本文にジャンプ移動します
メニューにジャンプ移動します

一般質問

一般質問

一般質問者及び質問通告一覧

9月定例会の一般質問は、次に記載のとおりです。本会議はいずれも10時から始まります。

 9月3日(月)

 

  一般質問

1 尾崎雅輝 議員

1 豊橋の公園の在り方について

(1) 公園の管理の現状について

(2) 市民の公園の満足度について

(3) 今後の公園をともに考えつくる方策について

2 中西光江 議員

1 学校での学習環境における諸課題について

(1) 小中学校における熱中症対策について

 ア 熱中症対策の現状と対応について

(2) 市立高校・家政高等専修学校へのエアコン設置について

 ア 市立高校・家政高等専修学校の夏場の学習環境の現状と対応について

2 本市の保育事業の諸課題について

(1) 企業主導型保育事業の現状と課題について

(2) 障がい児保育の現状と課題について

 ア 障がい児の受け入れ状況と対応について

 イ 医療的ケア児の受け入れ状況と対応について

3 長坂尚登 議員

1 「18歳成人」化への成人式の対応について

(1) 2022年度とそれ以降の在り方について

2 史跡等に関する評価と活用方法について

(1) 牛川人・牛川人骨と乗小路第二公園等での表記について

 ア 人骨と評価する妥当性と、その表記について

(2) 馬越長火塚古墳群の保存活用について

 ア 「穂の国」と位置付ける妥当性と、その表記について

3 立地適正化と、自然災害への対応について

(1) ハザードマップの作成・更新について

(2) 居住誘導区域の除外基準について

(3) 大規模な公共施設の安全性と、今後の移転等の考え方について

 ア 市民病院について

 イ 中島処理場について

 ウ 総合スポーツ公園と園内施設について

 エ ライフポートとよはしについて

4 「ええじゃないか豊橋推進計画Ⅱ」の進捗と今後について

(1) オリンピック等のスポーツ大会に関する事業について

 ア ラグビーワールドカップなど、ハイレベルスポーツ大会を活用した情報発信について

 イ オリンピック・パラリンピック聖火リレーの誘致について

 ウ オリンピック・パラリンピックの合宿チーム誘致とその交流とについて

 エ オリンピック・パラリンピックをいかした手筒花火発信について

(2) 海外・外国人に関する事業について

 ア 外国人向け豊橋体験プログラムの企画について

 イ SNSなどを活用した、外国語での観光情報発信について

 ウ 豊橋市内のWi-Fi化について

 エ 豊橋親善大使による海外PRについて

(3) その他、進捗が不透明な事業について

 ア 「豊橋カレーうどん」に続く「ええじゃないか」な食の開発について

 イ まちなか笑顔プロジェクトの展開について

 ウ 新たな三河港クルージングの開催について

 エ フレンドシップ市との交流について

4 寺本泰之 議員

1 狭間児童広場の等価交換について

(1) 駅前大通二丁目地区の再開発事業における狭間児童広場が従前3,390平方メートルから従後2,200.11平方メートルに縮小変形して設計され、その評価額を同等とする等価交換を決定した豊橋市不動産取得処分審査会の審査内容について

 ア 本市の不動産鑑定評価書は、1業者による不動産鑑定評価基準にのっとった正常価格であるが、再開発組合側は不動産鑑定評価基準にのっとらない調査報告書である。両者が正常価格で不動産鑑定評価を行わなかった根拠について

 イ 不動産鑑定評価基準にのっとった正常価格の不動産鑑定評価書と、不動産鑑定評価基準にのっとらない調査報告書の違いについて

 ウ 本市が狭間児童広場の従前従後の不動産鑑定評価方法を再開発組合側の不動産鑑定評価基準にのっとらない調査報告書で承諾した根拠について

 エ 不動産鑑定評価依頼要綱には「不動産鑑定評価額が5,000万円以上の場合は2人の不動産鑑定業者とする」とある。本市は狭間児童広場以外の不動産鑑定評価依頼は要綱にのっとり2業者で行っている。ところが狭間児童広場については数億円するにもかかわらず1業者で済ましている。1業者とした根拠について

2 本市の審査会・検討会議等について

(1) 審査会や検討会議等において会議録を作成するか、あるいはしないかの判断について

 

