本文にジャンプします
メニューにジャンプします

子ども・若者の自立支援

子ども・若者の自立支援

青少年の自立支援事業

本市の青少年を取りまく環境はより厳しくなっています。例えば、企業が国際競争力をつけるために始まった非正規及び派遣社員などの労働形態の多様化、外国人子女の急増、家庭や地域の教育力の低下や引きこもりなど、精神的・社会的な弱者の顕著化や格差化が進む中で、自立できない青少年の増加が問題となっています。
 このような様々な問題を抱える青少年の自立を支援するため、平成22年11月に子ども・若者支援地域協議会を設置し、平成23年4月に開設した「子ども・若者総合相談窓口」を中心とする包括的な支援体制により、効果的な支援施策を実施しています。

○様々な本市の施策

  ■内閣府ホームページ http://www8.cao.go.jp/youth/index.html

内容
  • 概ね小学生から40歳までの本人や家族のための相談窓口です。
  • 社会的自立に様々な困難を抱える子ども・若者を包括的・継続的に支援します。
  • どこに相談してよいか分からない方や家族に対しても、適切な支援機関の紹介、必要な情報の提供や助言などの支援をします。
主催
豊橋市
開設場所
豊橋市こども若者総合相談支援センター
開設日時

月~金 10時00分~17時00分

※お休み:土・日曜日・祝日、 年末年始(12月29日~1月3日)

対象者
  • 概ね小学生から40歳までの本人や保護者・関係者等からの相談に応じます。(豊橋市在住の方)
  • どこに相談してよいか分からない方や家族など
  • 「非行・犯罪」「不登校」「発達障害」「貧困」「就労・就学の不安」「対人関係」「生き方の不安」「高校・大学の中退者」「ニート」「ひきこもり」などの悩みを抱える方や家族
問合せは
〒440-0897 豊橋市松葉町3丁目1
こども若者総合相談支援センター(ココエール)
電話:0532-51-2327 FAX:0532-21-9088 
E-mail:kodomo-sougou-center@city.toyohashi.lg.jp

平成29年度「第2回定時制・通信制高等学校合同説明会」 案内チラシ( PDF209KB ) ※終了しました

内容
  • 豊橋・豊川・田原・岡崎市などの定時制・通信制高等学校の概要説明や個別ブースによる相談会を行います。 
  • 若者サポートステーション(就労支援)の出展も予定しています。 
主催
豊橋市こども家庭課 (共催:豊橋市教育委員会 後援:東三河県庁)
開設場所
豊橋市保健所・保健センター「ほいっぷ」(豊橋市中野町)
開設日時
平成29年11月25日(土曜日)
13時30分~16時00分(予定)
※受付開始13時
対象者
  • 進路先に悩む中学生と保護者の方
  • 進路変更を検討している高校生と保護者の方
  • 定時制・通信制高等学校について理解を深めたい教職員の方 
  • 悩みを抱える高校生への支援に関心のある支援者の方

 ※事前申し込み等は必要ありませんので、当日直接会場にお越しください。

問合せは
〒440-0897 豊橋市松葉町3丁目1
こども若者総合相談支援センター(ココエール)
電話:0532-51-2327 FAX:0532-21-9088 
E-mail:kodomo-sougou-center@city.toyohashi.lg.jp

とよはし若者サポートステーション(厚生労働省認定事業)

主催
開設場所
豊橋市青少年センター内(研修棟1階)
開設日時
10時00分~17時00分(火曜日~土曜日)
※お休み:日・月曜日(月曜日が祝日のときはその次の平日)、 年末年始(12月29日~1月3日)
対象者
15歳~39歳以下の若者:就労に困難を抱える若者 
             中退(予定)者、若年無就業者等
          (保護者・関係者等からの相談にも応じます)
目的
就労に困難を抱える若者への支援
事業内容
個別就労相談、職業的自立に向けた支援、キャリアコンサルタントによる専門相談 スケジュールへ
事業区分
厚生労働省認定事業
問合せは
〒441‐8087 豊橋市牟呂町字東里26番地 豊橋市青少年センター内
電話&FAX 0532-48-7808 URL http://www.toyosapo.jp/ 
E-mailL info@toyosapo.jp