本文にジャンプします
メニューにジャンプします

4-1 し尿・浄化槽に関すること

4-1 し尿・浄化槽に関すること

し尿の汲み取りについて

ご家庭のトイレやイベント会場・工事現場など仮設トイレの汲み取りは、豊橋市の許可を受けた業者に依頼してください。 し尿汲み取り業者・浄化槽清掃業者一覧はこちら


浄化槽について

 浄化槽の正しい使い方(120KB)
  • 登録業者による保守点検を
    保守点検は、浄化槽の種類、処理方式等によって点検期間が異なります。
    具体的な点検内容は、送風機やポンプの点検、汚泥の調整、消毒剤の補充等です。
    保守点検は、浄化槽法に基づいた技術上の基準に従って行わなければなりませんので、専門的知識や技術を有し、豊橋市の登録を受けた保守点検業者に委託してください。
    浄化槽保守点検業登録事業者一覧(61KB)
  • 年1回以上の清掃が必要です  
    浄化槽は使用していると次第に汚泥がたまり、一定量になると取り除かなくてはなりません。清掃の回数は、年1回(全ばっ気方式はおおむね6ヶ月に1回)以上です。保守点検同様に、浄化槽法に基づいた技術上の基準に従って行わなければなりませんので、専門的知識や技術を有し、豊橋市の許可を受けた浄化槽清掃業者に委託してください。 
     し尿汲み取り業者・浄化槽清掃業者一覧はこちら                              
  • 定期検査を必ず受けましょう
    浄化槽が正しく設置され、能力どおりの排水ができているかを検査します。 使用開始後3ヶ月を経過した時点から5ヶ月以内に行う検査(7条検査)と、その後毎年1回行う検査(11条検査)があり、本市では県の指定検査機関である下記の業者が行います。

問い合わせ先 (一財)中部微生物研究所 0533-76ー2228
          詳細はこちらのホームページをご参照ください。
          浄化槽法定検査に関するよくある質問はこちら

浄化槽の撤去時の清掃等について(65KB)

合併処理浄化槽設置補助制度について

 浄化槽設置整備事業補助金制度(リーフレット)(1,652KB)


 公共下水道の認可区域となっていない地域などで、単独処理浄化槽や汲み取り槽から合併処理浄化槽へ転換される方に対し、設置費の一部補助を行っています。工事着工前に申請書を提出し審査を受け、市から交付決定通知を受けた後に工事に着手してください。なお、補助金交付には補助対象地域や建築物の用途などについての条件があり、また予算の範囲内で先着順の受付となっておりますので、あらかじめ下記までお問い合わせください。


※平成22年度まで補助対象だった新築及び建築確認申請を伴う増改築については、平成23年度から補助対象外となりました

単独処理浄化槽撤去費への補助(9万円)は、単独処理浄化槽を全撤去する場合に限ります。部分的に撤去する場合は、補助対象とはなりません。

問い合わせ先 市役所廃棄物対策課 0532-51-2410

浄化槽保守点検業の登録について

豊橋市内において浄化槽の保守点検業を営もうとする事業者の方は、豊橋市の登録を受けなければなりません。浄化槽保守点検業の登録を申請される事業者の方は、以下の「浄化槽保守点検業登録申請書」に必要事項を記載し、必要書類(以下の「注意事項」に記載)を提出してください。なお、登録にあたり下表の登録手数料が必要となります。

種類
手数料
新規登録
32,000円
更新登録
28,000円

※手数料の納付書を市役所廃棄物対策課にて発行します。



問い合わせ先 市役所廃棄物対策課 0532-51-2410