本文にジャンプします
メニューにジャンプします

人権擁護委員

人権擁護委員

人権擁護委員について

人権擁護委員とは


 人権擁護委員は、法務大臣が委嘱した民間のボランティアの人たちです。この制度は、日頃、地域に根ざした活動を行っている民間のボランティアの人たちが、地域の中で人権思想を広め、人権侵害がおきないように見守り、人権を擁護していくことが望ましいという考えから設けられたもので諸外国でも例をみない制度です。
 現在、約14,000名の委員が全国各市町村に配置され、法務局の人権相談所や市役所などで地域の皆さんからの人権相談に応じています。また、地域の皆さんに人権について関心を持ってもらえるよう、人権啓発活動を行っています。豊橋市では、現在(平成29年10月1日)、21名の人権擁護委員がいます。任期は3年です。

活動内容


  • 特設人権相談所の開設
  • 小学校訪問授業、中学校人権講話
  • 人権啓発に関する中学生作文コンテストの実施
  • 人権啓発チラシや人権グッズの配布による地域啓発活動     など

豊橋市の人権擁護委員は次の方がたです。


浅井 利雄  伊藤 惠美子 伊藤 道子  今川 悦子  太田 ほみ  大野 晴子  
尾﨑 弘明  小原 泰明  加藤 清惠  河邉 光司  木村 昌弘  小山 美惠子
近藤 和代  杉浦 廣行  杉田 伴惠  鈴木 脩二  鈴木 正純  住吉 篤子 
中川 政英  西土 章代  山本 公子     

関連リンク

人権に関する相談先一覧

相談窓口
・名称等

内容 

相談日時等

連絡先

常設相談
みんなの人権110番
差別や虐待、パワーハラスメントなど、様々な人権問題についての相談を受け付ける相談電話です。 平日午前8時30分から午後5時15分まで 0570-003-110
(最寄りの法務局・地方法務局につながります)
子どもの人権
110番
「いじめ」、虐待など、子どもの人権問題に関する専用相談電話です。 平日午前8時30分から午後5時15分まで フリーダイヤル
0120-007-110
女性の人権
ホットライン
配偶者・パートナーからの暴力やセクシュアル・ハラスメント等、女性の人権問題に関する専用相談電話です。 平日午前8時30分から午後5時15分まで 0570-070-810
外国人のための人権相談
(英語、中国語)
日本語を自由に話せない外国人のための相談窓口です。 平日午前9時から12時、午後1時から4時まで  英語
0570-090911
中国語
0570-050110 
外国人のための人権相談
(ポルトガル語)
日本語を自由に話せない外国人のための相談窓口です。 毎月第2火曜日
午後1時から午後4時まで
052-952-8111(代)
アイヌの方々のための電話相談 日常生活での困りごと、嫌がらせ、差別などアイヌの方々のための相談専用電話です。  平日午前9時から午後5時まで  フリーダイヤル
0120-771-208