当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
とよはしネイチャースポット保全マニュアル-正宗寺(しょうじゅうじ)

[「とよはしネイチャースポットINDEX」に戻る]

スポットの概要

  • 正宗寺は、嵩山の地名の由来となった古い歴史を持つ寺院で、国指定重要文化財の旧方丈障壁画をはじめ様々な文化財があります。
  • 正宗寺は三方を山に囲まれた南向きの谷に位置し、境内は豊かな緑に囲まれています。
  • 正宗寺の裏山は、スギやヒノキの植林地です。
  • 南側では、幹線道路沿いに宅地化が進んでいます。
正宗寺(山門)の画像

正宗寺(山門)

◆観察のポイント

 歴史の古い寺院としての歴史的景観を見ることができます。

植物

スギ林

 参道の両側にスギ林があります。巨木が多くうっそうとしています。スギのほかにもコガクウツギ、ツルコウジなど珍しい植物も生育しています。

正宗寺 参道

正宗寺参道のスギ林

紅葉

 山門付近や境内には、モミジが数多く植えられており、秋には美しい紅葉が見られます。

動物

ムササビ

 林内には、ムササビが生息しており、境内の木で巣穴(跡)を見ることができます。

里山の鳥類

 一年を通して、シジュウカラやヤマガラなどのカラ類、コゲラなどのキツツキ類を見ることができます。春になるとキビタキなどの夏鳥が渡ってきます。アオバズク(フクロウの仲間)の声を聞くことができるかもしれません。冬には、ルリビタキやクロジなどの小鳥を観察できます。

◆スポット保全のためのポイント

  • 正宗寺は、古い歴史を持つ寺院として、歴史的環境の保全に努めましょう。
  • 参道のスギ並木を大切にし、環境美化に努めましょう。
  • 現地の生態系の保全のため、外部から動植物を持ち込まないようにしましょう。→ 「外来生物について」はこちら

◆法令などの規制

法令名 内容
石巻山多米県立自然公園(特別地域)  自然公園法及び愛知県立自然公園条例により、優れた自然を維持するために県立自然公園特別地域に指定されています。木竹の伐採、土地の形状変更、屋外広告の掲出、工作物の建築等について制限があり、実施にあたっては許可が必要です。
地域森林計画対象民有林  森林の施業を計画的・合理的に行うため、森林法による計画がたてられた民有林で、伐採や開発行為の実施にあたっては、届け出または許可が必要です。

◆アクセス

 豊橋駅東口5番乗り場から豊鉄バス豊橋和田辻線(72、73系統)自由ヶ丘バス停下車徒歩20分ほどで正宗寺山門に。
[地図]

◆周遊ルート

特に決まった周遊ルートはありません。

◆お問合わせ先

■指定文化財については・・・
  豊橋市 美術博物館 文化財センター
  電話番号 ( 0532 ) 56 - 6060
  豊橋市美術博物館ホームページ「市指定有形文化財」はこちら
   

■石巻山多米県立自然公園については・・・
  愛知県 東三河総局 環境保全課
  電話番号( 0532 ) 54 - 5111 (代表)

■このページ全般については・・・

  豊橋市役所 環境部 環境保全課

  電話番号 ( 0532 ) 51 - 2385

   電子メールアドレス/ kankyohozen@city.toyohashi.lg.jp