースポット保全マニュアル-岩崎地域ため池群(いわさきちいきためいけぐん)

[「とよはしネイチャースポットINDEX」に戻る]

◆スポットの概要

  • 岩崎町の里山と平地の水田地帯の境目に、東西に宮前池、利兵池、影岩池、上庄池の4つの農業用ため池がつながってあります。
  • この4つの池のうち、宮前池と利兵池は公園的な整備が施されており、ため池の自然観察に適しています。
  • 特に利兵池は水辺にヨシやガマなどが生育し、周辺にはハンノキやコナラの雑木林があるなど豊かな自然が残されています。

宮前池

宮前池

利兵池

利兵池

◆観察のポイント

 田畑に囲まれたため池で、冬にはカモ類をはじめとした水辺の鳥類をみることができます。

動物

水辺の鳥類

 冬になるとコガモやマガモ、オカヨシガモ、ヨシガモなどのカモ類とオオバンを見ることができます。周辺の林では、春秋の渡りの時期にコムクドリやコサメビタキなどを見ることもあります。サギ類、カワセミなどは一年を通して観察できます。

オオバン

オオバン

トンボとチョウ カワセミ

 夏から秋にかけてチョウトンボ、ショウジョウトンボ、マユタテアカネなど様々なトンボを見ることができます。ハンノキ林では、翅のきれいなチョウのミドリシジミが見られるかもしれません。

◆スポット保全のためのポイント

  • 農業用のため池なので、むやみに立ち入らないようしましょう。
  • 周囲の水田を含め、里地としての景観保全に努めましょう。
  • 池は閉鎖性が高くわずかな汚れでも影響が大きいので、水質保全と環境美化に努めましょう。
  • 利兵池公園や宮前池は、多くの市民が公園として利用するので環境美化に努めましょう。
  • 池の生態系を保全するため、ブラックバスなどの外来生物や他地域の動植物を持ち込まないようにしましょう。→ 「外来生物について」はこちら

◆法令などの規制

法令名
内容
風致地区
 樹林地、水辺などの良好な自然景観を保つため、都市計画で定める地区です。建築物や工作物の建築、木竹の伐採、土地の形質の変更等を行うには許可が必要です。
豊橋市都市公園条例
都市公園として、木竹の伐採や植物の採取、土地の形質の変更、鳥獣類を捕獲し又は殺傷すること、張り紙や張り札をしたり広告を表示すること、指定された場所以外への車両の乗り入れ等は、原則として禁止されています。また、物品販売や興行などには許可が必要です。
 

◆アクセス

 豊橋駅東口3番乗り場から豊鉄バス飯村岩崎線影岩バス停または岩崎・葦毛湿原バス停下車徒歩5分。
 
 ・宮前池、利兵池
[地図]

宮前池・・・上記初期画面の中央(岩崎友愛ひろばのすぐ隣)

利兵池・・・上記初期画面の中央からやや左下(宮前池の西)

 ・影岩池、上庄池

[地図]

影岩池・・・上記初期画面の中央

上庄池・・・上記初期画面の左(西)

◆周遊ルート

 利兵池は、利兵池公園として整備されているので散策できます。宮前池も広場が整備され散策スペースがあります。他の池はフェンスがあり池に近づき散策することはできません。

◆お問合わせ先

■利兵池公園については・・・
  豊橋市役所 都市計画部 公園緑地課 
       ( 0532 ) 51 - 2650
 
■風致地区については・・・
  豊橋市役所 都市計画部 都市計画課
     ( 0532 ) 51 - 2622
 

■このページ全般については・・・

  豊橋市役所 環境部 環境保全課

     ( 0532 ) 51 - 2385

    E-mail/ kankyohozen@city.toyohashi.lg.jp