当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
「けし」にご注意ください!

 「けし」属植物には多くの種類があり、広く各国に分布して自生しています。しかし、「けし」の中でも、「ソムニフェルム種」及び「セティゲルム種」は「あへん法」により日本で栽培することが禁じられています。どちらも、4月中旬からつぼみが出始め、5月から6 月にかけて白、赤、ピンクなどのきれいな花を咲かせます。
  知らずに栽培していることもあるので注意してください。


★ 日本では栽培が禁止されている種類でも、外国では観賞用に栽培することが許されている場合もあります。外国から輸入されてくる植物の種には、日本で禁止されている種類が混ざっていることもあります!
栽培してはいけないけしを発見したら、保健所までご連絡ください。(電話:39-9101)

「栽培してはいけないけし」と「栽培してよいけし」の見分け方

栽培してはいけないけしの例

ソムニフェルム
 花は、写真のような八重咲きのほか、花びら4枚の一重咲きなどがあり、色も白・赤・ピンクなど多種多様です。
 葉っぱは無柄で、付け根が茎を抱きこんでいます。
 花がきれいなため、知らずに栽培されていることがあります。
ソムニフェルム写真 けしぼうず写真
セティゲルム
 別名を「アツミゲシ」といい、豊橋では自生している姿が多く見られます。花は淡紫色又は赤色で、ソムニフェルムに比べ、やや小さく、葉っぱは無柄で、付け根が茎を抱きこんでいます。
セティゲルム写真 けしの説明

栽培してよいけしの例

ひなげし
ひなげしの画像

 葉っぱは羽状で深く裂けており、茎の下方に密生しています。全体的に弱弱しい印象。豊橋でも多数自生しています。
おにげし
 けし属植物の中で、観賞用として最も広く栽培されている種類です。全体が白色の剛毛で覆われて、葉はやや皮質で濃厚な緑色を呈し、羽状で深く裂けています。
 10センチほどの大きな花を咲かせることも特徴です。

さらに詳しい情報をお知りになりたい方は以下のホームページをご覧下さい。

問合先
〒441-8539 豊橋市中野町字中原100番地
豊橋市保健所 健康政策課 
電話番号 0532-39-9101/FAX番号 0532-38-0780