当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
とよはしネイチャースポット保全マニュアル-手洗池・両止池(てあらいいけ・りょうどめいけ)

[「とよはしネイチャースポットINDEX」に戻る]

◆スポットの概要

  • 手洗池・両止池は、葦毛湿原から北東方向の山の尾根を越えた谷の奥部に位置する農業用ため池です。
  • かつて、ここの池の周辺には、モウセンゴケなど葦毛湿原と共通する湿原植生がありましたが、遷移や周辺の環境変化により消滅しました。
  • 今日でも、池の背後に発達したハンノキの林に湿地の名残りを見ることができます。
手洗池

手洗池

両止池

両止池

◆観察のポイント

 山のふもとにある静かなため池です。

植物

ハンノキ林

 手洗池や両止池の背後の山には、水辺や湿地に生えるハンノキの林があります。ここの林は規模が大きく貴重なものです。ハンノキ林では、きれいな翅を持つチョウのミドリシジミが見られるかもしれません。

動物

里山の鳥類

 周辺の林では、一年を通して、シジュウカラやヤマガラなどのカラ類、コゲラなどのキツツキ類を見ることができます。冬には、ハイタカなどのタカ類やアオジなどのホオジロ類が見られます。

◆スポット保全のためのポイント

  • 農業用のため池なので、むやみに立ち入らないようにしましょう。
  • 池は閉鎖性が高くわずかな汚れでも影響が大きいので、水質保全と環境美化に努めましょう。
  • 池の生態系を保全するため、ブラックバスなどの外来生物や他地域の動植物を持ち込まないようにしましょう。→ 「外来生物について」はこちら

◆アクセス

 豊橋駅東口3番乗り場から豊鉄バス飯村岩崎線(61、63系統)駒止バス停下車 徒歩30分。
 
・手洗池
[地図]

・両止池
[地図]
 

◆周遊ルート

 特に決まった周遊ルートはありません。

◆お問合わせ先

■このページ全般については・・・
  豊橋市役所 環境部 環境保全課

   ( 0532 ) 51 - 2385

   E-mail/ kankyohozen@city.toyohashi.lg.jp