当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
豊橋市分別収集計画

◆目的
 容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律第8条第1項に基づき、一般廃棄物の中で大きな比率を占める容器包装廃棄物を分別収集し、地域における容器包装廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進、併せて最終処分量を削減することを目的に分別収集計画を定める。


◆基本方向
(1) ごみの発生・排出抑制
 市民・事業者の一人ひとりが環境に配慮した意識を持って行動することで、排出されるごみの量をできるだけ減らす。

(2) リサイクルの推進
 市民・事業者・行政の三者がそれぞれの役割と責務を果たすとともに、相互の連携を図って行動することで資源を有効活用する。

(3) 環境負荷の少ない廃棄物処理
 廃棄物の処理にあたっては、多くのエネルギーが必要であり、環境負荷を与える物質が発生するため、それらの影響をできる限り軽減するとともに、安定した廃棄物の最終処分につなげる。
 
◆計画期間
 令和2年4月から令和7年3月まで

◆対象品目
 容器包装廃棄物のうち、スチール製容器、アルミ製容器、ガラス製容器(無色、茶色、その他)、飲料用紙製容器、段ボール、ペットボトル、プラスチック製容器包装

◆計画本編
 豊橋市分別収集計画(PDF/266KB)