5 宮澤佐知子 議員

1 豊橋総合動植物公園の現状と今後の方向性について

(1) この8月、参加が決まったボルネオ保全プロジェクトについて

 ア 複数の動物園が共同して、このプロジェクトに参加する意義について

 イ このプロジェクトで、豊橋市が事務局機能を担うこととなった経緯と、その果たす役割について

(2) この夏の猛暑が及ぼした入園者への影響とその対策について

(3) ナイトZOOのこれまでの経緯と課題について

(4) 動物スポンサー制度について

2 オリンピック・パラリンピックの開催等に向けた、職員の語学力の向上に対する認識と現状について

 6 杉浦正和 議員

1 立地適正化計画と本市の諸施策について

(1) 立地適正化計画における目的と効果について

(2) 市街化調整区域に対する課題について

(3) 技術革新(自動運転等)を踏まえた都市計画の考え方について

 7 山田静雄 議員

1 健康とよはし推進計画(第2次)改訂版について

(1) 生活習慣病の発症及び重症化予防の推進について

2 本市の歯科口腔保健推進について

(1) 豊橋市歯科口腔保健推進計画について

 ア 乳幼児から高齢者まで生涯を通じたライフステージごとの切れ目のない支援について

 イ 定期的に歯科検診又は歯科医療を受けることが困難な者への歯科口腔保健対策の推進について

 ウ 歯科口腔保健対策を推進するために必要な社会環境の整備について

(2) 豊橋市口腔保健支援センターについて

 ア これまでの取り組みについて

 イ 今後の課題と方向性について

 9月6日(木)

 

一般質問

 8 川原元則 議員

1 本市における地震・豪雨等の自然災害への現状及び対策について

(1) ため池の耐震化の現状について

(2) バックウォーター現象が発生する河川箇所について

(3) 住民に対する洪水や土砂災害ハザードマップの周知方法及び活用の現状について

(4) 水道システムにおける地震・豪雨対策の現状について

(5) 避難勧告や避難指示等発令の基準について

(6) 「豊橋ほっとメール」が岡山県と同様の配信不良を発生する可能性について

(7) 防災コミュニティに関する各地域での取り組みについて

 9 鈴木 博 議員

1 本市の救急業務の現状について

(1) 本市における救急業務の現状と認識について

2 市役所職員の接遇向上の取り組みについて

(1) 新規採用職員に対する接遇研修の取り組みについて

(2) 中堅職員に対する接遇研修の取り組みについて

10 前田浩伸 議員

1 本市の財政運営について

(1) 新年度の財政見通しについて

(2) 新年度予算編成に向けての基本的な考え方について

2 東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みについて

(1) 合宿誘致の必要性の認識について

3 平成30年7月豪雨から見える本市の課題について

(1) 河川の氾濫に対する避難の考え方について

(2) 要配慮者に対する避難支援の考え方について

4 選ばれる市民病院の運営について

(1) これまでの取り組みなど現状を踏まえた課題の認識について

5 本市の産業振興について

(1) 農業を取り巻く諸課題への認識について

(2) 地産地消推進計画の策定について

(3) 中小企業を取り巻く課題と対応策について

11 鈴木みさ子 議員

1 生存権に基づく豊橋市の生活保護行政及び生活困窮者自立支援制度について

(1) 豊橋市の生活保護行政の現状と課題認識について

(2) 豊橋市の生活困窮者自立支援制度の現状と課題認識について

2 介護保険事業の内、東三河広域連合から受託し豊橋市が独自に推進する取り組みの現状と課題について

(1) 総合事業における地域型サービスについて

(2) 高齢者の支え合いの推進について

(3) 地域の諸課題への対応について

3 豊橋市立地適正化計画における「歩いて暮らせるまち区域」配置の諸課題について

(1) 「歩いて暮らせるまち区域」を配置した目的と将来の目標値について

12 中村竜彦 議員

1 夏の小中学校を取り巻く諸課題について

(1) 小中学校の教室・体育館へのエアコンの設置と断熱対策について

 ア エアコンを設置する場合の費用の認識について

 イ 断熱対策の必要性について

(2) 小中学校における登下校時の暑さ対策について

(3) 温暖化やエアコン設置など学校環境が変化する中での適正な夏休み期間の在り方について

13 星野隆輝 議員

1 豊橋市内小中学校と高等学校、大学等教育機関との連携について

(1) 豊橋市小中高特連携教育の取り組みの成果について

(2) 学生教育ボランティアの現状と教育現場での効果について

2 豊橋市における農業振興施策について

(1) 営農法人化に対する課題認識について

(2) 営農者確保に対する課題認識について

3 豊橋市の都市計画とコミュニティ維持の政策について

(1) 豊橋市立地適正化計画について

 ア 居住誘導区域における適正な人口規模の考え方について

 イ 居住誘導区域における適正な人口分布の考え方について

(2) 市街化調整区域における集落維持のための対応について

 ア 点在する集落の集約化の考え方について

 イ 農業を支える地域の集落維持の考え方につい

 14 堀田伸一 議員

1 上下水道事業における諸課題について

(1) 水道事業について

 ア 技術力確保に向けた取り組みについて

 イ 広域連携の取り組みについて

 ウ 海外水道技術支援の取り組みについて

(2) 下水道事業について

 ア 老朽化施設の改築の取り組みについて

 イ 使用料見直しの取り組みについて

9月7日(金)

