本文にジャンプします
メニューにジャンプします

子ども・若者支援地域協議会

子ども・若者支援地域協議会

豊橋市子ども・若者支援地域協議会

イメージ図(PDF94KB) 豊橋市子ども・若者支援地域協議会設置要綱(190KB )


近年、若者が社会的弱者に陥っていると言われるほど、彼らを取り巻く環境は厳しさをましています。これを受け、政府はこの4月より「子ども・若者育成支援推進法」を施行し、ニート・ひきこもりなど社会生活を営む上での困難を抱える若者への支援を推進しているところです。
 本市では、平成22・23年度に内閣府の「子ども・若者支援地域協議会体制整備モデル事業」の採択を受け、平成22年11月15日に中核市・愛知県内市町村としては初めてとなる「豊橋市子ども・若者支援地域協議会」を設置しました。
 この協議会のねらいは、ニート、ひきこもりなど様々な困難を抱える子ども・若者に、教育、福祉、保健、医療、矯正、更生保護、雇用その他の各分野の支援を総合的に実施することにより、困難を抱える子ども・若者が就学や就業など自立した社会生活を営むことができるようにするものです。
 本市では、今年度も「子ども・若者支援地域協議会」を中心に、困難を抱える子ども・若者への支援を実施していきます。

調整機関

豊橋市こども未来部こども若者総合相談支援センターを指定します。

代表者会議

構成機関の代表者が、連携の進め方等を確認し、また、各構成機関における取組や連携に関して生じた課題及び実施結果を踏まえた効果的な取組の在り方について検討することを目的とします。 年1回程度の開催を想定しています。

実務者会議

各構成機関における相談員が集まり、事業方針や各相談機関の取組状況の共有化を図るとともに、連携支援事例について検討します。また、必要に応じて被支援者に関する相談員が集まり、個別ケース検討を行います。

支援機関フォーラム(実務者会議として開催)

支援体制を強固なものにするために、協議会では”顔と顔が見える関係づくり”を重要と考えています。そこで、関係機関・支援機関が一堂に会し、”さっくばらん”な雰囲気の中で情報交換を行う「支援機関フォーラム」を開催しています。支援機関フォーラムの開催により、各機関相互の連携を強固なものにし、困難を抱える子ども・若者への、より総合的・包括的なサポート体制が構築されています。
 ※「フォーラムの様子」については、グラフィックファシリテーター やまざき ゆにこ さんのホームページにリンクします。

会議実績


その他事業


(関連事業)

豊橋市子ども・若者総合相談窓口


ユースアドバイザー養成講習会

三遠子ども・若者支援ネットワーク会議 

高校生など市域・県域を越えて通学・通勤する子ども・若者への支援を充実するため、愛知県東三河地域及び静岡県西遠地域の自治体を構成団体として、子ども・若者支援における広域連携のためのネットワーク会議を平成25年8月に発足しました。
この取組により、子ども・若者支援に係る情報交換をはじめ、関係支援機関の情報共有を図ることにより子ども・若者支援の充実を目指します。

構成団体:豊橋市、豊川市、蒲郡市、田原市、新城市、愛知県及び東三河県庁
     浜松市、湖西市及び静岡県

平成29年度「第1回定時制・通信制高校合同説明会」開催 ※終了しました。

この事業は東三河県庁の後援のもと開催いたします。 不登校に悩んでいて進路変更を検討している高校生のみなさん、進路先で悩んでいる中学生のみなさん、そして保護者の方、不登校支援を行っている支援者、学校関係者などどなたでも参加することができます。
   日時:平成29年7月30日(日曜日)13時30分~16時
   会場:ほいっぷ内
   案内チラシ(PDF679KB)