 

一般質問

15 近藤喜典 議員

1 豊橋市の今後に必要な資金調達の考え方について

(1) 今後の本市の税収の推移について

(2) アリーナの建設運営費・小中学校へのエアコン設置費など直近で必要な資金調達の考え方について

(3) 交付金・クラウドファンディング・ふるさと納税・ICOなど様々な資金調達手段の認識について

2 表浜海岸の放置ごみの問題の具体的対策について

(1) 表浜海岸の放置ごみの現状認識について

16 二村真一 議員

1 本市における未利用土地の活用に関する課題と考え方について

(1) 本市所有の普通財産土地の活用について

 ア 普通財産土地の所有状況と所有経緯及びその活用状況について

(2) 民間の未利用土地の状況について

 ア 所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法に対する本市の考え方について

(3) 所有者分散等による耕作放棄地の増加に対する課題について

 ア 耕作放棄地の現状と非農家所有の農地割合について

2 中心市街地の活性化に向けた今後の展開について

(1) 中心市街地活性化基本計画について

 ア 本計画の総括を踏まえたこれまでの成果と今後の課題について

(2) 駅前大通二丁目地区の市街地再開発事業の進捗と今後について

 ア 市街地再開発事業の進捗状況について

3 子どもの健康と安全を守るための対策について

(1) 異常高温への対応について

 ア これまでの空調に対する市の考え方を変えるに至った経緯について

(2) 教科書等の重さを減らすための対応について

 ア 教科書の重さに対する認識について

17 斎藤 啓 議員

1 LGBT等性的少数者の抱える諸課題について

(1) LGBT等性的少数者の権利の基本認識について

2 児童生徒の抱える諸課題について

(1) 不登校児童生徒の現状と対応について

18 小原昌子 議員

1 未来に向けて目指す豊橋総合動植物公園の在り方について

(1) 豊橋動植物公園におけるボルネオ保全プロジェクトについて

 ア ボルネオ保全プロジェクト参加の必要性について

 イ ボルネオ保全プロジェクト参加のメリットについて

 ウ リニューアル事業やゾウの群れ飼育とボルネオ保全プロジェクトの関係性について

(2) 豊橋動植物公園が地域に果たす役割について

 ア 学校教育への役割の現状と今後の対応について

 イ 環境教育への役割の現状と今後の対応について

(3) 豊橋動植物公園における収益向上の取り組みの現状と課題について

(4) 豊橋市自然史博物館におけるボルネオ保全プロジェクトへの関与の可能性について

2 学校施設におけるブロック塀等の安全対策について

(1) 危険性が確認されたブロック塀等の確認方法と対応について

19 沢田都史子 議員

1 子どもが安心して通い学べる学校環境について

(1) 登下校時の荷物が重過ぎることへの認識と対応について

(2) 登下校中の交通安全対策について

 ア 登下校中の交通事故の現状について

(3) 通学路のブロック塀等の安全対策について

 ア 通学路のブロック塀等の安全点検の結果及び対応について

(4) 受動喫煙から子どもたちを守るための取り組みについて

(5) 熱中症防止に向けた取り組みについて

 ア 教室の温度の現状について

2 防災・減災対策について

(1) 地区防災計画の作成の考え方について

(2) 乳児用液体ミルクの備蓄の考えについて

3 気候変動適応策の推進について

(1) 気候変動適応法が成立したことに対する市の認識と取り組みについて

20 鈴木義則 議員

1 2040年を見据えた自治体行政について

(1) 総務省自治体戦略2040構想における「内政上の危機」に対する認識について

(2) 新たな自治体行政の基本的な考え方に対する認識と対応について

(3) 求められる公務員の将来像の認識と対応について

2 児童虐待を防ぐための体制強化について

(1) 本市のこれまでの児童虐待防止の取り組みの成果と課題について

(2) 国の緊急総合対策に対する認識と対応について

(3) 児童虐待防止への啓発について